生活110番辞典お庭

お庭

ウッドデッキが欲しくなること間違いなし! ウッドデッキの特徴まとめ

c2ee49b2eb0a1dae563ffc3ce856eeae_m

ご自宅のお庭を快適にしたいとは思いませんか? そんな時は思い切ってウッドデッキを設置してみてはいかがでしょう? ウッドデッキを設置すれば、お庭の見た目と雰囲気がガラリと変わるだけでなく、今までのお庭にはなかった楽しみを味わうことが出来るのでおすすめです。今回はそんなウッドデッキについての特徴をご紹介いたしますので、是非ご参考になさってください。

1.ウッドデッキで使われる木材

fbde92482c200f7170885a699a37be6c_s

 

 

 

 

 

ウッドデッキとは木材で構築された甲板のことで、庭に面したテラスとして用いられることが多く、DIYとしても活用されています。使われる素材は天然木と樹脂木に分かれますが、天然木には更にソフトウッドとハードウッドの木材があるのです。それぞれの特徴は以下になります。

①ソフトウッド

針葉樹で出来たソフトウッドは加工しやすいのが特徴です。柔らかい木材なので電動のノコギリでなくても通常のノコギリで加工出来ますし、費用も安いのです。ただし、耐久性は高くないので、長く使い続けるには防虫・防腐が含まれた塗料を塗るなど、定期的なメンテナンスが必要になっていきます。

②ハードウッド

広葉樹で出来たハードウッドは強度と耐久が優れた木材として知られています。強度が高いので加工しにくい面がありますが、耐久年数が約30年なので、ショッピングモールなど多くの人々が集まる場所で用いられやすいですし、定期的にメンテナンスをしなくても長持ち出来るのが大きな特徴です。また、害虫や水分による被害に対しても強いです。

 

2.ウッドデッキで得られるメリット

ac5017bbf5e950f460d878d2b3454a93_s

 

 

 

 

 

ウッドデッキを設置することでどのようなメリットが得られるのか、ご紹介したいと思います。

①新しい楽しさ

ウッドデッキを設置すれば、その上に椅子を置いてお茶を楽しんだり、本を読んだりとゆったりした気分を味わえます。また、ご友人を招いてちょっとしたパーティーを楽しむことも出来ます。

②ペットのお犬を日向ぼっこ

室内で飼われているペットのお犬を日向ぼっこさせたくても、お庭の土で足が汚れてしまうことがありますよね。ウッドデッキであれば、土で汚れるといった心配がありません。

③住居スペースが増える

 

お部屋の床とウッドデッキの床をつなげばその分住居スペースが増えますので、今までとは違った活用を楽しむことが出来ます。

④マイナスイオン

ウッドデッキに使われる木材にはマイナスイオンが含まれているので、日頃、身体に溜まったストレスを解消することが出来ます。

⑤紫外線の反射を和らげる

木材の表面は、紫外線の反射を和らげる効果があります。また、お庭の地面がコンクリートで出来ている場合、照り返しが発生しますが、ウッドデッキを設置すれば照り返しの心配が無くなります。

 

3.ウッドデッキ設置にあたっての注意と対策

注意していただきたいのが、ウッドデッキを設置したからといって、メリットばかり得られるというわけではありません。ウッドデッキを設置するにあたって色々と注意点があるのです。せっかく設置したウッドデッキですから、長く使い続けたいものですよね。ここではウッドデッキ設置にあたっての注意と対策をご紹介いたします。

①色あせと腐食

天然木で出来た屋根なしのウッドデッキは長年の経過で色があせてしまったり、所々腐ってしまいます。それを防ぐためには2年ごとに1回という頻度で塗装すれば腐食を抑えられますが、屋根を付けるだけでも同様の効果を得ることができます。

②シロアリによる被害

天然木のウッドデッキがシロアリの被害を受けることがあります。シロアリの被害を防ぐためには、虫の寄り付きを防ぐ塗料を使うのが一般的ですが、樹脂木で出来たウッドデッキであれば、シロアリにかじられても、食い破られるといった被害を受けることはありません。

③ウッドデッキ下からの雑草

お庭に雑草はつきものですが、ウッドデッキ下からも雑草が生えてくるケースがあります。そのまま放置しておくと、床板の隙間から雑草が生えてきてしまいますので、ウッドデッキ下に防草シートと砂利を敷いたりすれば、10~15年は大丈夫ですし、コンクリートで舗装してもらえば湿気の対策にもつながります。

4.ウッドデッキまとめ

9ac3e4b4ad20e9fe911b297ef187af94_s

 

 

 

 

 

ウッドデッキの木材は種類によってお値段や用途などが違っていきます。ソフトウッドは加工しやすいという面があるのでDIY向けな木材と言えますし、ハードウッドは腐りくいという点が重視されています。それぞれ特徴も違いますが、お庭を快適にするというメリットがあることに変わりはありません。注意点があるとは言え、しっかりと対策を取っておけば大丈夫ですし、慣れてくれば他の人とは違う、自分だけのオリジナルなウッドデッキを作ることだって出来ます。初めての方はどこから手をつけていいのか分からないことがあると思いますが、その場合は、ぜひ当サイト、生活110番ウッドデッキ設置で、お近くの業者をチェックしてみてはいかがでしょうか?

最新記事