生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

芝生はエアレーションで元気に育てよう!方法や必要なものをご紹介!

投稿日:2018-04-10 更新日:2019-08-01

根っこにも呼吸が必要!芝生にエアレーションで活力を与えましょう

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

庭に芝生を張るからには、なるべく長くきれいな緑色を楽しみたいと思う人は多いのではないでしょうか。芝生は豪華な花が咲く植物とは違い、あまり見た目の変化がありませんが、意外とこまめな手入れをする必要があります。

芝生の手入れというと、夏場の芝刈りのイメージが強いですが、ほかにもさまざまな手入れのポイントがあります。今回は芝生ならではのエアレーションという手入れについて詳しく紹介していきます。

エアレーションの目的や効果をはじめ、エアレーションに必要な道具や手順についても解説します。庭の芝生にぜひエアレーションをしてみましょう。

エアレーションはなぜやるのか

芝生を育てている限り、芝張りをした場所を掘り起こせません。そのため、地表の見た目にあまり変化はありませんが、芝生を張ってから時間がたつと、土壌の環境が悪くなってしまうのです。

エアレーションとは、芝生を張っている地面に穴をあけて地中に空気を送り込む作業です。芝生は人が歩くたび、次第に踏み固められていきます。そうなると、地中の土が詰まりやすくなり、土壌の通気性が悪くなってしまうのです。

芝生は根から養分を吸収したり、呼吸をしたりして、元気な姿を保っています。芝生が健康でいるためには、地中に新鮮な空気を入れることが大切です。

また、芝生のエアレーションをおこなうことで密集した根をほぐしたり、刺激を与えたりできるので、芝生の活性化にもつながります。さらに、通気性を改善することで芝生が病気にかかりにくくするというメリットもあります。

芝生に必要なエアレーションとは?

エアレーションに必要な道具

芝生のエアレーションは地中に空気を入れることが目的ですが、おおまかに分けて2つの方法があるので、芝生の状態にあった道具を選んでください。

エアレーションの2つの方法

エアレーションは地面に穴をあけるだけの「スパイキング」という方法と、地面に円筒型の穴をあけ、土ごと取り除く「コアエアレーション」という方法があります。スパイキングは穴をあけるだけなので手軽ですが、より効果的なのはコアエアレーションだとされています。コアエアレーションの場合は、穴をあけた箇所に新しい土を入れなければならないので、やや手間がかかります。

スパイキングの道具

スパイキングには、ローンスパイクやガーデンスパイクという道具を使います。ローンスパイクはくぎのような棒がついた板からハンドルがのびた形をしています。使うときは、ハンドルを持ってくぎをしっかりと地面に差し込み、足で踏み込んで穴あけをしましょう。

さらに手軽に使えるのが、ガーデンスパイクです。こちらは足に直接装着して地面に差し込むための道具です。歩きながら穴を空けることができるため、ローンスパイクと比較すると腰への負担が少ないのが特徴的です。

しかし、地面からスパイクが抜けづらいことがあるので、転倒事故には気をつけましょう。杖など、支えになるものを持って歩くことをおすすめします。

Firlar ガーデンスパイク 芝 スパイクガーデンスパイク 芝生穴あけ用

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

コアエアレーションの道具

コアエアレーションにはローンパンチという道具を使用します。ローンパンチは地面に空洞の刃をさして、土を抜くことができます。スパイキングよりも大きめの穴があくので、後から土を入れる必要がありますが、より高い効果を期待できるそうです。

ほかにも、掃除用の竹ほうきや、土を均一に入れるためのトンボやブラシなどがあると便利でしょう。また、土を入れたあとには散水するのでホースも準備しておきます。

ゴールデンスター 芝生手入具 ローンパンチJr 4012

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

芝生にエアレーションをする方法

エアレーションは、おこなうのに適した時期があります。あらかじめ道具を揃えたり準備をおこなっておき、適期になったら実施するようにしましょう。

時期と事前の準備

エアレーションに適した時期は、芝生の性質によってやや異なります。温暖な気候と相性がよく冬になると枯れて茶色くなる「暖地型」は、3月中旬ごろ~6月と、休眠前の9月ごろにおこなうのが適しています。

寒い時期にも枯れない「寒地型」は、3月中旬~5月ごろまでか、成長を続けている9月半ばから10月中くらいにエアレーションをおこないます。

芝生の状態にもよりますが、エアレーションは年に1回~3回程度おこなうとよいそうです。芝生の状態にあったエアレーションの回数がわからない場合は、業者に相談してみるのもよいかもしれません。

事前の準備

芝生がのびていると、エアレーションの作業がやりにくくなるので、あらかじめ芝刈りをしておくようにしましょう。芝生を刈っておくと、目土を入れるときに均一な仕上がりにしやすくなります。

芝生に穴を空ける

約5cmの間隔で芝生に穴をあけていきます。スパイクの長さにもよりますが、約15cmの深さまで穴をあけるようにしましょう。ローンスパイクで穴をあけるときには、ハンドルを前後に動かすと、しっかり穴をあけることができます。

コアエアレーションをおこなう場合は、地面から抜き取った土が散らばるので、後の作業がしやすいように掃除しておきます。芝生のエアレーションは面積が広いほど大変ですが、なるべく間隔をあけずに穴をあけた方が効果的です。

目土と散水

コアエアレーションをしたまま放っておくと、芝生の根が日に当たって乾いてしまうので、必ず目土(めつち)をまくようにします。目土をまいたら、ブラシなどを使って、芝生に土を刷り込みます。地面がでこぼこしている箇所はこの機会に均一にならしておきましょう。

地面の水はけが悪いときは、粒子の細かい川砂を使うとよいそうです。また、目土には雑草の種子がまじっていない川砂や洗い砂などを選ぶことをおすすめします。

目土を施したあとは、土をなじませるために、しっかりと水やりをしてください。エアレーションをしたあとは、地面の穴が気になるかもしれませんが、芝生が成長するとともに穴は目立たなくなります。

エアレーションを行う方法

機械レンタルや代行業者も活用しよう

エアレーションで土壌を更新することは、芝生が元気に育つために大切な作業です。年に1回くらいしかやらないからといって、怠ってしまうと芝生が弱ってしまうかもしれません。

しかし、あまり使う機会のないエアレーションの道具をいろいろと買いそろえるのも面倒だと感じる人もいるのではないでしょうか。そのような場合は、エアレーションの道具をレンタルするという方法もあります。エアレーションに適した道具を使って、効率よく芝生の手入れをしていきましょう。

さらに、年に1,2回の作業なので、業者に依頼するというのも1つの方法です。道具をレンタルするのにもコストはかかりますが、作業はもちろん自分でおこなわなければなりません。せっかくコストをかけるなら手間も省けるため、芝生のエアレーションを業者に頼んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

芝生の手入れは夏場の芝刈りだけではなく、エアレーションも大切です。エアレーションによって土壌の環境を改善すると、さらに芝生が元気に育つことでしょう。

エアレーションにはスパイクで穴をあけるスパイキングと、芝生の土を抜き取り、新しい目土を入れるコアエアレーションという方法があります。庭の芝生の状態を見て、適した方法でエアレーションをするとよいでしょう。

芝生のエアレーションは1年に1~3回程度と、あまり頻繁におこなうものではありません。そのため道具をレンタルしたり、業者に作業を依頼したりするのもよいのではないでしょうか。作業自体はさほど難しくはありませんが、庭の芝生全体に穴をあけるのは時間もかかります。上手に業者を活用して、芝生の手入れをおこなうことをおすすめします。

芝張りを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「芝張り」をご覧ください。

(この記事は2019年5月14日に加筆・修正しています)

芝張りは下地作りが重要
現地調査、事前見積もり無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
芝張りで重要なのは下地作り。この作業を手抜きしてしまうと、芝がきれいに育ちません。上手くいかないときはプロにお任せするのも1つの手です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
芝生を活性化させるエアレーション施工もおこなっています。
芝張り 平米 2,500円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-08-01 15:23:34
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_turf/61762/
お庭
庭に芝生を張るからには、なるべく長くきれいな緑色を楽しみたいと思う人は多いのではないでしょうか。芝生は豪華な花が咲く植物とは違い、あまり見た目の変化がありませんが、意外とこまめな手入れをする必要があります。芝生の手入れというと、夏場の芝刈りのイメージが強いですが、ほかにもさまざまな手入れのポイントがあります。今回は芝生ならではのエアレーションという手入れについて詳しく紹介していきます。エアレーショ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 芝張り

芝張りのお問い合わせ・ご相談はこちら

芝張りについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!