生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

大きくなりすぎた木の剪定は、剪定はさみの選び方がポイントだった!

投稿日:2016-09-27 更新日:2019-03-18

大きくなりすぎた木の剪定は、剪定はさみの選び方がポイントだった!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

自宅の庭木を剪定しようと、家にあるはさみで切ってみたもののうまく切れない。枝に傷がついてしまったという経験はありませんか?

剪定はさみと一言で言ってもその種類は実に様々で、用途に合っていないものを使うと植物やはさみ自体をも傷めてしまう可能性があります。

そこで、剪定はさみの種類やメンテナンス方法などについてご紹介します。

 

剪定はさみの種類にはどんなものがあるの?

剪定はさみとは、伸びすぎて不要になった枝や幹、根、葉の部分を切り取り、花木の形を整えるためのはさみです。庭木から盆栽、切り花などに幅広く使われています。園芸やガーデニングを趣味とする人が増えるにつれて、ホームセンターなどで購入できる剪定はさみの種類も増えてきました。

基本的には枝の高さや太さ、また地面からの高さ(作業をする場所)などを考慮して使い分けすることをおすすめします。

主に植木用・剪定用・刈り込み用・高枝切り用に分類されます。
植木用は片手で持つことができ、両刃がまっすぐな形状をしていることが特徴です。細い枝や生花のカットに使用されます。
剪定用は太めの枝を切るためのはさみで、左右の刃が切り刃と受け刃で形状が異なります。柄の部分にバネがはめ込まれているものが多く強い力が出ます。
刈り込み用は生け垣や庭木の枝や葉っぱの刈り込みに使用します。刃が長いので広範囲を刈り込む時に便利です。
高枝切り用は1.5~3mほどの長さの柄の手元にグリップが付いていて、柄の先端にはさみが付いています。高いところの枝を切ってつかむことができます。

カリンの実は剪定次第でたくさん実る!注意点とその方法も紹介

 

剪定の用途ごとに適したはさみとは?

園芸やガーデニングのシーンで必要となる剪定はさみは、剪定をする部位によって専用のはさみを使い分けると作業がとても楽になります。

「芽切りはさみ」は刃先が細くとがっているので手元の細かい作業に向いています。硬いものは切れませんが、柔らかい芽や茎などを切り取るのに適しています。
「摘花はさみ」も芽切りはさみ同様刃先が細長く細かい作業向きです。つぼみや花を間引いたり果物を収穫したりするシーンで使用されます。
「又枝切りばさみ」は別名こぶ切りばさみとも呼ばれ、剪定後に切り残したこぶをきれいに切り取るためのはさみです。刃先が丸い刃になっているタイプは、こぶを根本からえぐり取ることができます。
「幹割りはさみ」は主に大物の盆栽はさみとして太い枝や幹を割って曲げたり、小さい花や鉢植えの根を切ったりする場合に使用します。

頑固な根を切る場合には「根切りはさみ」が便利です。頑丈で分厚い刃で根に対して垂直に力を入れて切り取ります。刃渡りが長いものほど力が入りやすいので、太い根を切ることができます。

 

剪定はさみの手入れ方法は?

剪定はさみを使う頻度は人それぞれで異なりますが、基本的には毎回使用した後に手入れをすることでぐんと長持ちします。特に木の枝を切った後には刃にヤニが付着しますが、そのまま放っておくと刃の切れ味が落ちて刃が開いてくる原因にもなります。また、こまめな手入れをすることではさみが錆つきにくくなります。

手入れにはボロ布とホームセンターなどで売っている刃物クリーナーや潤滑油スプレーなどを用意します。刃物クリーナーを振りかけてボロ布でしっかりと磨いたら、別の乾いた布できれいに拭き取ります。刃やネジ部分に潤滑油スプレーを振って軽く布で馴染ませたら、外気に触れないよう布に包んで保管します。

拭き取りだけでは汚れが落ちないようなら砥石を使って磨きましょう。軽度の汚れはそのまま研いでもいいですが、ひどいものははさみを分解して接続部なども磨くことをおすすめします。定期的に磨くことで刃が新品のようになり切れ味が持続します。

剪定方法

 

はさみの使い分けで作業効率を上げる

上記のように剪定はさみにはたくさんの種類があります。剪定部分や用途によって使い分けることで、作業が楽に効率よく行えます。しかし、これら全てを揃える必要はなく、兼用で使用できるものも多くありますのでぜひ見比べてみてくださいね。自分では剪定が難しい盆栽や大きな庭木などは専門の業者に相談してみましょう。

まとめ

個人で大きくなりすぎた木を剪定するのにはさまざまな苦労や、労力が必要なこと。慣れていないと危険や上手に仕上がらないことがわかりました。

剪定業者を探す際に、どのような業者が良いのかわからないようであれば「生活110番」の「剪定 」でも検索できますので、ぜひ活用してみてください。

迅速・丁寧に受付対応!
庭木1本からお任せください!
※対応エリアや加盟店によって変わります
庭木が健康に成長するためにかかせないのが剪定です。剪定のプロがお庭や植木の状態を詳しくお調べし、プロの目から見て一番効率の良い最高の剪定方法をご提案します。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
お庭・樹園、どんな木でも対応。落ち葉、枝、雑草など剪定後の処理もいたします!
剪定 1本 2,890円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-03-18 16:37:59
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_prune/5565/
お庭
自宅の庭木を剪定しようと、家にあるはさみで切ってみたもののうまく切れない。枝に傷がついてしまったという経験はありませんか?剪定はさみと一言で言ってもその種類は実に様々で、用途に合っていないものを使うと植物やはさみ自体をも傷めてしまう可能性があります。そこで、剪定はさみの種類やメンテナンス方法などについてご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 剪定

剪定のお問い合わせ・ご相談はこちら

剪定についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!