生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

剪定の仕方まとめ│最適な時期や基本的な庭木の剪定方法をご紹介

投稿日:2020-08-26 更新日:2020-08-26

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

剪定は、植物の不要な枝葉を切って見栄えを整えつつ、より成長を促すためにおこないます。しかし剪定は木の種類ごとに適した時期や方法があるため、むやみに枝葉を切っているだけでは枯らしてしまう原因となることもあるのです。

そのため、適切な時期や方法で剪定をおこなうようにしましょう。この記事では基本的な剪定の仕方にくわえて、どのような枝を切るべきかについてもお伝えしていきます。ご自宅の庭木を美しく整えて、健やかに育てていきましょう。

庭木の種類別の剪定時期

庭木は、種類によって剪定時期が異なります。まずは、落葉樹と常緑樹の剪定時期から見ていきましょう。

落葉樹

落葉樹はおもに、モミジ、ヒメシャラ、ハナミズキなどが庭木として人気です。落葉樹は、秋ごろから葉が赤や黄に変色して、冬になると枯れて葉を落とす樹木のことです。冬は休眠期に入るため、剪定に最適な時期なのです。

また、冬は葉が落ちて樹形が見やすいうえに、剪定しても樹液が出づらいといった利点もあります。しかし成長が早い庭木は、冬に剪定しておいても次第に枝が混みあってきます。そのため、成長期の4~8月ごろ以外なら、枝を間引くなど軽めの剪定ならおこなっても問題ないでしょう。

また、ハナミズキなどの花芽がつく木は花が咲いたあとに剪定するのが一般的ですが、種類によって剪定時期が異なるためご注意ください。

常緑樹

常緑樹で人気の庭木は、シマトネリコ、ソヨゴ、オリーブなどが挙げられます。常緑樹は、年中葉が青く、落葉樹と違って冬でも葉を落とすことがない樹木です。常緑樹の剪定時期は、春先の3月~4月ごろになります。

常緑樹は寒さを苦手とする種類が多いため、冬場に剪定するのはおすすめできません。遅くても秋ごろまでに、枝を軽く整えるぐらいにしておくのがよいでしょう。

庭木の剪定方法はおもに2つ

庭木の最適な剪定時期が来たら、剪定をおこないます。続いては剪定に必要な道具と基本的な剪定の仕方について解説していきます。

【用意するもの】
・剪定ばさみ
・園芸用ののこぎり
・癒合剤
・脚立
・手袋

枝葉を切るのに使う剪定ばさみのほかに、太い枝には片刃の園芸用のこぎりがあると便利です。癒合剤は太い枝を切ったときに切り口に塗っておくことで、病気の予防ができます。

手の届かないところの剪定をおこなう際には脚立があると便利ですが、足場が不安定となるため注意しつつ作業しましょう。手袋は、樹液や枝のトゲなどから手を守るために装着します。

【その1】透かし剪定

透かし剪定は、枝の量を減らす剪定方法です。不要な枝を付け根から切り落として、枝同士に隙間を作ります。枝が混みあっていたり多すぎたりすると、木の内側が湿気を帯びて害虫や病気の原因となるからです。枝の数を適度に調整することで風通しや日当たりをよくするだけでなく、余分な枝を間引くことで木全体に十分な栄養が行き届くようになります。

具体的にどのような枝を切ればよいかについては、後述の【どんな枝を剪定するべきか│不要枝について】にてお伝えしていきます。

【その2】切り戻し剪定

透かし剪定が枝の本数を減らすのに対し、切り戻し剪定は枝を約半分から3分の1ほどの位置で切って長さを短くする剪定方法です。全体的に切り戻し剪定をおこなうことで、庭木のボリュームを抑えることができます。

また花木の場合、花が咲いた枝をそのままにしておくと新芽が育たずに次に咲く花が小さくなってしまうのです。切り戻し剪定をした部分から、新しい芽が出てくることにも期待ができます。

庭木の種類によっては刈り込みもできる

刈り込みは、枝葉の伸び方を気にせずに外側から専用のバリカンなどを使って形を整える方法です。生垣を作るときに用いられています。また、トピアリーと呼ばれる特定のモチーフを模して刈り込みをおこなうこともあるのです。

刈り込みができる樹木は比較的丈夫なものが多く、針葉樹(コニファー)やイヌツゲ、レッドロビンなどが挙げられます。刈り込みをおこなう際は、あらかじめ樹形をイメージしたうえで、木の全体像を確認しながら作業すると失敗が少ないでしょう。

どんな枝を剪定するべきか│不要枝について

いざ剪定しようと思っても、どの枝を切ればよいか分かりづらいものです。剪定をおこなうときには、不要枝と呼ばれる枝を中心に切り落としていくのがよいでしょう。ここでは、不要枝にはどんなものがあるのかについてお伝えしていきます。

・徒長枝
ほかの枝と比較して、極端に上のほうに長く伸びている枝が徒長枝です。

・ひこばえ
ひこばえは、樹木の根元部分から生えてくる若い枝です。

・逆さ枝
本来外側に向かって生えるはずが、幹の方向に向かって生えてしまっている枝をさします。

・交差枝
枝同士が交差して重なっている枝のことです。

・下がり枝
下に向かって生えている枝です。

いずれの枝も、樹形や木全体の成長を阻害する原因となるため見つけたら切り落としておきましょう。

自分で剪定するのが不安な場合は業者がおすすめ

ここまで剪定方法を見てきて、「難しそう……」「大変そう……」など、などご自身でおこなうのに手間や不安を感じたら、業者に剪定を依頼してみるのもひとつの手です。

とくに背の高い庭木の剪定をご自身でおこなう場合、脚立のうえで作業する必要が出てきます。不安定な足場で慣れない剪定作業をおこなうと、転落のおそれがあり非常に危険です。また、剪定したあとの枝葉の処分もご自身でおこなわなければいけません。

いっぽう業者に依頼することで、適切な方法で樹形をキレイに整えてもらえます。さらに、枝葉の処分も同時におこなっているところがほとんどのため手間がかかりません。

また、業者は病気や害虫対策などもおこなっています。より健康的に庭木を育てたい方は、業者に相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

この記事では、基本的な剪定の仕方や時期についてお伝えしてきました。剪定をご自身でおこなうには、最適な時期におこなうことがもっとも重要です。また、どの枝を切るべきか、きちんと知っておかないと庭木を弱らせてしまう原因にもなるのです。

剪定が難しそうだと感じたら、ぜひ弊社にご連絡ください。弊社は、剪定に対応した業者をお電話にて紹介しています。現地での見積りに対応している業者もいますので、お気軽にご相談お待ちしております。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

迅速・丁寧に受付対応!
庭木1本からお任せください!
※対応エリアや加盟店によって変わります
庭木が健康に成長するためにかかせないのが剪定です。剪定のプロがお庭や植木の状態を詳しくお調べし、プロの目から見て一番効率の良い最高の剪定方法をご提案します。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
お庭・樹園、どんな木でも対応。落ち葉、枝、雑草など剪定後の処理もいたします!
剪定 1本 2,890円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-08-25 11:09:31
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_prune/206527/
お庭
剪定は、植物の不要な枝葉を切って見栄えを整えつつ、より成長を促すためにおこないます。しかし剪定は木の種類ごとに適した時期や方法があるため、むやみに枝葉を切っているだけでは枯らしてしまう原因となることもあるのです。そのため、適切な時期や方法で剪定をおこなうようにしましょう。この記事では基本的な剪定の仕方にくわえて、どのような枝を切るべきかについてもお伝えしていきます。ご自宅の庭木を美しく整えて、健や...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 剪定

剪定のお問い合わせ・ご相談はこちら

剪定についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!