生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

時期は?どう手入れする?どこに頼む?知っておきたい庭木剪定の基本

投稿日:2019-11-01 更新日:2019-11-01

時期は?どう手入れする?どこに頼む?知っておきたい庭木剪定の基本

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

庭木は剪定などのお手入れをしないと、形が崩れて美観を損ねてしまいます。剪定は庭木に応じた適切な時期におこなうことが大切です。適切な時期でないと、庭木が枯れてしまうなど剪定の効果がなくなってしまうかもしれません。

そこで、このコラムでは庭木を剪定する時期や方法をご紹介します。自分で剪定をするのは大変という方は、プロに依頼することもできます。その際、どこに依頼したらよいかについてもご紹介しているので、参考にしてみてください。

庭木の剪定に適した時期はいつ?

庭木の種類や目的によって、剪定をおこなうタイミングが違います。ここでは、一例として4つにわけてご紹介します。

花や実を楽しむ庭木の場合

前回咲いた花や実が終わったら、翌年に花や実を咲かせるための剪定をおこないます。翌年の花芽が確定した後や新芽が芽吹く前に剪定するのがよいでしょう。芽を切り落とすと、花や実が付かなくなってしまうので、適切に剪定する必要があります。

葉を落とす庭木の場合

葉を落とす庭木は、基本的に休眠する冬が適しています。春から秋にかけて花が咲く種類が多いです。新芽を切りすぎないように注意してください。こちらも芽を切ってしまうと実が
付かなくなってしまいます。

そのほかの庭木の場合

そのほかの木は、基本的に生長する前の夏前に剪定するのがよいです。暑い夏の時期は避けるようにしましょう。暑い時期の剪定は木がダメージを受けやすくなり、生長しにくくなるといわれています。

時期は?どう手入れする?どこに頼む?知っておきたい庭木剪定の基本

木の高さを調整する「切り戻し」は冬から春先の時期に!

切り戻し剪定をおこなう際は、冬から春ごろにかけておこないましょう。切り戻し剪定とは、必要のない枝を切ることによって、樹形を整えたり生長を促したりする方法です。また、咲き終えた花にも養分をとられてしまうため、花が咲き終えた時期の剪定もおすすめします。

切り戻し剪定をおこなうと、形を整えるだけでなく風通しや日当たりがよくなり、庭木が育ちやすくなります。

庭木はどう手入れする?剪定の基本

庭木のお手入れに剪定は欠かせません。ここでは、切るべき枝など剪定の基本について紹介します。

まずは道具を揃えよう

最初に道具を用意しましょう。剪定に必要な道具は以下のとおりです。

・剪定ばさみ
・剪定ノコギリ
・脚立
・長袖長ズボンなどの作業着
・手袋
・掃除道具
・癒合剤

剪定ばさみや剪定ノコギリはホームセンターやネット通販などで販売されています。使いやすそうなものを選びましょう。剪定すると枝などでけがをするかもしれないので、長袖長ズボンの服装で作業することをおすすめします。

また、切った葉や枝などは処分しなければなりません。その際、ほうきやちりとり、ゴミ袋があるとよいでしょう。癒合剤とは切り口を保護するための薬剤で、剪定して弱くなった枝を保護してくれる役割があります。

時期は?どう手入れする?どこに頼む?知っておきたい庭木剪定の基本

剪定の基本1:見た目が悪くなる枝を取り除く

剪定の基本は不要な枝を切り落とすことです。不要な枝を切り落とすことによって、育てたい枝に栄養を届けやすくなります。切るべき枝は以下のとおりです。

交差枝
交差している枝を切ります。両方切り落とす必要はありませんが、片方を切って見た目がよくないのであれば、両方切ってしまってもよいでしょう。

徒長枝
徒長枝とは、伸びすぎてしまっている枝をいいます。伸びすぎてしまっている枝は、見た目がよくないので、根元から10㎝~30㎝くらいの位置で切りましょう。

平行枝
平行に伸びる枝も切ったほうがよいです。平行枝は1本だけ残して切るようにしましょう。

ヒコバエ
ヒコバエとは地中や根本から生えている枝です。見た目がよくないだけでなく、ほかの枝の生長を妨げているので、切ってしまいましょう。

剪定の基本2:枝の密度を小さくする

剪定は形を整えるだけでなく、枝の密度を小さくします。密度を小さくすることで、枝と枝の間にすき間ができて、風通しや日当たりがよくなり、庭木の生長を促します。

また、風通しや日当たりをよくすることは、病気にかかりにくくなり、害虫が寄りつかなくなることも期待できるでしょう。

剪定の基本3:その木にあった木の形を意識

庭木の種類ごとに剪定方法は違うので、種類に適した剪定をおこなう必要があります。木の形を意識しながら、剪定しましょう。木の種類に合わせて、芽の数や枝の数を調整するようにしてください。

庭木の剪定はどこに依頼できるの?料金目安とともに確認!

自分で剪定するのが大変な場合は業者などに依頼することをおすすめします。剪定の手間を省けるだけでなく、庭木にあった剪定をしてくれるでしょう。ここでは、剪定の依頼先を3つ紹介します。

依頼先その1:造園・剪定業者

1つめは造園・剪定業者です。剪定を主な仕事をしているので、知識や技術があります。庭木に合った剪定をおこなってくれるでしょう。

費用は木の高さや、作業員1人当たりの時給などによって決めている業者が多いようです。時給は5,000円前後が目安です。そのほか、出張費、処分費などもかかります。専門性が高い分、費用は高くなってしまうでしょう。

時期は?どう手入れする?どこに頼む?知っておきたい庭木剪定の基本

依頼先その2:便利屋

2つめは便利屋です。幅広い仕事をしているので、剪定の経験や知識がない場合があるかもしれません。しかし、さまざまな仕事を引き受けてくれるので、剪定以外に掃除や不用品回収なども、同時に依頼することができるでしょう。作業費は1時間当たり3000円前後が目安です。こちらもほかに、出張費や処分費などかかります。

依頼先その3:シルバー人材センター

3つめはシルバー人材センターです。定年退職した方の活躍を促進するために事業をおこなっている団体です。業者や便利屋と比較して費用は安くなりますが、樹高が高い場合、依頼できないことがあります。費用は1日10,000円前後が目安のようです。

剪定以外に確認したい庭木の手入れ

庭木には剪定以外にもお手入れが必要です。ここでは、庭木の剪定以外のお手入れについてご紹介します。

実を付ける庭木の場合

実を付ける庭木は、実の数を調整することが大切です。実をつけすぎると、養分がうまく行き渡らず、質のよい実が付かなくなってしまうこともあります。

そのような場合は、摘蕾(てきらい)をおこないましょう。摘蕾とは必要のないつぼみを摘み取ることです。数を調整することで、ほかのつぼみの生長を促進させます。

折れやすい庭木の場合

折れやすい庭木は支柱を使って支えます。細い枝は強風などで折れてしまうおそれがあるため、強風対策が必要です。

まずは、庭木をひもで結んで固定します。ひもの端を庭木と建物などに結ぶと倒れにくいでしょう。その後に、支柱を設置します。支柱を地面の奥までななめに差し込んで、庭木と交差するところをひもで結びます。支柱は1本よりも3本くらいのほうが安定するでしょう。

時期は?どう手入れする?どこに頼む?知っておきたい庭木剪定の基本

害虫が付きやすい庭木の場合

庭木には、害虫がよく付いてしまいます。害虫が付くことによって、庭木にダメージを与えてしまいます。美観を損なうだけでなく、変色してそのままにしておくと枯れることもあるのです。

庭木にはアブラムシなどがつきやすいといわれます。アブラムシの排泄物がすす病の原因となります。すす病になってしまうと、葉などが黒くなって、光合成を阻害してしまうのです。害虫対策として薬剤を使用するのがよいでしょう。

まとめ

今回は庭木の剪定について紹介しました。庭木の種類によって剪定方法や時期は変わります。育てたい庭木の特徴をよく理解して剪定する必要があるのです。

剪定の基本は、不要な枝を切ることです。長く伸びてしまっている枝や交差している枝などを中心に切りましょう。また、剪定する際は、形を整えることも考えて剪定します。枝の密度が小さくなるように形を整えることによって、風通しや日当たりをよくして、庭木の生長を促すことができます。

庭木の剪定は自分ですることもできますが、自分で剪定するのは大変という場合は作業を依頼するのがよいでしょう。依頼先には剪定業者や便利屋、シルバー人材センターなどがあります。どこに依頼するか悩んでいるという方は、ぜひ生活110番をご利用ください。庭木に適した剪定をおこなう業者を紹介します。

迅速・丁寧に受付対応!
庭木1本からお任せください!
※対応エリアや加盟店によって変わります
庭木が健康に成長するためにかかせないのが剪定です。剪定のプロがお庭や植木の状態を詳しくお調べし、プロの目から見て一番効率の良い最高の剪定方法をご提案します。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
お庭・樹園、どんな木でも対応。落ち葉、枝、雑草など剪定後の処理もいたします!
剪定 1本 2,890円(税抜)~


この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-11-01 17:53:02
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_prune/173642/
お庭
庭木は剪定などのお手入れをしないと、形が崩れて美観を損ねてしまいます。剪定は庭木に応じた適切な時期におこなうことが大切です。適切な時期でないと、庭木が枯れてしまうなど剪定の効果がなくなってしまうかもしれません。そこで、このコラムでは庭木を剪定する時期や方法をご紹介します。自分で剪定をするのは大変という方は、プロに依頼することもできます。その際、どこに依頼したらよいかについてもご紹介しているので、参...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 剪定

剪定のお問い合わせ・ご相談はこちら

剪定についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!