生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

芝生を移植してお庭をきれいにしよう!時期や方法などについても紹介

投稿日:2019-07-04 更新日:2019-07-12

芝生を移植してお庭をきれいにしよう!時期や方法などについても紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

お庭のメンテナンスのために、芝生を移植したいと考えたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。芝生の剥げた部分に移植をすれば、きれいな芝生をよみがえらせることも可能です。また、庭のデザインを変えたいといった場合も、芝生を移植することで今までと違ったイメージのお庭に見せることができるでしょう。

そこで今回は、芝生の移植についてご紹介していきます。移植についての知識を備えることができれば、より美しい芝生のお庭を作ることができるかもしれません。

芝生を移植する前の準備

芝生を移植するときは、事前に必要な道具を揃えておきましょう。また、移植する前に忘れがちなのが、移植先の床土の準備です。事前に必要な道具などを揃えておくことによって、移植作業をスムーズにおこなうことができます。

道具

芝生を移植するために、必要な道具はスコップやシャベル、剪定ばさみ、目土になります。スコップやシャベルは、芝生を剥がすときなど、地面を掘り起こすときに必要です。地面が固くてスコップが地面にはいりにくい場合や、しっかり根付いている部分を深く掘り起こしていきたい場合に備えて、両方とも準備できると安全でしょう。

芝生を移植する前の準備

剪定ばさみは、移植用の芝生をカットするときなどに使います。また移植後の芝生には、目土入れという作業をおこなっていく必要があるため、目土も準備しましょう。

またケガや汚れのことを考えて、作業をするときは軍手を装着しておくと、快適におこなうことができるのでおすすめです。

移植先の床土準備

芝生が生育しやすい床土とは、通気性や吸水性に優れた土質です。芝生用の床土は、インターネット通販などでも購入することができます。また園芸店やホームセンターの園芸コーナーで聞いてみると、移植に適した床土について相談にのってもらえるかもしれません。

芝生を移植する時期

芝生の移植は、真冬や真夏を避けた時期におこなうことをおすすめします。芝生は猛暑や極寒の中では根付くことが難しいため、そういった時期に移植をおこなうと上手くいかないことが多いためです。芝生の移植を成功させるためには、芝生が根付きやすい時期におこなうことが重要になってきます。

芝生を移植する時期

芝生が根付きやすい時期は、春先の3月から梅雨入り前の6月上旬あたりです。残暑の9月から初秋の11月ごろも、芝生の移植には適した気候となります。また、梅雨入り前に芝生の移植をおこなった場合、そこから梅雨にはいって雨の日が多くなるため、頻繁に水やりなどをおこなわなくても、比較的根付きやすい環境でしょう。

寒地型と暖地型でも、冬の根付きづらさには違いがあります。とくに、日本で最もみかけることが多い高麗芝は、暖地型の芝生です。寒くなると休眠にはいり根付かなくなるため、とくに冬場の移植には適していません。

また寒地型の芝生は、暖地型の芝生に比べると寒さには強いですが、冬場は雪腐病などの病気にかかるおそれがあります。芝生を移植する前にどういった種類の芝生を植えるのかも確認しておくことが大切です。

芝生の移植方法

芝生を移植するためには、芝生を剥がして別の場所に張る必要があります。しかし、どうやって剥がして移植すればよいのか分からない方がほとんどではないでしょうか。そこで、芝生を移植する方法について紹介していきます。

芝生を剥がす

芝生を剥がすには、根を傷めないように掘り起こすことが重要です。そのため、芝生を剥がすときにはシャベルなどを使って深く掘り起こしていきましょう。また、シャベルに体重をかけて斜めに入れていくことで、よけいな力をかけずに作業をおこなうことができます。

芝生の移植方法

芝生の剥がし方について詳しく知りたい方は、【「枯れてしまった」「手入れが大変」そんな芝生は剥がしてみては?】も参考にしてみてくださいね。

剥がした芝生を別の場所に張る

剥がした芝生を別の場所に張るために、移植先の環境を整えておきましょう。まず、不要な雑草などを取り除き、水はけをよくするためにしっかりと耕していくことが大切です。次に、準備しておいた床土を敷き、表面を平らにならして剥がした芝生を張っていきます。普通の芝生張りと同様、用途や目的にあわせた張り方で植え替えていきましょう。

張り替えたばかりの芝生の表面には、デコボコとした凹凸ができているため、目土入れというメンテナンス作業をおこないます。目土を入れることで芝生の表面がきれいになるだけでなく、根から落ちた土を補充することもできるので、芝にとって育ちやすい土壌になるのです。目土入れをした後の芝生には、充分な水やりをおこなうようにしましょう。

芝張り後の養生

芝生を移植したら、すぐに上に乗ったり座ったりなどして楽しみたいと思われるのではないでしょうか。しかし、移植したばかりの芝生はまだ根付いておらず、土の上にのっているだけです。そのため、完全に根付くまで養生する期間を設ける必要があります。

張り替えたばかりの芝生の上に乗ったり座ったりなどした場合、芝生がずれて根付かなくなってしまいます。せっかく移植した芝生が枯れてしまうのはもったいないですよね。芝生の移植を成功させるためにも、完全に芝生が根付くまで養生期間を設けるようにしましょう。

芝張り後の養生

養生の期間としては、移植をおこなった季節よっても差はありますが、だいたい1ヶ月以上はみておくのがよさそうです。養生中の芝生には、立入禁止の看板を置いたり、ロープをはるなどして人がはいらないような対策をとることをおすすめします。

また、養生期間中の芝生にも、しっかり水やりをおこなっていくことが大切です。水やりをおこないながら芝生の様子をみていき、完全に根付いているようであれば養生しなくても大丈夫でしょう。

まとめ

芝生の移植は庭のデザイン変更や、剥げた部分の補修などをおこなうときに用いることが多い方法です。芝生を移植する前に準備しておく道具としては、スコップ・剪定ばさみ・軍手などがあります。移植先の床土は、通気性がよく水はけのよいものを選びましょう。

移植に適している時期は、3月~6月か9月~11月頃ですが、梅雨入り前におこなっておくことをおすすめします。芝生の移植は自分でおこなうこともできますが、上手くできないようであれば業者に依頼することをおすすめします。業者であれば、手を加えたと分からないほど自然できれいに芝生の移植をおこなってくれることでしょう。

芝張りは下地作りが重要
現地調査、事前見積もり無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
芝張りで重要なのは下地作り。この作業を手抜きしてしまうと、芝がきれいに育ちません。上手くいかないときはプロにお任せするのも1つの手です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
芝生を活性化させるエアレーション施工もおこなっています。
芝張り 平米 2,500円(税抜)~

この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:3.7

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-07-12 09:07:59
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_turf/150346/
お庭
お庭のメンテナンスのために、芝生を移植したいと考えたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。芝生の剥げた部分に移植をすれば、きれいな芝生をよみがえらせることも可能です。また、庭のデザインを変えたいといった場合も、芝生を移植することで今までと違ったイメージのお庭に見せることができるでしょう。そこで今回は、芝生の移植についてご紹介していきます。移植についての知識を備えることができれば、より美し...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 芝張り

芝張りのお問い合わせ・ご相談はこちら

芝張りについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!