生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

あこがれのシャッターゲートの価格相場はいくら?施工事例もご紹介!

投稿日:2017-11-23 更新日:2018-10-01

あこがれのシャッターゲートの価格相場はいくら?施工事例もご紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

都心の住宅街でよく見かける駐車スペース前のシャッター。これはシャッターゲートというもので、高い防犯性とデザイン性をもっています。このシャッターゲートにあこがれている方もいらっしゃるかもしれませんが、その相場はいくらくらいなのでしょうか。今回はシャッターゲートの価格相場と施工例をご紹介します。

シャッターゲートの価格相場

シャッターゲートはおしゃれなだけでなく、防犯性能もあるエクステリアです。ここではシャッターゲートとその相場について解説します。

シャッターゲートとは

シャッターゲートとは車庫や駐車場スペースを、シャッターによって間仕切りするエクステリアです。シャッターゲートは防犯性能が高く、車庫のない家でも車を守ることができます。

人通りが多い都心の住宅街でよく導入されており、最近ではデザイン性を求めたシャッターゲートも増えています。

シャッターゲートの価格相場

そんなシャッターゲートの価格相場はいくらぐらいなのでしょうか。

シャッターゲートは手動か電動かで価格が大きく変動してきます。基本的に車の中からリモコンで操作できる電動のものを選ぶ方が多いようです。

そこで車1台分の電動シャッターゲート設置の一例をあげると、

シャッター本体:約115万円
工事費用:約50万円

となり合計で165万円ほどかかるようです。
メーカーやサイズにもよりますが、納得のいくシャッターゲートを設置するには、最低でもこれくらいかかると思っていたほうがよいでしょう。

外構工事の価格相場

シャッターゲート自体の価格は165万円ほどでしたが、シャッターゲートを設置する際にあわせて外構全体をフルリフォームしてしまう方も珍しくはありません。

外構全体をリフォームする場合は、門柱・門扉・塀・フェンスを設置します。これらの相場は合計で100万円前後のようです。

シャッターゲートの価格とあわせると、外構のフルリフォームには250万円以上かかると考えた方がよさそうです。

シャッターゲートの種類

シャッターゲートの価格はそれぞれの製品・メーカーによって異なります。ここではシャッターゲートの製品の例をご紹介します。

LIXIL「シングルシャッターS」

シングルシャッターSは、LIXILが販売しているシャッターゲートです。車一台分の大きさのシャッターゲートですが、車2台分のワイドシャッターSという製品もあります。

シングルシャッターSの特徴は「外観デザインの美しさを際立たせる重厚なテクスチャー」です。家の外壁にあわせてコーディネートすることができ、シャッター部分も開放感のある外観を印象付けます。

YKKAP「タウンゲート2」

タウンゲート2はYKKAPから販売されている電動シャッターゲートです。こちらも車を置くスペースにあわせて、サイズを選ぶことができます。

シャッターの種類を選ぶことができ、シャッターの中が見えるオープン型と中が見えない目隠し型、上半分がオープン型、下半分が目隠し型になっているハイリンクシャッターの中から選ぶことができます。

三協アルミ「シャッターゲートパレオ」

シャッターゲートパレオは三協アルミが販売している電動シャッターゲートです。最大で4台分のゲートを設置することが可能です。

電動シャッターには光電センサーがついており、シャッターの下降中に障害物があった場合ただちに加工を停止します。小さいお子さんや車が挟まれる危険性を少なくします。

シャッターゲートの施工例

ここでは実際のシャッターゲートの施工例をご紹介します。


こちらはオープン型のシャッターゲートを導入した例です。一番右側によく使う車を置いておけば、そこのシャッターを開けるだけで車の出し入れが可能です。


こちらは目隠し型のシャッターゲートの施工例です。外壁とあわせてコーディネートされています。

こちらもオープン型のシャッターゲートの施工例です。外構をフルリフォームして、外壁や門柱にあわせたデザインで作られています。

外構のフルリフォームとシャッターゲートのみとでは価格は大きく変わってきますから、イメージをしっかり持って施工を考えたいですね。

シャッターゲートの確認申請について

建築基準法には、ある計画によりできるものが建築物に該当しないか確認する申請があり、これを確認申請とよびます。おもに小屋などを建てる際に必要になるものなのですが、シャッターゲートを含むエクステリアにも確認申請が必要になる場合があります。

業者に依頼して設置する場合は業者の方で、確認申請の有無や問題があるかないかを見てくれることが多いです。しかし個人でシャッターゲートを設置しようと考えている方の中には、この確認申請でトラブルが発生したということがあるようです。

違法建築とみなされる場合もあるため、不安な場合は業者に相談してみるとよいかもしれません。

まとめ

防犯性も高く、どこか高級感もあるシャッターゲート。あこがれという方も多いのではないでしょうか。シャッターゲートの価格相場は150~170万円ほどのようです。さらに外観にこだわりたい方は外構をフルリフォームしてみるのもよいかもしれません。こちらの相場は250万円ほどです。
設置の際には違法建築にならないか確認申請をしっかり行い、業者と相談しながら慎重に施工しましょう。

シャッター修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「シャッター修理」をご覧ください。

トラブルに迅速対応!
実績豊富なプロが施工します!
※対応エリアや加盟店によって変わります
手動や電動シャッターまで様々なシャッターの修理が可能です。シャッターから異音がする、シャッターが重いなど気になる事があればプロに相談しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
手動シャッターを電動にしたいなどの工事も承ります
シャッター修理 12,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-01 18:07:19
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_shutter/21341/
お庭
都心の住宅街でよく見かける駐車スペース前のシャッター。これはシャッターゲートというもので、高い防犯性とデザイン性をもっています。このシャッターゲートにあこがれている方もいらっしゃるかもしれませんが、その相場はいくらくらいなのでしょうか。今回はシャッターゲートの価格相場と施工例をご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 シャッター修理

シャッター修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

シャッター修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!