生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

草刈りのコツは根を残すこと!雑草を効果的に駆除する方法を紹介

投稿日:2019-09-10 更新日:2019-09-18

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

庭のお手入れのひとつに、草刈りがあります。ただ、「草刈りが面倒で放置してしまい、伸び放題になっている……」という方もいらっしゃるでしょう。

そんなとき、草刈り道具をうまく使うことで、効率的に草を刈ることができます。また、自分での草刈りが大変なときには、業者に依頼するという選択肢もあります。

この記事では、草刈りのときにあると便利な道具・草刈りのコツ・業者を選ぶときのポイントについてご紹介していきます。庭に生い茂る雑草にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

草刈りのときにあると便利な道具

まずは草刈りのときにあると便利な道具についてご紹介します。できるだけ効率的に草を刈るためにも、以下の内容を参考にして状況に合わせたものを選んでください。

鎌は柄の先端に刃がついた草刈り道具で、さまざまな種類があります。ここでは、その中でもおすすめの鎌の種類を、以下にまとめました。

三日月鎌

刃がカーブ状になっている鎌です。鎌がカーブになっていることで、草を捕えることができ、効率的に草を刈ることができます。

鋸鎌(のこぎりかま)

三日月鎌と形状は似ているが、刃がギザギザしている鎌です。ノコギリのように手前に引くことで、太い草でも刈ることができます。

小鎌

サイズが小さく、刃先が10cm程度の鎌で、小さい分小回りが利きやすく扱いやすいです。

このほかにもおすすめしたい鎌として、ねじり鎌があります。ねじり鎌については、後ほどご説明します。

三角ホー

三角ホーは、刃の形状が三角になっていて、刃先についた長い柄を持って草を刈る道具です。そんな三角ホーは、立ったまま草刈りをおこなうことができます。草刈り道具にはしゃがんで草を刈るタイプが多いため、長時間作業をおこなう場合は疲れてしまいますよね。その点、立って草を刈る三角ホーなら、疲れにくいのです。

ちなみに、三角ホーは伸縮式のタイプもあるので、自分の身長に合わせて使いやすい長さにすることができます。そんな疲れにくい三角ホーは、細かい作業よりも、作業範囲全体をおおまかに刈るときにおすすめです。

草抜きフォーク

草抜きフォークとは、フォークのように刃先が割れている草刈り道具です。刃先を根元に差し込み、そのまま持ちあげることで草を刈ります。そんな草抜きフォークは、葉が放射状に広がっている雑草を根こそぎ取り除くのに向いています。

ねじり鎌

鎌の中でも刃先が曲がっている鎌で、雑草を土ごと削り取るように刈るので根まで取り除くことが可能です。

また、刃先と地面が接する面が多いので、安定させた状態で抜くことができます。そのため、力をかけずに草を刈ることが可能です。

草刈り機

「雑草が生えている範囲が広すぎて草刈りが大変……」というときには、草刈り機を使うのがおすすめです。草刈り機を使えば力を入れることなく草を刈ることができるので、疲れにくいのです。

ちなみに、草刈り機は動力によって手動式・電動式・充電式・エンジン式に分けられます。手動式は草刈り機を手で押して動かすタイプです。草刈りスピードはほかのものに劣りますが、コンセントがない場所でも使うことが可能です。また駆動音がないため、住宅街で電動式の草刈り機を使用するのに抵抗がある方にもおすすめです。

電動式は電力で動くタイプで、コンセントに挿して使います。手動式よりも力が必要なく、より効率的に草を刈ることができますが、近くにコンセントが必要となります。

充電式は充電をおこなって動くタイプです。1回あたり使える時間は限られますが、あらかじめ充電をしておけばコンセントがない場所でも草刈りをおこなうことができます。

エンジン式は、燃料で動くタイプです。パワーがあり、広い場所での草刈りに向いています。ただし、音が大きく迷惑となるおそれがあるので、家が密集する場所での使用は避けたほうがよいでしょう。

ここまで、草刈りのときにあると便利な道具についてご紹介してきました。このような道具をうまく使えば、自分でも効率的に草を刈ることができます。以下からは、より効率的に草を刈るために、草刈りのコツについてお伝えします。

根を残して草刈りをしよう!コツとその理由

「雑草は根まで取り除かなきゃ……」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、じつは草刈りをおこなうときには根を残したほうがよい場合もあります。ここでは、根を残して草刈りをするコツや理由についてご紹介します。

草刈りのコツ

草刈りをおこなうときは、根を残して「根元より下」を刈りましょう。根元より下を刈る理由は、雑草の生長点が関係しています。

生長点とは、植物が成長するための組織のことで、これを取り除くと植物は枯れてしまいます。つまり、雑草を枯らすためには、生長点を取り除けばよいのです。

生長点は根元より下を刈ることで取り除くことが可能です。そのため、草刈りをおこなうときは根元より下を刈ることを意識してください。

根を残したほうがいい理由

「そもそもなぜ根を残したほうがよいの?」と思う方も多いでしょう。根を残したほうがよいのは、土が硬くなることを防ぐためです。

通常、雑草の根が土を掘っていくことで、柔らかい状態に保っています。しかし、雑草を根から抜くことで土が硬くなります。その結果、生える雑草が変わってくるのです。

柔らかい土に生える植物は、根の張りが弱いので、比較的駆除がしやすいです。しかし、硬い土に生える植物は根の張りが強いので、駆除しにくくなるのです。そのため、雑草を刈るときは根まで残したほうがよいのです。

ただし、雑草の中には根から抜いたほうがよいものもあります。そこで、次からは、根から抜いたほうがよい雑草についてご説明します。

根から抜いたほうがいい雑草

草刈りのときに根から抜いたほうがよい雑草には、2種類あります。ひとつ目は、地下茎で増える雑草です。地下茎とは、地中にある茎のことです。地下茎で増える植物には、スギナやチガヤ、ヨモギ、ドクダミなどがあります。これらの雑草は、地下茎を取り除かないと再び生えてくるおそれがあるので、根まで抜くことが重要なのです。

また、球根で増える雑草も根から抜いたほうがよいです。球根で増える雑草にはカタバミなどがあります。これらの雑草も球根を取り除かないと再び生えてくるおそれがあるので、スコップなどを使って取り除きましょう。

草刈りをするタイミング

草刈りは6月~7月、9月~10月、11月~12月の年3回おこなうとよいでしょう。6月~7月は雑草が最も成長しやすい時期ですが、雑草が伸び切った後に草を刈るのは大変です。そのため、雑草が成長して伸び切る前に刈っておきましょう。

また、雑草の生長が止まる9月~10月におこなうことで、草のダメージが大きくなります。そのため、より草刈りの効果を得ることができるでしょう。

11月~12月は雑草が休眠期に入っていて、枯れ草の状態になっています。枯れ草を取り除いておくことで、庭の景観を保つことができます。

ここまで記事を読んで、「自分で草刈りをおこなうのは大変そう……」と思った方もいらっしゃるかもしれません。そういった方は、草刈り業者に依頼することをおすすめします。そこで、以下からは草刈り業者についてお伝えしていきます。

草刈り業者を選ぶときのポイント

草刈り業者に依頼することで、手間をかけずに雑草の駆除をおこなってもらうことができます。また、業者によっては雑草対策をおこなってくれるところもあります。草刈りに加えて雑草対策も依頼すれば、再び雑草が生えてくる心配もいりません。

しかし、「草刈り業者が多すぎてどこに頼めばよいかわからない」という方もいらっしゃるでしょう。草刈り業者選びに悩んだときには、以下の点をチェックしてみることをおすすめします。

実績が多いか

まずは、実績を確認してみてください。実績が多い業者は、それだけ多くの人に選ばれているということなので、信頼できるといえるでしょう。また、実績が多い分、多くの経験を積んでいて草刈りにも慣れているので、迅速さも期待できます。実績は業者のホームページに記載されていることが多いので、確認してみてください。

見積りが無料か

業者に依頼する際、とくに気になるのが費用ですよね。草刈り費用は、業者から見積りを取って知ることができます。

このとき、見積り無料の業者に依頼すれば、費用を気にせずにより多くの業者から費用を知ることができ、自分に合った業者が見つけやすくなるのです。そのため、業者を選ぶときは見積りが無料かどうかも確かめておきましょう。

追加料金がかからないか

草刈り業者によっては、見積り後から追加料金が発生するところもあります。その場合、作業後に高額な費用を請求されてしまうおそれもあるのです。「こんなに費用がかかるとは思わなかった……」と後悔しないためにも、あらかじめ見積り額から追加料金がかからない業者を選びましょう。

相談しやすいか

スタッフへの相談のしやすさも重要な判断基準です。とくに初めて依頼する業者では、サービス内容や費用についてわからないことや不安なことも多いでしょう。そのようなときに相談しやすく、丁寧に説明してくれる業者なら、納得した状態で任せることができます。

見積りを依頼したときに訪れたスタッフに疑問点や不安な点を聞いてみて、相談がしやすいかを判断するのがよいでしょう。

まとめ

草刈り道具にはさまざまなものがあります。それぞれの特徴を比較し、お庭の状態に合わせて選んでください。

また、草刈りをおこなう際は、「根を残しておくか」が重要です。地下茎や球根で増える植物は根まで取り除いたほうがよいですが、それ以外の雑草は土が固まって根の張りが強い雑草が生えてくるのを防ぐため、根を残しておいたほうがよいでしょう。

また、自分で草刈りをするのが大変なときには、草刈り業者に依頼するのも手段のひとつです。業者を選ぶときは、「実績が多いか」「見積もりが無料か」「相談しやすいか」について確認して、自分に合った業者を選んでください。

面倒な草刈りはプロに!
草刈り・芝刈り 最短 即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
草むしりは面倒だし時間がない…そういって草刈りをしないでいるとどんどん草木が生長し作業が大変になってしまいます。面倒な作業はプロにお任せください。丁寧かつスピーディーな対応で安心です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
草刈り・芝刈り・草むしり・防草対策、草刈りのことはなんでもお任せください。
草刈り 1坪 600円(税抜)~


この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-09-18 09:52:22
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_mowing/163177/
お庭
庭のお手入れのひとつに、草刈りがあります。ただ、「草刈りが面倒で放置してしまい、伸び放題になっている……」という方もいらっしゃるでしょう。そんなとき、草刈り道具をうまく使うことで、効率的に草を刈ることができます。また、自分での草刈りが大変なときには、業者に依頼するという選択肢もあります。この記事では、草刈りのときにあると便利な道具・草刈りのコツ・業者を選ぶときのポイントについてご紹介していきます。庭...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 草刈り

草刈りのお問い合わせ・ご相談はこちら

草刈りについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!