生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

五葉松の盆栽の剪定!美しい樹形を保つためのお手入れ方法とは?

投稿日:2020-08-27 更新日:2020-08-27

五葉松の盆栽の剪定!美しい樹形を保つためのお手入れ方法とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

五葉松の美しい樹形を保つためには、忌み枝といわれる不要な枝を剪定しましょう。忌み枝があると、盆栽の骨格となる幹の見た目が悪くなるためです。

今回のコラムでは、五葉松の盆栽の剪定方法を解説します。ほかにも、針金かけや植え替えなど美観を保つお手入れ方法をご紹介していますので、ぜひご参照ください。

五葉松の盆栽の剪定方法とは?

五葉松を美しい盆栽にするための理想は、しっかりとした骨格の幹と短い葉のすがたにすることです。しかし、五葉松は小枝がよく成長するため、放置しておくと幹を隠してしまいます。

美しい樹形を保つためにも、不要な小枝は剪定をしましょう。剪定は樹液の移動が少ない秋におこないます。

また、枝を切り落とすだけではなく、芽や葉のお手入れも大切です。ここでは、五葉松の盆栽の剪定方法とあわせ芽摘みや芽切り、葉すかしの方法についてもご説明します。

正面を決める

まずは盆栽の顔となる、正面を決めます。正面にするとよいのは次のような場所です。

・幹にかくれずに、枝ぶりがよく見えている場所
・やや前傾気味に枝を伸ばしているように見える場所

忌み枝を剪定する

忌み枝を剪定する
つぎに、正面からみて見た目を損ねている枝を切り落とします。このような枝を「忌み枝」といい、ここではよく見られる忌み枝をご紹介します。

・車枝
車輪のスポークのように幹のまわりに何本もある枝を「車枝」といいます。そのままにしておくと、松の特徴である優美な骨格を隠してしまいます。

・わき枝
太い枝の付け根から生えている細かい枝を「わき枝」といいます。幹の骨格の印象がぼやけてしまいますので、わき枝も枝元から切り落としてください。

・前枝
五葉松を正面にしたときに、前に向かって伸びている忌み枝が「前枝」です。前枝があると、正面から見た幹の模様を隠してしまいます。

・逆さ枝
枝が途中から幹に向かって伸びている枝を「逆さ枝」といいます。縁起物の象徴である松は外側や上に伸びているほうが見た目がよいので、忌み枝とされているのです。

・交差枝
上下に交差している2本の枝を「交差枝」といいます。見た目が自然でないほうを剪定します。

・平行枝
「平行枝」とは、平行して伸びている上下2本の枝です。平行枝は見た目に変化がないように感じますので、通常は忌み枝として剪定します。

芽摘みや芽切り、葉すかしも大切

五葉松を美しい樹形にするには、剪定するだけではなく芽摘みや芽切り、葉すかしという作業も大切です。毎日の成長を観察しながらおこなってください。

・芽摘み
五葉松は1本の枝から複数の芽が出やすいため、葉が混み入らないように、剪定ばさみで新芽をカットする芽摘みをおこないます。新芽が出はじめる5月におこないましょう。3つ以上ある新芽のうち、勢いよく伸びる強い芽1つを切って弱くて小さな芽を残します。

・芽切り
芽切りは新芽の成長を止めるために、芽の軸の途中を剪定ばさみでカットする作業です。芽摘みが十分にできなかったときや、あえて芽を太く短いものにしたいときにおこないます。新芽が出はじめる4月ごろに、成長を見ながら芽切りしてください。

・葉すかし
葉すかしとは、風通しをよくするため葉を間引く作業です。葉が混み合って湿気がたまるのを防ぐためにおこないます。11月から3月の休眠期におこないましょう。

五葉松の葉はその名の通り、5本1束になっています。混み入っているときは枯れた葉や新しい葉などを束ごと剪定ばさみでカットして、最終的に半分の量にしましょう。ひとつの芽についた葉の束が、三角形に見えるときれいな姿になります。

美しい樹形を保つために!剪定とあわせておこなうお手入れ

五葉松を美しい盆栽の姿にするには、剪定や芽切りなどで枝葉を切り落とすだけではなく、あわせておこないたい方法がいくつかあります。ここでは、針金かけや植え替えの方法をご紹介しますので、あわせてお役立てください。

針金かけは休眠期に

針金かけとは、幹や枝に針金をぐるぐると巻きつけて樹形を作る作業です。枝を伸ばしたい方向に成長をうながします。また、全体的に同じ太さの枝にそろえたいときは、太い枝に針金をかけて成長を遅らせるなど、針金で調整をして枝の成長を平均化させます。

11月から3月の休眠期におこないます。この時期は樹液の移動が少ないので、針金がかかる負担をおさえられるためです。

・用意するもの
銅針金と針金切り、ヤットコです。銅針金は盆栽用としてホームセンターで購入できます。さまざまな太さの五葉松の枝が曲げられるように、数種類の太さの針金を用意します。盆栽用であれば、2mmから0.5mmの太さのものを3種類ほど用意すればよいでしょう。ヤットコは針金を曲げるために使います。

・針金かけの方法
1.針金をかけたい枝の約1.5倍の長さに、針金をカットします。
2.曲げたい角度まで枝を曲げて、針金をぐるぐると巻きつけて固定をします。ただし急角度にしたい枝は、1度におこなおうとせずに2~3年に分けてゆるく針金かけをしてください。誤って枝を折ってしまったり、針金が食い込んで枝に傷がついたりしてしまうためです。

大きく成長したら植え替えを

五葉松が大きく成長したときは、成長をスムーズにするためにもひと回り大きな鉢に植え替えましょう。目安は鉢の底から根が出ているときや、水やりをしても鉢の底から流れてこないときです。植え替えに適した時期は、本格的な成長期に入る前の春です。

また、植え替えは新しい根のスペースを作るために、古い根を切ることでもあります。株元にはもともとあった根の3分の1の量を残して、残りは剪定ばさみで切り落としてください。

日当たりのよい場所に置く

五葉松はもともと標高の高い場所に自生しているため、日光を好みます。盆栽も同様に日当たりのよい場所に置くようにしましょう。また、葉に湿気がたまりやすいので、風通しのよい場所においてください。

こんなときはどうする?困ったときの対処法

適切に剪定をおこなえば、五葉松は初心者の方でも比較的育てやすい盆栽です。しかし、思ったような枝ぶりにならずにお困りになることがあるかもしれません。

そこで、最後に盆栽の育て方でよくあるトラブルの対処方法をご紹介します。いつまでもきれいな樹形の五葉松にするためにも、ぜひ最後までご一読ください。

極端に葉がのびるときは芽切りを

極端に葉がのびるときは芽切りを
五葉松はもともと葉が短い松ですが、成長し過ぎて葉が伸びきってしまうことがまれにあります。このときは葉がある芽ごと芽切りをするとよいでしょう。

葉が伸びている状態を放置していると、五葉松全体の見た目が間延びした印象になります。これからも成長をするので、慎重になりすぎずにはさみを入れてください。

枝がくるくるとうねるときは針金かけ

枝にかかる成長の力がかたよると、くるくるとうねってしまいます。どのような樹形を目指すかによって違いますが、あまり曲がりくねっていると盆栽が窮屈な印象になります。不要な枝の場合は剪定をして切り落としましょう。

もし枝を残したいときは、好きな枝ぶりの形に針金かけをおこないます。一度の針金かけで戻そうとすると、枝に無理な力が加わってしまい傷をつけてしまうかもしれません。3年以上の長い期間をかけて、樹形を整えていきましょう。

樹液が出ているときは虫による被害かも

幹や枝から樹液(松ヤニ)が出ていて、さらに穴が開いている場合は、病害虫によるものかもしれません。まずは、カミキリムシなどの幼虫が入っていないか観察してみてください。

もし病害虫がいたときは針金でかき出して退治してください。さらに殺虫剤を注入してパテでふさぎ、樹液が出てこないようにします。樹木補修専用の注入タイプの殺虫剤やパテは、インターネット通販などで購入できます。

枯れてしまった枝は剪定を

枯れた葉や枝はすべて剪定をして切り落としてください。しかし、もし新芽まで枯れているときは、根腐れ、水が少ない、肥料のやりすぎのいずれかが原因です。

このように原因がいくつかあるときは、どう対処すべきかわからないときもあるでしょう。
枯れた原因がわからないとき、その他のトラブルでどう対処すればよいかわからないときは業者に相談をすることをおすすめします。数々の症例を見てきたプロであれば、的確な対処をしてもらえます。

まとめ

五葉松の盆栽の剪定方法を中心に、美しい樹形にするためのお手入れ方法をご紹介しました。まず大切なのは忌み枝という、見た目を損ねている枝を剪定することです。休眠期の秋におこなうと、五葉松にかかる剪定の負担を最小限におさえられます。

剪定のほかにも、五葉松の状態によっては芽摘みや芽切り、葉すかしなど成長期の手入れも欠かせません。毎日の成長に応じてこまめにおこないましょう。

五葉松は盆栽初心者には育てやすいものの、思うような枝ぶりにならなかったり、虫による被害などのトラブルがおきたりすることもあります。大事に育ててきた五葉松を守るためにも、早めに剪定などの対処をしましょう。

もしトラブルの原因がわからないときは、剪定のプロに見てもらってはいかがでしょうか。確かな目をもつ業者であれば、適切な処置を施してくれるでしょう。

優良な業者をお探しでしたら、弊社にお手伝いをさせてください。弊社には全国に加盟店がございますので、お住まい近くの優良な業者をご案内できます。ぜひお気軽にお問い合わせください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

迅速・丁寧に受付対応!
庭木1本からお任せください!
※対応エリアや加盟店によって変わります
庭木が健康に成長するためにかかせないのが剪定です。剪定のプロがお庭や植木の状態を詳しくお調べし、プロの目から見て一番効率の良い最高の剪定方法をご提案します。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
お庭・樹園、どんな木でも対応。落ち葉、枝、雑草など剪定後の処理もいたします!
剪定 1本 2,890円(税抜)~

この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-08-26 11:38:30
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_prune/206622/
お庭
五葉松の美しい樹形を保つためには、忌み枝といわれる不要な枝を剪定しましょう。忌み枝があると、盆栽の骨格となる幹の見た目が悪くなるためです。今回のコラムでは、五葉松の盆栽の剪定方法を解説します。ほかにも、針金かけや植え替えなど美観を保つお手入れ方法をご紹介していますので、ぜひご参照ください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 剪定

剪定のお問い合わせ・ご相談はこちら

剪定についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!