生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

樹木の剪定には時期があります。正しい知識で樹木を元気にしよう!

投稿日:2017-11-15 更新日:2018-11-15

剪定の時期は秋から冬の季節がいい?木の種類ごとに剪定時期をご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

樹木の不要な枝を切り、形を整えたりすることを「剪定」(せんてい)といいます。きちんと剪定を行わないと、樹木が病気や害虫におそわれ、最悪の場合枯れてしまうかもしれません。しかし、何も知らずに枝を切ってしまうと、それが原因で樹木を枯らしてしまうおそれもあります。

特に剪定は樹木ごとに適した時期があり、正しい時期ではないと樹木が弱ってしまいます。そこで今回は樹木を剪定する時期についてご紹介します。是非ともご覧になって、自身のお庭にある樹木の剪定に役立ててください。

剪定をする意味とは

庭にある樹木の剪定をする目的は以下のとおりです。

・外観を整える
・花や果実を大きくする
・害虫の予防
・負担の軽減

剪定を行わない場合、枝葉が成長をしすぎてしまい、光が届きづらくなることで成長を阻害してしまうことや、栄養が足りなくなってしまうことが考えられます。また、害虫が大量発生してしまい、樹木を全滅させてしまうかもしれません。樹木を守るためにも剪定は必要な行為なのです。

しかし、剪定には時期があり、その時期以外に枝を切ると樹木を枯らしてしまうかもしれません。

      剪定が必要な理由

適した剪定時期は木の種類によって違います!

樹木の剪定には時期があり、その時期は樹木の種類によってさまざまです。

針葉樹

針葉樹は寒さに強い種類が多く、冬でも剪定をすることができます。しかし、新芽が育つ前の3月から4月に剪定をしたほうが、バランスのいい枝葉に成長させやすいため、3月から4月ごろに剪定をすることをおすすめします。

広葉樹

広葉樹は、常に葉がしげる常緑広葉樹と呼ばれる種類と、葉を全て落として休眠する落葉広葉樹と呼ばれる種類にわかれます。当然剪定に適した時期も変わるため、注意が必要です。

常緑広葉樹

常緑広葉樹は寒さに弱いため、11~2月ごろに剪定をすることは必ず避けてください。3月下旬から4月下旬の新芽が出る前や新葉が落ち着く5月下旬から6月が剪定時期としておすすめです。

落葉広葉樹

落葉広葉樹は、寒い時期に葉を全て落として休眠します。そのため休眠をしている12月~2月に剪定を行うことが基本となるでしょう。4月、5月、7月、8月は活動が活発で傷をつけてしまうと樹液が流れ出てダメージを受けてしまうため剪定は厳禁です。

花木

花を咲かせる樹木は、花を咲かせた直後が剪定時期となります。種類によって花が咲く時期が異なるため、事前に調べておく必要があるでしょう。

ほとんどの樹木は、真夏に剪定をすることは厳禁です。

剪定時期を守らないと…

ほとんどの樹木は、真夏に枝葉を勢いよく伸ばしてしげった姿を見せるため、そのときに剪定を行なおうと考える人がいるかもしれません。しかし、剪定をその時期に行うと、樹木は弱ってしまいます。弱ってしまう理由は多々ありますが、一番大きな理由が「樹木が枝葉をしげらすために栄養をほとんど使っている」からです。

樹木は真夏の強い日差しをたくさん浴びることで栄養を蓄えようとします。そのために春までに蓄えていた多くの栄養を使っています。そのため、このタイミングで剪定をされると、十分な栄養を蓄えることができません。また強い日差しを幹に直接浴びてしまい、日焼けを起こし衰弱してしまうことも考えられます。

以上のことから真夏に樹木の剪定を行うことは厳禁であるといえます。前述した時期以外の剪定は樹木を弱めてしまうため、おすすめはできません。しかし「隣の家まで枝が侵入をしそうになっている」などといった理由のため、剪定を行わなければいけないケースも存在するでしょう

      木の種類別の選定時期
      

正しい剪定時期じゃなくても剪定をしたいときは

どうしても剪定時期ではないときに、剪定を行わなければならないケースが出てくる場合があります。ほんの少し切るだけならば、樹木にそこまでの負担がかからないため、できると思われます。しかし、強めの剪定を行う場合は、ある程度樹木に対する知識が無ければ難しいでしょう。

そのようなときは自分の力ではなく、剪定をお任せできるプロの力を頼ってみてはいかがでしょうか?樹木をケアする方法や、より良い剪定の仕方などを教えてくれるかもしれませんよ。樹木を枯らしてしまうかもしれないと不安に思ったのならば、一度ご相談をしてみてください。

まとめ

樹木には剪定に適した時期があり、その時期以外は基本的にほんの少しだけ枝を切るくらいにとどめておく必要があります。どうしても大規模な剪定を適していない時期に行う必要がある場合は、剪定のプロへ依頼することをおすすめします。プロならではの豊富な知識で、剪定の時期から外れていてもしっかりとサポートしてくれることだと思います。

剪定を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「剪定」をご覧ください。

(この記事は2018年3月21日に加筆・修正しています)

迅速・丁寧に受付対応!
庭木1本からお任せください!
※対応エリアや加盟店によって変わります
庭木が健康に成長するためにかかせないのが剪定です。剪定のプロがお庭や植木の状態を詳しくお調べし、プロの目から見て一番効率の良い最高の剪定方法をご提案します。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
お庭・樹園、どんな木でも対応。落ち葉、枝、雑草など剪定後の処理もいたします!
剪定 1本 2,890円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-15 16:15:13
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_prune/18323/
お庭
樹木の不要な枝を切り、形を整えたりすることを「剪定」(せんてい)といいます。きちんと剪定を行わないと、樹木が病気や害虫におそわれ、最悪の場合枯れてしまうかもしれません。しかし、何も知らずに枝を切ってしまうと、それが原因で樹木を枯らしてしまうおそれもあります。特に剪定は樹木ごとに適した時期があり、正しい時期ではないと樹木が弱ってしまいます。そこで今回は樹木を剪定する時期についてご紹介します。是非とも...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 剪定

剪定のお問い合わせ・ご相談はこちら

剪定についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!