生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

人工芝をDIYする費用と業者の費用を比較!失敗しない施工方法もご紹介

投稿日:2019-09-11 更新日:2020-05-05

人工芝をDIYする費用と業者の費用を比較!失敗しない施工方法もご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

お庭などに人工芝を敷くと、緑の温かみを感じられます。とくに人工芝は天然芝のように枯れることがなく、手入れの必要もないのでお庭に取り入れたいという人は多いでしょう。しかし、気になるのはその費用です。

人工芝は初期費用が高くかかる傾向があるため、できるだけ安く抑えるためにDIYで施工しようと考える人もいるかもしれません。そこで、このコラムでは人工芝をDIYすると費用はどれくらいかかるのか、どんなものが必要になるのか、そして業者に頼んだ場合に比べてどちらがお得なのかを検証します。DIYの施工方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

人工芝のDIY施工に必要な資材とその単価相場

人工芝をDIYで敷く費用には、まず施工する資材の材料費があります。人工芝を施工するためにはどんなものが必要で、それぞれいくらくらいかかるのか、みていきましょう。

人工芝

人工芝には、まとめて製造され、必要な量をカットして購入できるロールタイプと、もともと小さなサイズで製造、販売されているマットタイプとがあります。芝自体の品質には変わりがありませんが、まとめて製造されている分ロールタイプのほうが価格は安い傾向にあるようです。

価格相場は、芝の種類によって幅があります。天然芝のような風合いを再現したリアルな人工芝は、高額になることが多いでしょう。ロールタイプは1平方メートルあたり500円~5,000円程度、マットタイプは1平方メートルあたり1,000円~5,000円程度といった金額が相場です。

人工芝をDIYする費用と業者の費用を比較!失敗しない施工方法もご紹介

防草シート

人工芝は地面を覆うことで雑草の発生を防ぐ効果がありますが、人工芝のマットには水がはけるように穴が開いているため、この隙間から雑草が生えてくることがよくあります。それを防止するために、人工芝の下に防草シートを敷いておくと防草効果がより高まるのです。防草シートの価格相場は、1平方メートルあたり200円~600円程度といったところです。

ピン

人工芝や防草シートを設置するときには、ずれたりめくれたりするのを防ぐためにピンを刺して地面に固定します。価格相場は10本あたり200円~500円程度でしょう。

ピンには、釘型のものやU字型のもの、鉄製やプラツチック性などさまざまなものがあります。ピンは50センチメートルの間隔で打ち込むのが目安ですので、人工芝の面積に応じて必要な本数を用意しましょう。

テープ

複数の人工芝を貼りあわせて使う場合には、人工芝同士を接着するテープが必要です。テープは、1メートルあたり300円~500円程度で販売されています。

人工芝を敷く地面を平らにならすために、砂を使うことがあります。また、めくれ防止や芝葉の保護のために、人工芝の上に砂を入れることもあります。地面の下地には山砂、上に入れる砂には珪砂という砂が使われます。30キログラム入りのものの価格相場が、山砂は3,000円~6,000円程度、珪砂が2,000円~3,500円程度でしょう。

人工芝のDIY施工に必要な道具とその価格相場

材料が用意できたら、次は人工芝を施工するために必要な工具がそろっているかどうか確認してみましょう。人工芝をDIYで敷く費用には、次のような道具の費用も追加されます。

ハンマー

人工芝を固定するピンを地面に打ち込むときに使います。しっかりと打ち込まなければピンが抜け、人工芝がずれてきてしまうのです。この際に使うハンマーは工作に使う金づちでも、木づちやゴムハンマーでも、どんな種類のものでも構いません。価格相場は1,000円~5,000円程度です。

人工芝をDIYする費用と業者の費用を比較!失敗しない施工方法もご紹介

ハサミ

人工芝をカットするときに使います。人工芝の基礎は布であることが多いので、普段使っている大きめの布切りバサミなどでも十分カットできるでしょう。なお、ガーデニング用の万能バサミなどがあるとよりスムーズにカットすることができます。万能バサミの価格相場は1,500円~6,000円程度です。

トンボ

地面がデコボコしていると、その上に敷く人工芝もデコボコしてしまいます。このデコボコは水たまりができる原因にもなりますので、人工芝を敷く前に地面を平らにならす必要があるのです。地面をならすときには、トンボがあると便利です。地面に砂を足してトンボでなでることで、きれいに平らな下地を作ることができます。トンボは2,000円~10,000円程度で購入できるでしょう。

転圧機

地面が柔らかいままだと、上を歩くうちに徐々にデコボコができてきます。それを防ぐために、あらかじめ地面を固めておかなければなりません。足で踏み固める方法もありますが、転圧機があるとより確実です。工事現場などでみるような電動のものは10万円以上と高額ですが、家庭用の手動式のものは10,000円前後で販売されています。

人工芝をDIYで設置する方法

ここまで、人工芝をDIYで敷く費用をご紹介してきました。資材と道具が準備できたら、いよいよ施工をはじめていきましょう。自分で人工芝を施工する手順をみていきます。

①施工する場所の雑草や石を取り除きます。これをしていないと、整地がうまくできません。また、雑草が残っていると人工芝の隙間から雑草が生えてきてしまうこともあります。

②砂をまいて平らにならし、しっかりと転圧します。

③防草シートを敷く場合には、ここで敷きましょう。複数のシートを使用する場合、隙間ができないように10センチメートルほど重ねておきます。ピンを打ち込んで地面に固定しましょう。

④人工芝を敷いていきます。複数の人工芝を使う場合は、少し重ねて敷いていきましょう。この時点でピッタリのサイズにカットすると、後で隙間ができてしまうことがあります。また、人工芝には芝葉の向きがありますので、すべての人工芝を同じ向きに並べると仕上がりがきれいになります。

⑤施工場所の形にあわせて人工芝をカットしましょう。複数の人工芝を重ねていた部分もここでカットして、テープなどで接着します。

⑥人工芝にピンを打ち込み、地面に固定します。ピンは端から50センチメートル間隔を目安に打ち込み、人工芝同士のつなぎ目部分にも打ち込んでおきましょう。

DIYは業者より費用を抑えられる一方で労力がかかる

仮に人工芝の施工を業者に依頼した場合と比べると、人工芝をDIYする費用はどれくらいお得なのでしょうか。

業者に作業を依頼した場合、人工芝などの材料費に加えて作業費がかかることになります。作業費は業者によって違いますが、1平方メートルあたり4,000円~6,000円程度が相場のようです。

この作業費がかからない分だけ、DIYのほうが費用を抑えることができるということになります。ただし、この作業には単に人工芝を設置するだけでなく、事前の除草や整地、防草シートの設置といった作業も含まれています。これらの作業は自分でやるとかなりの重労働ですので、それをすべてやってもらえると思えばあながち高すぎる費用でもないのかもしれません。

また、下地作りや芝のカットなどははじめての人には難しい作業でもあります。費用を抑えても、きれいに施工できずに理想の庭を作ることができないのでは意味がありません。

快適できれいな緑の庭を苦労なく手に入れるためにも、業者への依頼を考えてみるのもいいのではないでしょうか。

ここで、業者に頼むにしても、できるだけ費用の安いところへ頼みたいという場合には、生活110番を使って探してみてください。生活110番には数多くの業者が加盟しており、それぞれの料金をひと目で確認できます。複数の業者にまとめて見積りを請求することもできますので、じっくり比較検討することが可能です。

人工芝をDIYする費用と業者の費用を比較!失敗しない施工方法もご紹介

まとめ

人工芝の単価は1平方メートルあたり500円~5,000円程度が相場です。人工芝をDIYする費用は人工芝自体だけでなく、防草シートなどの付随する資材、ハンマーなどの工具のことも考慮する必要があります。

下地作りなどは自分では大変な作業ですし、確実に施工するには根気とある程度の技術が必要です。業者に依頼した場合にはDIYに比べて費用こそ高くなりますが、それだけ楽に、確実な施工をしてもらうことができます。できるだけ料金が安い業者を探したいという場合には、ぜひ生活110番を活用してみてください。

芝張りは下地作りが重要
現地調査、事前見積もり無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
芝張りで重要なのは下地作り。この作業を手抜きしてしまうと、芝がきれいに育ちません。上手くいかないときはプロにお任せするのも1つの手です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
芝生を活性化させるエアレーション施工もおこなっています。
芝張り 平米 2,500円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-05-05 18:03:23
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_turf/163701/
お庭
お庭などに人工芝を敷くと、緑の温かみを感じられます。とくに人工芝は天然芝のように枯れることがなく、手入れの必要もないのでお庭に取り入れたいという人は多いでしょう。しかし、気になるのはその費用です。人工芝は初期費用が高くかかる傾向があるため、できるだけ安く抑えるためにDIYで施工しようと考える人もいるかもしれません。そこで、このコラムでは人工芝をDIYすると費用はどれくらいかかるのか、どんなものが必要にな...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 芝張り

芝張りのお問い合わせ・ご相談はこちら

芝張りについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!