生活110番辞典鍵の修理・防犯

鍵の修理・防犯

【あなたのところは大丈夫!?】大きなトラブルはカギ交換で解決!

モノクロキー

カギというのは、日頃皆様が安全に暮らすことが出来るために必要な物ですが、大きなトラブルに遭遇するとカギ交換をする必要がです。今回はどのようなトラブルがあるのか、カギ交換をするにあたってどんなカギの種類があるのかなどをご紹介いたします。

日常生活で困ったカギトラブル

どうしよう…

日常生活で発生するカギトラブルと対処方法を「カギ」と「シリンダー」に分けてご紹介いたします。

カギに関するトラブル

  • カギを失くす

トラブルの中で最も多いのが「カギを失くす」ことではないでしょうか。カギは小さいので服のポケットに入れていると、いつのまにか落としてしまうことがありますし、人が混み合っているところでは、こっそりカギを盗まれる可能性もあります。それを防ぐために、まずチャックが付いたポケットにカギを入れるか、カギが入ったカバンを自分の視界に入る位置にしっかりと持っておくようにしてください。

  • カギが汚れる

カギの溝や凹凸部分が汚れてしまうことがあります。この状態のままカギを使おうとすると、カギがシリンダーに挿し込みづらくなったり、回りにくくなることがありますが、歯ブラシなどでブラッシングすれば汚れを取ることが出来ます。特にディンプルキーの場合凹凸部分が多く、汚れも溜まりやすくなっているので、定期的にブラッシングすることが大切です。

シリンダーに関するトラブル

  • ゴミが溜まる

カギ同様、シリンダーの中もゴミが段々と溜まっていくことがあります。これが原因でカギと溝のかみ合わせが悪くなって、カギが挿し込みづらくなったり、回りにくくなったりします。この場合、掃除機をシリンダーに密着させて左右に振れば、ゴミを吸い出すことが出来ます。また、掃除機だけでなく、エアダスター(放出した気体でゴミやホコリを吹き飛ばす道具)も使えます。

  • 潤滑剤が減る

シリンダーの滑りを良くするために、シリンダーの中には潤滑剤が入れられていますが、長い年月が経つと、潤滑剤はドンドン減っていってしまいます。それが原因でシリンダーの滑りを悪くし、挿し込んだカギがうまく回らなくなってしまうことがありますが、メーカーが指定した潤滑剤をシリンダーの中に少量スプレーすれば解決出来ます。スプレーする際は、中のゴミを掃除機で吸い出してから使うようにしてください。

注意していただきたいこと

カギ

カギトラブルは上記で挙げた対処方法で解決することが出来ますが、間違った方法を取ってしまうと、余計トラブルが大きくなり、カギ交換の必要が出てしまいます。

カギの注意点

  • スペアキーだけで対処しない

カギを失くした方の中で「スペアキーを作成してもらえばいいや」という方もいらっしゃるかもしれませんが、誰かに拾われて住宅に不法侵入される可能性があるので、カギを失くしたら、すぐにカギ交換をするようにしましょう。

  • 無理矢理回さない

シリンダーに挿し込んだカギがなかなか回らないとイライラしてしまいますが、無理矢理カギを回そうとすると、カギが折れてしまうことがあります。こうなってしまうと、カギを取り出すことが不可能になってしまいます。

シリンダーの注意点

  • 食用油・オイル・市販用の潤滑剤は使わない

食用油をシリンダーの中に入れると、中で溜まったゴミが固くなって余計カギが挿し込みづらくなりますし、サビが発生することもあります。また、オイルや市販用の潤滑剤には、シリンダーを劣化する成分(アルコール・シリコンオイル・油分など)が含まれている物もあるので、こちらもゴミを固める原因を起こします。他にもCRCや蝋、ミシン油を使うのは厳禁です。

  • 爪楊枝や針金を使わない

シリンダーの中にゴミが詰まったからといって、爪楊枝や針金を使わないようにしましょう。シリンダーの中で折れると取り出すことが難しくなってしまいますし、シリンダー自体が故障してしまうこともあります。

カギを交換する

業者のお姉さん

上記の行動を取るとカギ交換をする必要が出てきますが、カギ交換はご自分でやる方法と専門業者にご依頼する方法の2つがあります。専門業者にご依頼する場合、いくつか確認する必要がございます。

メーカー名を確認する

錠前には必ずメーカー名が刻印されているので、錠前を隅々まで調べてみましょう。基本的にフロント部分に刻印されていることが多いです。メーカー名を紙などに記載して専門業者にお伝えいただければ話も早く進みます。

スペアキーがある場合

専門業者にご依頼する際、スペアキーを手元に置いておきましょう。専門業者からどんな形状のカギなのか尋ねられた時、すぐに答えることが出来ます。

カギとシリンダーの種類

カギ穴

カギ交換をする場合、沢山あるシリンダーの中から自分に合った物を選ばなくてはいけません。シリンダーの種類を知ることで、自分がどれを選べばいいのか?が見えてきます。

ディンプルキー

カギの表面が凹んでいるのが特徴です。ピンが複数列に内蔵されており、シリンダーも複雑な構造となっているので、防犯性は非常に優れています。また、リバーシブルタイプなので両面で使うことが出来ますし、滑らかな作りのおかげで引っ掛かりが起きにくいので、非常に使いやすいです。

ロータリーディスクシリンダー

カギの凹凸に刻みがある物と、凹みがある物の2つがあります。シリンダーには金属板(ロータリーディスク)が弧を描くように並んでおり、それを回転させることでカギの形が作られていきます。内蔵された部品は破壊に耐えられるほど硬く出来ているので、こちらも防犯性に優れています。

PR-Jシリンダー

タンブラーが全て揃わないと回転されないロッキングバーと形状が複雑なアンチピッキングタンブラーで構成されています。ピッキングをするのが非常に難しく、ドリルに対しても抵抗力が高い優れたシリンダーです。また、リバーシブルタイプなので使いやすいです。

U9シリンダー

安全性が高いロータリータンブラーだけでなく、9枚のタンブラーで構成されているシリンダーです。また、カギの切り込みは4段階まで変化するので、防犯性に優れています。また、タンブラーはリン青銅製なので耐摩耗性が高く、その分シリンダーの寿命も長くなっています。

JNシリンダー

精度が優れた斜めピンで構成されているので、耐ピッキング性能が高くなっているシリンダーになり、こちらもリバーシブルタイプなので使いやすいです。また、チェンジングキーシステムが実装されたJCシリンダーもあります。例えばカギを失くしてもシリンダーを交換することなく以前のカギを無効にして、新しいカギのみ使うことが出来るという特徴があります。

まとめ

カギ達

ちょっとした油断で起こってしまうカギトラブル。ご自身の注意力が散漫になってしまうと、それだけトラブルは大きくなってしまいます。カギ交換を行えばトラブルは一気に解決します。一刻も早く防犯機能を回復させる為にも、カギ交換を「即日対応」してくれる専門業者にご依頼しましょう。生活110番の『カギ交換』をご利用いただければ、お住まいの近くの専門業者を探すことが出来ます。カギトラブルに関してプロフェッショナルである専門業者が、お困りのお客様の為に迅速に対応してくれます。是非一度、チェックされることをオススメいたします!

最新記事