生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

チャボヒバ剪定の時期から注意点まで紹介!キレイなかたちを維持しよう!

投稿日:2019-04-19 更新日:2019-09-10

生活・チャボヒバ剪定の時期から注意点まで紹介!キレイなかたちを維持しよう!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

チャボヒバは、日本らしい庭づくりにおいて、景観をより高めてくれる植木のひとつとして知られている樹木です。日本らしい庭先において、玉ちらしなどの手入れ方法により、美しく剪定されたチャボヒバは見る人の心をとても豊かにしてくれます。

チャボヒバを庭木として育てていくときには、とくに外観の印象をよい状態で保つことが大きなポイントになります。そのためチャボヒバは剪定などの手入れが、ほかの樹木よりもとても大きな役割を占めているのです。

チャボヒバは、適切な剪定の手入れがおこなわれていないと、せっかくの樹木が庭先になじまないこともあります。きちんと手入れがされていないと、庭の景観をさげてしまうため、非常にもったいないですよね。この記事ではチャボヒバの剪定や時期について解説していきます。

チャボヒバを剪定する時期

チャボヒバの手入れで最も大切なのは剪定です。チャボヒバは成長が遅いため、一度整えればそう頻繁に剪定することはありませんが、最低年に1回はおこなうとよいでしょう。チャボヒバを剪定する時期は、初夏6月~7月にかけてとくにおすすめです。ほかにも11月、12月の時期も不要な枝を切るなど、かるい剪定で手入れするのも有効です。

チャボヒバの剪定は、まず最初に樹木の内側の枯れ木や枯れ葉を、除去してきます。つぎに樹形を整えるために外観の表面を切っていきましょう。チャボヒバは、一般的に樹形を整える手入れ的な剪定がメインでおこなわれています。葉や枝の部分に日当たりや風通しが良くなるように、整えることを意識しておこなうとよいでしょう。

チャボヒバは枝部分のみを残して大きく切った場合など、次の新しい枝や葉が生えてきにくいという性質があります。そのため葉や枝を切りすぎると、樹木が再生しにくくなるので、外観も整いにくくなるでしょう。さらに樹木の健康な成長をも損ねてしまうおそれもでてきます。
そのため剪定では、刈り込む強い剪定をおこなわないこともポイントです。

チャボヒバを剪定する時期

チャボヒバを玉ちらしに仕立てる剪定方法

チャボヒバの剪定方法に「玉ちらし」という方法があります。玉ちらしによって手入れの行き届いたチャボヒバの状態はとても美しく、見事に日本らしく庭先の外観をあげてくれるでしょう。

枝ごとに葉が、丸みを帯びた状態で保たれて、手入れされた剪定方法です。チャボヒバの外観をよくするだけではなく、枝ごとの風通しや葉の日当たりまでよりよくできる特徴をもっています。

玉ちらしをおこなうには、まず枝ごとの葉の状態を丸くまとめるイメージで切り整えていってください。チャボヒバはすでについている、緑色の芽から新芽が出るので、切り込みすぎないように注意しましょう。剪定をすすめる手順として、まず見てわかる、枯れ枝など古びた不要な枝葉を切っていくのがおすすめです。

そして玉状態の下側の枝も切りそろえていき、最終的には球状態を半球のかたちに整えていきましょう。その後、玉ちらしをおこなったあとに定期的に手入れをしていくのが理想的です。

玉ちらしは古くなるほど、玉状態の枝がどんどん大きくなっていく傾向があります。手入れのコツは、大きくなりだした玉を、小さくおさめるイメージでまとまるように整えていくとよいでしょう。それぞれの玉状態となった枝の内側は、古くなった枯れ枝や葉が混み入り、密集している状態になっていることが考えられます。

古い枝が密集している状態では、風通しや日当たりも悪くなるので不要な部分を切って整える必要があるでしょう。ほかにも玉ちらしの剪定方法は、玉の状態を外側と内側で調整して樹形を整えるため、とても技術のいる剪定方法としても知られているのです。

玉散らし剪定により、手入れされたチャボヒバは、庭先の景観をより豪華にしてくれます。そのため、庭先にチャボヒバを植えるなら、玉ちらし剪定で整えるのもおすすめです。

チャボヒバを円筒形に仕立てる剪定方法

チャボヒバの剪定では、円筒形のかたちで手入れして整える剪定方法があります。基本的に、剪定をするときの大まかなポイントは玉ちらしの場合と大きく変わりありません。大きな違いは、円筒形に剪定する場合には、樹木全体で手入れを考えられる点があげられるでしょう。

玉ちらしの場合は、それぞれの枝ごとに玉状態の手入れが必要になってきます。円筒形に整える場合には、まず大きく整えることがポイントです。表面の葉に日当たりもバランスよく当たるように樹面を整えていって目立って、飛び出ている部分の枝からを剪定してください。

内側の枝で、枯れ枝が混み入っている部分も透くように切って、すっきりとさせていくのがおすすめです。そのままにしておくと、玉ちらしのときと同じように、樹木の内側の風通しが悪くなることも考えられるからです。そのため、樹木内側の風通しも考えながら、樹木全体をひとつとしてとらえて、樹面を整えていくのがよいでしょう。

チャボヒバを剪定するときの注意点

樹木を剪定するときには、それぞれ樹木の種類によって注意する点がことなります。それぞれの樹木に適した剪定をおこなわなければ、結果としてその樹木を枯らしてしまうことも考えられるでしょう。チャボヒバの場合も例外ではありません。

チャボヒバの剪定は基本的に、樹木を大幅に切ることはなく手入れとして整えることを主体とした剪定がメインとなります。おもにチャボヒバの種類は、切りすぎて葉を落としてしまうと、新しい枝や芽が生えてこなくなる性質をもっています。

そのため強い剪定をおこなって葉を落としすぎると、枝の再生がおこなえず、最終的には樹木全体を枯らす原因をつくってしまうので気をつけてください。またチャボヒバは成長も遅いため、樹木に傷がついた場合など回復にも時間がかかります。

剪定や手入れで切りすぎたときも再生に時間がかかることを覚えておくとよいでしょう。チャボヒバの剪定は、手入れを中心とした剪定がメインですが、樹木の表面の葉を日当たりを考えて切りそろえるなど、細かい技術が必要とされることが多いのが実情です。

チャボヒバの樹形を整える「玉ちらし」や「円筒形」の剪定方法は、いずれも大まかにおこなえる剪定方法ではないでしょう。とくに「玉ちらし」などはきれいに整った形を保ちたいとお考えなら、とても高い技術が必要になってきます。

そのためチャボヒバをきれいに剪定したい場合には、業者に剪定を依頼するのがおすすめです。業者におまかせすれば、枝を切りすぎて樹木を無駄に傷めることも減り、きれいな樹形を保つことができるでしょう。

まとめ

チャボヒバは日本らしい庭先の樹木として知られています。整えられたチャボヒバは「玉ちらし」などの美しい剪定方法で庭先を飾ってくれています。チャボヒバを庭木で植えるには、とくに外観の印象をよい状態で保つことが大きなポイントになるでしょう。

そのためチャボヒバには剪定などの手入れが、かかせない要素となっています。チャボヒバの剪定はおもに手入れとして、整える剪定がメインとなります。日当たりや風通しも考えて切っていく必要があるでしょう。

チャボヒバは枝を葉をすべて切ってしまった場合、新しい枝や葉が生えてきにくいという性質をもっているため、注意して剪定をすすめる必要もあります。それにチャボヒバは成長が遅いため、切り損ねた場合は回復にも時間がかかるという側面をもち合わせています。

チャボヒバを剪定するには、樹木の日当たりまで考えて、切ることが必要とされることがあります。とくに「玉ちらし」などの剪定方法は、細かい技術が必要になり、美しく玉のかたちを保ちつづけるには、さらに高い技術がかかってきます。

チャボヒバの樹木を剪定して、「玉ちらし」のかたちを美しく保ちたいとお考えなら業者に剪定を依頼するのがおすすめです。枝を切りすぎて樹木を傷めることなく、樹形をきれいにしておくことができるでしょう。

迅速・丁寧に受付対応!
庭木1本からお任せください!
※対応エリアや加盟店によって変わります
庭木が健康に成長するためにかかせないのが剪定です。剪定のプロがお庭や植木の状態を詳しくお調べし、プロの目から見て一番効率の良い最高の剪定方法をご提案します。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
お庭・樹園、どんな木でも対応。落ち葉、枝、雑草など剪定後の処理もいたします!
剪定 1本 2,890円(税抜)~
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:4.3

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-09-10 17:08:12
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_prune/138208/
お庭
チャボヒバは、日本らしい庭づくりにおいて、景観をより高めてくれる植木のひとつとして知られている樹木です。日本らしい庭先において、玉ちらしなどの手入れ方法により、美しく剪定されたチャボヒバは見る人の心をとても豊かにしてくれます。チャボヒバを庭木として育てていくときには、とくに外観の印象をよい状態で保つことが大きなポイントになります。そのためチャボヒバは剪定などの手入れが、ほかの樹木よりもとても大きな...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 剪定

剪定のお問い合わせ・ご相談はこちら

剪定についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!