生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

草刈りの料金を知ろう!費用を抑える方法やアフターケアも紹介

投稿日:2019-09-06 更新日:2019-09-12

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

自宅の庭や所有している空き地などは手入れをせず放置しておくと、雑草だらけになってしまいます。勢いよく伸びている雑草を見ると、どこから手をつけてよいのかわからなくなってしまいますよね。また、自分で草刈りをするのは面倒に感じる方は多いかもしれません。

業者に依頼すれば、面倒な草刈りも手間なくおこなうことができ、雑草が生えないようにアフターケアまで施してくれるようです。しかし、料金がわからないのは不安要素でもあります。そこでこの記事では、業者依頼したときの草刈りの料金についてご紹介します。費用を抑える方法も知っておけば、お得に草刈りしてもらうことができるでしょう。

草刈りの料金の相場を紹介!

草刈りの料金は、作業する人の人件費や現場に行き来する出張費、草刈りに使う道具などの費用、草刈り機を使用した場合の重機費用などが組み込まれています。また、多くの業者は草刈りをする面積によって料金を設定しており、草刈りの料金相場は1平方メートルあたり140~500円程度です。

草刈りの料金の相場を紹介!

面積でなく、時間や草刈りの際にでた雑草の量などで料金が設定されている業者もあるので、事前にホームページなどで確認しておくとよいでしょう。そのほかにも、刈った雑草の処分料金や使用する薬剤によっても費用が異なるため、見積りを取ると正確な料金や作業内容を知ることができます。

正確な料金や作業内容を知りたい方は、現地調査を依頼して見積りを出してもらいましょう。生活110番では、現地調査や見積りを無料で承っております。見積り後のキャンセルも可能なので気軽に利用してみてください。

草刈りの費用を抑える方法

業者に依頼するにしても、なるべく草刈りの料金を抑えたいと思う方は多いでしょう。草刈り後の処分方法や草刈りする場所によっては、費用を安く抑えることは可能なのです。以下に、草刈りの費用を抑える3つの方法について見てきましょう。

草刈り後のゴミは家庭ごみとして廃棄

草刈りを業者に依頼すると、作業料金のほかに刈った草の処分料金がかかってきます。草刈りした場所が広く、刈った草が山積みになっている場合は業者にお願いして処分してもらったほうが手間も省けます。しかし、自分でも処分できるようであれば、燃えるゴミとして指定の曜日に出せば、費用を削減することができるでしょう。

自分で草刈りをしてみる

業者に依頼するのをやめて、自分で草刈りをするというのもひとつの方法です。労力と時間を要しますが狭い範囲であれば自分でおこなうことも可能であり、費用も抑えることができます。

しかし、広い範囲にわたる自分での草刈りは、さまざまなリスクが伴います。たとえば、日差しが強く暑い中で作業すれば、熱中症を引き起こしたり草むらに潜む蜂などに刺されたりする危険性もあるのです。

また、手作業での草刈りは中腰でおこなうことも多いため、長時間の作業で腰を痛めてしまうおそれもあるでしょう。自分でおこなうのであれば、このようなリスクも考えたうえで無理のない作業を心がけましょう。

空き地などは市が援助してくれることも

自治体によっては空き地の草刈りに対して草刈り機を貸してくれたり、草刈り業者を紹介してくれたりといった援助をおこなってくれることがあります。所有していても放置されがちな空き地は、雑草だらけになってしまうことも少なくありません。

空き地が雑草だらけになってしまうと、見た目も悪くなり害虫が住みつきやすい場所になってしまうのです。また、ぐんぐん伸びる雑草が隣の家に侵入して、ご近所トラブルになるおそれもあります。

このようなことを防止するために、多くの自治体で援助をおこなっています。草刈り機の購入を考えていた方も、自治体の制度を利用すれば安く済ませることができるでしょう。

草刈りの必要性と効率のよい草刈り方法

草刈りは料金がかかりますが、庭や空き地をきれいに見せる以外にもさまざまな効果があります。ここでは、草刈りの必要性についてご紹介します。草刈りがなぜ必要かわかれば、草刈りしなくてはと感じる方も多いかもしれません。効率的に草刈りできる方法も一緒に見てきましょう。
草刈りの費用を抑える方法

草刈りが必要な理由

草刈りは生活環境をよくするためにも、必要な作業です。雑草をそのままにしておくと、見た目自体も悪くなり、歩くのも一苦労です。しかし、害虫や害獣にとっては、住みやすい環境になっていきます。そのため、家の周りで害虫や害獣をよく見かけるようになるのです。とくに害獣は糞や尿をそこら中にするため、悪臭の原因にもなるでしょう。また、害獣が増えることで感染症にかかってしまうこともあるようです。

さらに、生い茂った雑草は犯罪者にとっても好都合です。雑草は身を隠しながら侵入するにはもってこいで、人の目を気にすることなく犯罪をおこなうことができます。このように雑草が放置された場所は、犯罪に巻き込まれるリスクも高まるのです。

自分で草刈りをする方法やコツ

草刈りを自分でおこなう前に、必要なものを準備しておきましょう。草刈りに必要な道具は以下の通りです。

【草刈りに必要な準備物】
・草刈り機、鎌
・熊手、レーキ
・ほうき、ちりとり、ゴミ袋
・軍手
・台車

草刈りは、雑草の成長する前の初夏、成長がゆるやかになる秋、枯れ始める冬の3回おこなうことで、景観をきれいに保つことができます。ここでは、鎌を使った草刈りのコツについて説明していきます。

草刈りをおこなうときは刈りたい雑草の上部をもって固定し、茎から根に切り替わっている根の上部を鎌で手前に引くように刈り取ります。根の始まりから刈り取ることによって、イネ科雑草などの成長点を残すことなく除草することができます。

成長点とは、茎や葉が育つ部分で残しておくとすぐに雑草が伸びてしまうのです。そのため、成長点より下を刈り取ることで雑草が再生しないようにしておきます。球根で育つ雑草や地下茎で育つものは、根を残すと再発してしまうので、引き抜くようにしましょう。

全部根こそぎ取り除くのは大変ですが、雑草の種類によって根元より下を刈り込むものと根から引き抜くものとわければ、多少作業が楽になるはずです。草刈り機を使ってもっと楽に作業したい方は、「草刈機も使い方は奥が深い!性能を生かすための使い方と保管方法」を参考にしてみてください。

自分で手に負えないときは業者に依頼しよう

自分で草刈りするには広すぎて大変、なかなか草刈りする時間が取れないといった方は、業者依頼がおすすめです。草刈りの料金はかかりますが、作業の手間や時間などを省くことができます。また、炎天下の中で作業しなくても済むため、体調を崩す心配もないでしょう。

業者依頼する際は、まず業者に連絡して現地調査をおこなってもらうことから始まります。現地調査では、庭の面積や状況などを業者が実際確認して、正確な見積りを出してくれる調査です。

見積りで料金や作業内容などに納得いくようなら契約という流れになります。契約後は、依頼者の都合に合わせて作業日程を決め、予定日に作業をおこないます。作業終了後に支払いをするといった流れになるようです。

業者に依頼するにしても、どんな業者を選んだらよいのかわからない方が多いでしょう。業者を選ぶ際には、3つのポイントがあります。

まずは、草刈りの実績がある業者を選ぶということです。草刈りの実績が多い業者であれば、作業にも慣れており効率的におこなってくれるでしょう。ホームページなどを確認して、事前に確認してみてください。

次に、業者の担当者と直接連絡を取り合えるのも業者選びのポイントです。実際連絡を取り合えれば、草刈りの相談などをしやすくなり信頼関係もうまれるため、安心してまかせることができるでしょう。

最後に、見積りの料金や作業内容が明確であることも重要です。しかし、1社に絞って依頼してしまうと見積りの内容が一般的なものなのか判断しづらいといえるでしょう。そのため、見積りを取る際は1社に絞らず、複数の業者に依頼して見積りを取り、比較するようにしてください。

料金だけでなく、作業内容までしっかり確認しておくと、作業後の失敗などを防ぐことができます。生活110番では、複数の業者に無料で現地調査をおこなってもらい、見積りを取ることができます。

見積り後のキャンセルもできるため、じっくり考えて業者を選んでいただくことができます。24時間365日電話受付いたしておりますので、気軽にご連絡ください。

草刈り後はアフターケアが大切

せっかく草刈りに料金を支払ってきれいにした庭や空き地などは、長くきれいな状態を保っておきたいものです。そのためには、雑草が生えないように予防しておく必要があります。2つの予防方法を紹介するので、ぜひ試してみてください。

除草剤の散布

草刈りしてきれいになった庭ですが、地表はきれいに除草できても根が残っている雑草があります。先ほど述べた通り、成長点の下を刈り取れば枯れてしまう雑草もありますが、根が残っていると再生してしまうものもあります。
草刈り後はアフターケアが大切
せっかく草刈りしてもらったのに、すぐ雑草が生えてしまうということをなくすためにも、根までしっかり枯らしてくれる除草剤を散布しておくと安心です。また、除草剤には地表にある葉や茎を枯らしてくれる茎葉処理型と雑草が生えないように予防してくれる土壌処理型があります。

草刈り後は、土壌処理型の除草剤をまいて再び雑草が生えてこないように対策しておきましょう。ただし、自宅や近隣の家に小さな子どもやペットがいる場合は配慮が必要です。気になる方は、人体に優しいタイプのものを選ぶようにしましょう。

防草シートの設置

防草シートも、雑草対策にはとても効果的です。防草シートを草刈り後の庭や空き地に敷いておくことで、雑草が光合成できなくなり成長を妨げてくれます。しかも人体に害のないものなので、どんな家庭でも安心して敷くことができます。

しかし、防草シートを敷いただけになってしまうと、あまり見た目がよくありません。せっかく防草シートを敷くのであれば、上に砂利や芝生などを敷いておしゃれな雰囲気にしてみるのがおすすめです。

まとめ

草刈りの料金相場は、1平方メートルあたり140~500円ほどです。この料金設定は、面積や時間、使用する薬剤、刈り取った雑草の量など業者によって異なるため、事前に業者の料金体系を確認しておくとよいでしょう。

草刈りを業者依頼すれば費用はかかりますが、自分で刈った雑草を処分したりすれば費用を抑えることは可能です。コスト削減のために自分で草刈りをするといった手もありますが、広い場所の草刈りは体力や時間を使ってしまうでしょう。

自分でやるのは大変、時間がないという方は業者に依頼して草刈りしてもらうのがおすすめです。草刈り後は除草剤や防草シートなどでしっかり予防して、再び雑草が生えないように予防しておきましょう。

面倒な草刈りはプロに!
草刈り・芝刈り 最短 即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
草むしりは面倒だし時間がない…そういって草刈りをしないでいるとどんどん草木が生長し作業が大変になってしまいます。面倒な作業はプロにお任せください。丁寧かつスピーディーな対応で安心です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
草刈り・芝刈り・草むしり・防草対策、草刈りのことはなんでもお任せください。
草刈り 1坪 600円(税抜)~


この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-09-12 17:40:04
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_mowing/162416/
お庭
自宅の庭や所有している空き地などは手入れをせず放置しておくと、雑草だらけになってしまいます。勢いよく伸びている雑草を見ると、どこから手をつけてよいのかわからなくなってしまいますよね。また、自分で草刈りをするのは面倒に感じる方は多いかもしれません。業者に依頼すれば、面倒な草刈りも手間なくおこなうことができ、雑草が生えないようにアフターケアまで施してくれるようです。しかし、料金がわからないのは不安要素...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 草刈り

草刈りのお問い合わせ・ご相談はこちら

草刈りについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!