生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

芝張りの単価をご紹介!安く抑える方法とかかる労力を比較検討しよう

投稿日:2019-07-25 更新日:2019-07-29

芝張りの単価をご紹介!安く抑える方法とかかる労力を比較検討しよう

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

青々とした芝生の広がるお庭に一度は憧れますよね。芝生には初期費用が安い天然芝と、メンテナンスの手間がかからない人工芝があります。

こちらの記事では芝張りの単価をご紹介するとともに、初期費用を安価に抑える方法や、天然芝と人工芝の違いについてもご説明していきます。ご自身に合う芝張り方法はどれなのか、よく検討してみてください。

芝張り単価の相場

まず一番気になるのは芝張りの単価でしょう。天然芝か人工芝か、DIYするか業者にお願いするかで費用も変わってきます。

天然芝をDIYで張る

芝張り単価の相場

初期費用が一番安く済むのが天然芝をDIYで張る方法になります。芝の品種によって価格も変動するため一概にはいえませんが、1平方メートルあたり約2,000~2,500円前後が相場だそうです。

とにかく費用を安く抑えたいという人はこの方法がよいかもしれません。ただし自分で芝張りしなければいけないので、植え付ける作業が必要となります。天然芝は自然の植物なので張ったら終わりではなく、こまめなお手入れも欠かさないようにしましょう。

天然芝を業者に張ってもらう

DIYで天然芝を張るのが手間だと思ったら業者に依頼するという方法もあります。業者に依頼する場合は、1平方メートルあたり約3,000~3,500円前後が相場となっています。こちらも芝の品種によって価格の変動があります。

また、お庭の状態によっては別途費用がかかってくることがあります。芝張りするにあたって、地面の状態が大切なため、例え、雑草が生えていたり小石が混ざった土壌は整地作業が必要です。また、既にある芝生を剥がして張り替える場合も費用がかかるかもしれないため、事前に確認しておきましょう。

人工芝をDIYで敷く

人工芝をDIYで敷くときは、1平方メートルあたり約5,500~6,500円前後が相場だそうです。天然芝より人工芝のほうが初期費用は高い傾向があります。その理由は、人工芝の単価のほうが高額だからです。また、防草シートなどを併用すると費用はもう少しは専用の資材が必要となってくるからです。

人工芝を業者に敷いてもらう

人工芝で業者に依頼するのであれば、1平方メートルあたり約10,000~20,000円前後が相場のようです。人工芝にも下地作りが必要なので、その分費用がかかってきます。また、人工芝の種類は多彩なため、素材によっても費用は前後するでしょう。

業者に依頼するよりもDIYのほうが安価におこなうことが可能ですが、業者に依頼するほうが手間もかからないし仕上がりも美しく整えてもらえるでしょう。予算を検討して、ご自身に合った方法で芝張りをしてみてはいかがでしょうか。

芝張りのために業者がすること

人工芝を業者に敷いてもらう
芝張りの単価はDIYのほうが業者に頼むより安くなりますが、芝張りの工程考えれば、業者の相場にも納得がいく価格なのです。では業者に依頼した場合、具体的にどのような作業がおこなわれるのか見ていきましょう。

雑草や石の除去

芝張りをするには、地面を平らにならす必要があります。その際、雑草や石があるとでこぼことしてしまい平らにすることができません。また、雑草は除草しても根が残っていると再び生えてきてしまいます。さらに天然芝の場合、根を張る邪魔になることもあるので必ず除去しなければなりません。

地面をならす

地面を耕して土壌を改善するとともに、地面を平らにならします。芝と地面が密着できるようにするとともに、水はけをよくする目的もあるそうです。

防草シートを張る

人工芝の場合、芝を張るまえに防草シートを張ります。防草シートには日光を遮り、雑草が生えるのを防ぐ役割があります。張り方が悪いと雑草が生えてくることがあるため、DIYでおこなうには手間がかかるでしょう。

芝を張る

人工芝の場合は隙間なく張っていくことになりますが、天然芝の場合は張り方もいくつかあります。天然芝を張る面が多いほど仕上がりまでの時間が早くなりますが、その分費用がかかってきます。

さらに天然芝は、芝を張ったあとに目土で芝と芝の間を埋めるとともに、芝の表面にもまいて全体になじませます。最後に地面にまで浸み込むようたっぷりと水を与えていきます。

施工費用を抑える方法

なるべく芝張りの単価を安く抑えることができればうれしいですよね。ここではその方法をご紹介していきます。

DIYで芝を張る

施工費用を抑える方法

業者に依頼すると作業料がかかりますが、DIYなら材料費だけで済むので、最低限の費用でおこなえます。しかしその分、労力と時間がかかりますがDIYでも可能です。張り方をよく調べたうえで挑戦してみてもよいかもしれません。

天然芝を張る

業者に依頼してもDIYで芝生を張っても、人工芝より天然芝のほうが安価です。人工芝に比べると、半分程の費用に抑えられるのではないでしょうか。

ただし、天然芝はその後のメンテナンスが必須です。水やりはもちろんのこと、時期によっては肥料代がかかってくるでしょう。また、定期的に芝刈りをしないと芝生が伸びすぎ、景観が悪くなるとともに病害虫の原因になってしまいます。初期費用はもちろん重要ですが、後々のメンテナンスのことまで含めてよく検討して決めましょう。

相見積りをする

業者に依頼するのであれば、複数の業者に見積りをとってもらいましょう。費用や施工内容を比較検討することができます。

ここで気をつけておきたいのが、施工内容をよく確認することです。もし思っていた施工内容と違っていたら満足のいく芝にならないかもしれません。費用と施工方法をしっかり確認して、十分に納得してから決めるとよいでしょう。

芝生を張るメリット・デメリット

芝張りの単価を知って、芝張りを迷っている人もいるのではないでしょうか。天然芝にも人工芝にもそれぞれメリットとデメリットがあります。それらを知ったうえで、予算とも合わせて比較検討してみてください。

天然芝のメリット・デメリット

芝生を張るメリット・デメリット

天然芝のメリットは、人工芝では未だ真似できていない美しい景観を作れることではないでしょうか。また触り心地もよく、クッション性に優れています。

デメリットとしては、先述の通りメンテナンスが必要なことや天然芝の種類によっては冬枯れしてしまうことが挙げられます。しかし他の植物を植えている場合、年中緑色の人工芝ではかえって違和感があるかもしれません。

また、適切にメンテナンスをおこなうことができれば、ずっと芝生を維持することができます。手間はかかりますが、自分で育てた分愛着もわくでしょう。これもまたメリットといえるのではないでしょうか。

人工芝のメリット・デメリット

人工芝のデメリットは成長する天然芝と違い、使用しているうちに徐々に劣化してしまうということです。そのため美しい芝生を維持したいのであれば、張り替えが必要になってきます。

しかし芝生を取り入れやすいのが人工芝のメリットです。日々のメンテナンスはいらないので、時間も手間もかかりません。日当たりを気にする必要もなく、コンクリートなどの場所にも施工することができるので、場所を選ばないという点もメリットとして挙げられます。手軽に芝生を楽しむには、人工芝がよいのではないでしょうか。

まとめ

芝張りの単価は天然芝のほうが安価で、人工芝のほうが高くなります。しかし、それぞれ値段相応のメリット、デメリットがあります。それらも加味して選ぶようにしましょう。

業者に依頼するのであれば、さらに施工費用がかかります。初期費用を抑えたいのであれば天然芝をDIYで敷くのが一番ですが、業者の相見積りをすれば納得いく価格の業者を見つけることができるかもしれません。

どちらの芝生を張るのにも施工工程も手軽とはいえず、時間も労力もかかります。そのことを考えれば、業者の価格も妥当といえるのではないでしょうか。きれいな仕上がりの芝生を敷きたいのであれば、業者に依頼することをおすすめします。

芝張りは下地作りが重要
現地調査、事前見積もり無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
芝張りで重要なのは下地作り。この作業を手抜きしてしまうと、芝がきれいに育ちません。上手くいかないときはプロにお任せするのも1つの手です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
芝生を活性化させるエアレーション施工もおこなっています。
芝張り 平米 2,500円(税抜)~

この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-07-29 16:32:09
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_turf/154518/
お庭
青々とした芝生の広がるお庭に一度は憧れますよね。芝生には初期費用が安い天然芝と、メンテナンスの手間がかからない人工芝があります。こちらの記事では芝張りの単価をご紹介するとともに、初期費用を安価に抑える方法や、天然芝と人工芝の違いについてもご説明していきます。ご自身に合う芝張り方法はどれなのか、よく検討してみてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 芝張り

芝張りのお問い合わせ・ご相談はこちら

芝張りについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!