生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒイラギを剪定する時期や方法を紹介!基本の育て方もおさらいしよう

投稿日:2019-03-08 更新日:2019-03-08

ヒイラギを剪定する時期や方法を紹介!基本の育て方もおさらいしよう

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。


相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

樹木が成長するとき必ずしも思った形に伸びてくれるわけではありません。ヒイラギもおなじように、そのままでは望まない形に伸びていってしまうことがあります。そういったときは、剪定をしてきれいに整えましょう。

今回はヒイラギの剪定をする時期や方法、育て方などをまとめました。ご家庭のヒイラギのお手入れの際は、ぜひ参考にしてください。

ヒイラギの剪定っていつ・どうやるの?

ヒイラギは、枝の伸び方や大きさにこだわりがなければ、あまり細かく剪定しなくてもよい樹木です。とはいえ、害虫の発生を防ぐためにも、ある程度は剪定していきたいかたが多いのではないでしょうか。

ヒイラギの剪定に適した時期は年に2回あります。まずは梅雨~夏の前半ごろまでです。そして秋~冬の入り頃にもう1度剪定に適した時期がやってきます。そのなかでもとくに、梅雨~夏の前半ごろまでの時期に大きく剪定することが多いです。しかし、葉を切り落としすぎてしまうとヒイラギが枯れてしまうので注意しましょう。

剪定の際は、基本的には枯れ枝や、密集して生えている枝を切っていきます。また、剪定した切り口の近くから、太くて真上へとよく伸びる徒長枝とよばれる枝が生えることが多いです。この徒長枝には成長の栄養が集まってしまい、花芽の成長を阻害してしまうのです。

しかし、徒長枝は根元から切ってしまうと、またおなじような枝が生えてきやすいといわれています。そのため、根本から20センチ前後残して剪定していくとよいでしょう。

ヒイラギの剪定で気を付けたいこと

ヒイラギは、形にこだわりがなければ、慎重に切る枝を選ぶ必要のない樹木です。多少切りすぎても新芽が生えてくるので、切り込み方としては多少は大雑把でも構いません。しかし、注意点があります。

ヒイラギの剪定をするときは、葉が皮膚にあたることに注意してください。ヒイラギの葉は非常に固く、とがったトゲがあります。生垣として植えられることがあるのも、このトゲによって侵入者を寄せ付けないためといわれているほどです。

自分でヒイラギを剪定すると、葉で切り傷や刺し傷を作ってしまうこともあります。ヒイラギを剪定する際は、素手でおこなわず必ずゴム手袋を付けてください。手や腕が覆われる分、葉が皮膚に刺さりにくくなります。その上で、覆われていない部分にもケガをしないように注意しましょう。

ヒイラギの剪定のあと、葉がついた枝を捨てるような際にも気を付けたほうがよいです。ご自身で剪定するのが難しいときは、ケガをしてしまうまえにプロに頼ると確実です。無理をせずに業者に依頼するとよいでしょう。

ヒイラギの育て方をおさらいしよう!

ヒイラギの種は秋ごろに植えましょう。栄養豊富な土に植えます。植えた苗などで育てている間、肥料は与える必要がありません。水は、土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えます。ヒイラギは寒さと乾燥が苦手な樹木なので、その点には注意して育てましょう。日当たりは半日陰程度でよいといわれています。

挿し木に適した時期は、梅雨の終わり~夏の前半ごろです。はがきの短辺か長辺くらいの長さに若い枝を切り、しばらく水に付けてから鉢に挿します。あとは種を植えるときとおなじように、栄養のある土で水をたっぷり与えて育てます。

どちらの場合も、地面に移す際は、十分大きくなってからにしましょう。暖かい春が望ましく、また、秋ごろも適しているといわれています。そして、肥料もたっぷりと与えます。水はけがよく、乾いてもいない地面に植えるとよいでしょう。

成長し、しっかり地面に根づいたヒイラギは手がかかりません。栄養のない土でなければ肥料もいらない上に、水もわざわざ与えなくても枝を伸ばしていきます。大きくなったヒイラギは剪定してきれいにしましょう。

ヒイラギを剪定する時期や方法を紹介!基本の育て方もおさらいしよう

ヒイラギを育てるときは害虫の知識も必要です

せっかくヒイラギを育てても、害虫の被害にあってしまうと見た目も悪くなりますし、病気にもなってしまいます。ヒイラギの剪定方法と一緒に、害虫についても知識を得ておきましょう。ここでは代表的な2種類の害虫について説明します。殺虫剤や家庭にあるものでも駆除することができる害虫ですので、しっかり対策をしましょう。

ヘリグロテントウノミハムシ

黒に赤い点がふたつ浮かんだシンプルな模様が特徴のヘリグロテントウノミハムシは、益虫であるテントウムシにそっくりです。しかし、葉を食べて枯らしてしまう立派な害虫です。ヘリグロテントウノミハムシの方がアカボシテントウよりわずかに小さく、触れるとノミのように跳ねていくため、大きさを見たり触れたりすることで見分けが付きます。

ヘリグロテントウノミムシは、幼虫だけでなく成虫になっても葉に害をもたらすため、しっかり駆除する必要があります。木から落ちていることも多い害虫なので、殺虫剤を木やその周りにまいて確実に被害を防ぎましょう。

カイガラムシ

ワラジムシのような形で粉を被ったものや、雪のとけ残りを固めたような色形のものがいます。カイガラムシは排泄物により樹木を病気にしたり、汁を吸って成長を邪魔したりします。

カイガラムシによって引き起こされる病気には、葉が黒くなるすす病があります。葉にすすが掛かったように黒くなっていたら、もしかしたらカイガラムシによるすす病かもしれません。

このカイガラムシは殻やロウ物質に覆われてしまうと殺虫剤が効きにくくなる害虫です。早めに殺虫剤で駆除したり、ヒイラギの枝の剪定をする際に枝ごと切ったりしましょう。殻などに覆われてしまった際は、少し固めのブラシなどで擦って駆除することもできます。また、枝が密集することで増える害虫なので、風通しよく剪定すれば付きにくくなります。

まとめ

ヒイラギの剪定に適した時期は、梅雨~初夏と秋~冬の入り頃の2回です。切り込み方は多少大雑把で構わないのですが、葉を切り落としすぎないように気を付けましょう。また、ヒイラギの剪定をする際は、とがった葉でケガをしないよう、ゴム手袋をした上で充分に注意しておこないましょう。

とはいえ、切る予定ではなかった枝を切ってしまったり、切り落とした枝の処理をするとき葉が刺さったりすることも考えられます。ご自身で剪定するのは難しいと感じてしまったかたもいるのではないでしょうか。そういったときは、業者に依頼することをおすすめします。

剪定を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「剪定」をご覧ください。

迅速・丁寧に受付対応!
庭木1本からお任せください!
※対応エリアや加盟店によって変わります
庭木が健康に成長するためにかかせないのが剪定です。剪定のプロがお庭や植木の状態を詳しくお調べし、プロの目から見て一番効率の良い最高の剪定方法をご提案します。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
お庭・樹園、どんな木でも対応。落ち葉、枝、雑草など剪定後の処理もいたします!
剪定 1本 2,890円(税抜)~


相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-03-08 11:53:22
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_prune/134504/
お庭
樹木が成長するとき必ずしも思った形に伸びてくれるわけではありません。ヒイラギもおなじように、そのままでは望まない形に伸びていってしまうことがあります。そういったときは、剪定をしてきれいに整えましょう。今回はヒイラギの剪定をする時期や方法、育て方などをまとめました。ご家庭のヒイラギのお手入れの際は、ぜひ参考にしてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 剪定

剪定のお問い合わせ・ご相談はこちら

剪定についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!