生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

庭木のお手入れ方法!準備・手順・コツから注意点もご紹介します

更新日:2021-04-30

庭木のお手入れ方法!準備・手順・コツから注意点もご紹介します

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

とても難しい、庭木の手入れ。自分でやろうと思うととても大変ですよね。「庭木の手入れってどうやればいいのだろう?」「そもそも自分でできるの?」と思ったことはありませんか?今回は庭木の手入れについて順を追ってご紹介していきます。

庭木のお手入れはしないとどうなるの?

庭の管理はとても労力をともなうもので、時間的制約の多い現代人にはとても難しい問題だといえるでしょう。庭木をそのまま放置しておくと、どんなことが起きるのでしょうか?

庭木を放置しておくと、当然木は伸び放題になってしまうでしょう。伸びた庭木が害虫や野良猫、害鳥の住処になったり隣接住宅に2次被害が及ぶ可能性もあります。ですから、庭木の手入れをすることはとても重要なことなのです。
      庭木のお手入れはしないとどうなるの?

庭木の手入れ準備

庭木の手入れとはどのようなことを行うのでしょうか?この章では庭木の手入れの基本をご紹介いたします。

(1)剪定

・剪定とは
剪定とは、伸びすぎてしまった枝や多くなりすぎた枝を切ることです。この作業によって、木の健康を保つとともに、美しい樹形を保つことができるのです。

・人工樹形
人工樹形とは剪定を行うことにより樹木の形を人為的にコントロールすることをいいます。樹木にはそれぞれ異なった性質があり、それをふまえたうえで樹木に合った形を作ることが要求されています。

・剪定時期
剪定時期は樹木によって異なります。しかし基本的には常緑樹は春から初夏にかけて、落葉樹であれば葉の落ちた後の冬季に行うことが多いです。また、いつ花を咲かせたいか、通風状況を鑑みて剪定を行うことも大切です。

(2)施肥

施肥とはその名の通り、植物に肥料をやることです。健康な樹木を育てていくためにも定期的な施肥をすることが必要です。肥料の成分だけでなく、肥料をいつ与えるのかということも植物の生長に大きくかかわることなのです。

・お礼肥え
花が咲き終わったり果実を収穫し終わったりした際に、肥料を与えることです。即効性の肥料を用いることが多いです。

・寒肥
寒肥とは春先に芽が出やすくするために肥料を撒くことです。寒肥では、冬の休眠期に堆肥や油かす、骨粉などの緩効性の肥料を使うことが多いです。

・薬剤散布
害虫駆除のために薬剤を散布することも、ときには必要になってくるでしょう。薬剤を散布することにより、害虫を駆除するだけではなく殺菌することもできます。
      庭木の手入れ準備

庭木の手入れ手順

庭木の手入れには手順が存在します。

(1)水やり

植物の生育には、水を与えてやることは不可欠です。水やりは葉が焼けてしまう日中を避けて早朝や夕方に行うことが推奨されています。

(2)剪定

剪定とは、樹木への負担を最小限にするため、正しく枝を切ることです。剪定バサミで剪定を行う際には枝や芽のすぐ上で切るようにしましょう。

さらに、太い枝を切る際には一度に切るのではなく、一度ほかのところに切り込みを入れてから切るといいでしょう。

(3)除草

雑草は春から初夏にかけてが成長期です。雑草は樹木の成長を妨げる可能性があるので、大きくならないうちに引き抜いてしまいましょう。

庭木の手入れコツ

とても手のかかる庭木の手入れですが、なるべくなら楽にできたらうれしいですよね。この章では庭木の手入れのコツを紹介していきます。

庭木の手入れのコツとして、覚えておきたいのは「忌み枝」です。忌み枝とは、樹木の健康を守るうえで切り落とすべき枝のことです。これを取り除くことによって、より庭木の魅力を引き出だすことができるのです。

忌み枝には、徒長枝(とちょうし)、立ち枝(たちえだ)、平行枝(へいこうし)、逆さ枝などの種類があります。

徒長枝(とちょうし)とは、勢いが強い伸びすぎた枝のことで、立ち枝と呼ばれる、垂直にそびえたつ枝もあります。また、平行枝とは近い場所から同じ方向に伸びた枝のことです。

さらに逆さ枝とは、自然な枝の流れに逆らった枝のことで、美観を損ねるだけではなく、樹形に悪影響を及ぼす可能性があるため、剪定することがコツなのです。
      庭木の手入れコツ

庭木の手入れ注意点

庭木の手入れをする際、気をつけてほしいポイントがあるのです。それは安全の確保です。庭木の手入れの作業は、高所での作業を伴う場合も多く事故が起こらないように注意する必要があるでしょう。そのため、足場の確保を確実に行い、有毒植物に気をつけるようにしましょう。

おすすめ!普段からできる庭木のお手入れ方法

これまでは、庭師さんにやってもらう庭の手入れの方法についてご紹介してきました。じつは自分でも手軽にできる庭木の手入れの方法があるのです。いくつかのポイントをおさえて、楽しくお庭のお手入れをしましょう。

自分でできる剪定のしかた

自分で木の剪定を行う際は、いくつか抑えたいポイントがあります。

ひとつめは、木の根元はすっきりとさせるということです。根元にある細い枝をそのままに放置しておくと、養分がいらない枝に移ってしまい、成長の妨げとなる場合があるのです。

ふたつめは、全体のバランスを見ながら剪定を進めていくということです。剪定に慣れないうちは、目の前の細かい枝にこだわるあまり、全体像を見失うということがあります。どの枝を切れば美しい形になるのかということを考えながら剪定を進めていくとよいでしょう。

まとめ

いかかがでしたでしょうか?今回は、庭木の手入れについてご紹介してまいりました。庭木の手入れにはいろいろな注意点があるということがわかりましたね。この記事を読んで庭木の手入れついて興味をもっていただけたら幸いです。
もし、自分でやるのは難しいと感じたのであれば、庭師に一度依頼してみるのもひとつの手です。

剪定を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「剪定」をご覧ください。

迅速・丁寧に受付対応!
庭木1本からお任せください!
※対応エリアや加盟店によって変わります
庭木が健康に成長するためにかかせないのが剪定です。剪定のプロがお庭や植木の状態を詳しくお調べし、プロの目から見て一番効率の良い最高の剪定方法をご提案します。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
お庭・樹園、どんな木でも対応。落ち葉、枝、雑草など剪定後の処理もいたします!
剪定 1本 2,300円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

お庭 剪定

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!