美術品修復|くらしの用語大辞典

くらしの用語大辞典

「美術品修復」に関する用語一覧

「美術品修復」に関わる「あ」行の用語

  • 裏打ち

    新しいカンヴァスに絵画の裏面を貼り付け、定着させる作業のこと。
  • 表打ち

    経年劣化が進行し、基底の絵絹が弱くなると、裏打ちによって補強するが、それのために表面が傷つかないように画面ほどのために施すこと。
  • 折れ筋

    掛け軸など、紙媒体の作品が過去に折られたりしてついてしまったシワのこと。

「美術品修復」に関わる「か」行の用語

  • コンサヴェーター

    美術品の修復や保存に関する専門家のこと。英語でconservatorと表記する。

「美術品修復」に関わる「た」行の用語

  • 脱酸処理

    作品の中には酸性化による崩壊が進んでしまうので、脱酸させて、作品の崩壊を防ぐ作業。

「美術品修復」に関わる「な」行の用語

  • 波打

    紙製の作品が、湿気の関係で弛んでしまったり、湿度が高すぎて表面が波打ってしまっていたりする状況のこと。

生活辞典コラム

0120-949-986