生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

最初は誰だって草刈機初心者!選ぶポイントや使用時の注意点を紹介

投稿日:2019-08-28 更新日:2019-08-28

最初は誰だって草刈機初心者!選ぶポイントや使用時の注意点を紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

草刈りを楽におこなうためのアイテムといえば、草刈機ですよね。しかし、草刈機にはさまざまな種類があって、「どれを選んだらよいかわからない」という方も多いでしょう。

そこでこの記事では、草刈機の初心者向けの選び方をご紹介していきます。ほかにも、草刈りをおこなうときの服装や準備、安全のために気をつけることについてもご説明します。

草刈機を使ったことがない初心者の方でも理解していただける内容となっているので、ご家庭の雑草を楽に除去するためにも、ぜひ参考にしてみてください。

草刈機を選ぶポイント

まずは、草刈機を初心者が選ぶときのポイントについてご紹介していきます。自分に合った草刈機を選ぶためにも、以下の内容を理解しましょう。

草刈機を選ぶ際に確認してほしいポイントとして、「動力」「ハンドルの形状」「刃のタイプ」があります。この3つのポイントについてひとつずつご説明します。

動力

まずは「動力」について見ていきましょう。草刈機は動力によって、エンジン式と電動式に分けられます。エンジン式は燃料で、電動式は電力で草を刈っていきます。

エンジン式はパワーがあり、長時間稼働させることができるので、広い範囲の草刈りをおこないたいときに向いています。ただし、エンジンをかけると大きな音が出るので、エンジン式は音を気にしなくてもよい場所での草刈りにおすすめです。

一方、電動式はエンジン式ほどパワーがありませんが、作業中の音が小さいため家が密集している場所でも使うことができます。また、エンジン式に比べると軽く、扱いやすいのが特徴です。

広い範囲での草刈りをおこなうようでなければ、初心者の方は電動式を使うとよいでしょう。

ハンドルの形状

草刈機の動力を選んだら、「ハンドルの形状」を選びましょう。ハンドルの形状には、両手ハンドル・ループハンドル・ツーグリップハンドルといった種類があります。

両手ハンドルは、U字のハンドルを握って作業するタイプで、安定して作業をおこなうことができます。ただし、同じ体勢で草刈りをおこなうことになるので、長時間使用すると疲れやすいです。また、水平の作業には向いていますが、傾斜のある場所では扱いにくいというデメリットもあります。

傾斜のある場所で草刈りをおこないたい方は、ループハンドルを使用するのがおすすめです。ループハンドルとは、輪っかの持ち手が付いたタイプです。ループハンドルは輪っかがあることで、安定して持つことができます。また、縦方向にも容易に動かすことができ、傾斜のある場所でも扱うことが可能です。

また、ループハンドルは輪っかの部分だけではなく、棒を直接持って作業をおこなうこともできるので、作業中の体勢を変えることができます。そのため、両手ハンドルに比べて疲れを感じにくいです。

ツーグリップハンドルは、ハンドルがなく、刃につながっている棒を直接持って作業をおこないます。ツーグリップタイプは細かい作業には向いていますが、水平な場所での作業には適しません。また、作業中はずっと同じ場所を持つので、身体的な負担も大きいです。

そのため、ツーグリップハンドルは初心者が使うには難しいので、両手ハンドルかループハンドルで作業をおこなうことをおすすめします。

刃のタイプ

動力やハンドルの形状を決めたら、最後に「刃のタイプ」を見ていきましょう。刃のタイプは、金属刃・樹脂カッター・ナイロンカッターに分けられます。

金属刃は刈り取る力が最も強く、硬い草でも切ることが可能です。ただし、金属の刃を用いているので、素肌に当たるとケガをするおそれがあります。

そのため、草刈機を初心者が選ぶときには、樹脂カッターを使うとよいでしょう。樹脂カッターは樹脂でできている刃なので、鋭利な金属刃に比べると、当たったときの被害が小さいのです。

また、ナイロンカッターは、ナイロンのヒモをすばやく回転させることで草をカットする仕組みになっています。刃を持たないため、素肌が切れてケガをするリスクを抑えることができるのです。

金属刃・プラスチック刃と比べて安全性が高く、やわらかい草ならカットすることができます。ただ、硬い草の場合はカットが難しいので、硬い草を刈る際はほかのものを選ぶとよいでしょう。

最初は誰だって草刈機初心者!選ぶポイントや使用時の注意点を紹介

草刈りをするときは服装にも気をつけよう

草刈りをおこなう際、草刈機の初心者の方には、服装まで気を配らない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ケガをするリスクを減らすために、服装に気を配ることは重要なのです。

ここからは、草刈りをおこなうときの服装についてご紹介していきます。もし、お持ちでないものがあれば、草刈機とあわせて揃えておきましょう。

草刈りをおこなうときの服装は、長袖・長ズボン・長靴・手袋を着用してできるだけ素肌を見せないことが重要です。日焼けや虫刺されを防ぐほか、万が一草刈機の刃が素肌に当たってもケガをするリスクを減らすことができます。

また、草を刈っているときに小石が勢いよく飛び、顔に当たるおそれがあるので、マスクやゴーグルをつけて顔を守りましょう。さらに、熱中症を防止するためにも、帽子も忘れずに着用してください。

最初は誰だって草刈機初心者!選ぶポイントや使用時の注意点を紹介

草刈機を使う前に!事前に周囲の環境を整えよう

草刈機を使う前には、安全に作業をおこなうために準備をおこなってください。とくに草刈機の初心者は、作業に慣れていないためにケガをしまうかもしれません。そのため、準備は念入りにおこないましょう。

具体的には、草刈りをおこなう環境にある異物を取り除いておいてください。なぜなら、小石や空き缶などの異物を残しておくと、草刈機の刃に当たって顔や体に飛んでくるおそれがあるからです。そうなると、最悪の場合失明する危険もあります。

できるだけ安全におこなうためにも、ケガをするリスクのある異物は取り除いておきましょう。

このほか、草刈機の説明書をよく読んでおいてください。草刈機は刃を使うので、使い方を間違えるとケガをするおそれがあります。そのため、しっかりと説明書を読み、正しい草刈り方法を理解しましょう。

最初は誰だって草刈機初心者!選ぶポイントや使用時の注意点を紹介

草刈機を安全に使うために気をつけること

草刈機を安全に使用するためには、使用中もいくつかの点に注意しなければなりません。ここでは、草刈機を安全に使用するために注意しておきたいポイントをご紹介します。

まず、作業中は周囲の人から離れることです。周囲に人がいる状態で作業をおこなうと、誤って周囲にいる人に草刈機の刃が当たってしまい、ケガをさせてしまうおそれがあるからです。周囲からだいたい15メートル以上は離れて作業をおこなうようにしましょう。

また、キックバックを防ぐことも大切です。草刈り機でいうキックバックとは、機械が硬いものに当たったときに跳ね返される現象です。キックバックが起こると、勢いよく跳ね飛ばされて転倒したり、跳ね返った刃が身体に当たって大けがをしたりするおそれがあり、大変危険です。

そのため、キックバックを防ぐためにも、周囲にあるものをできるだけどけておき、どうしてもどかすことができないものは当たらないように注意しましょう。

このほか、足場を確認しながら作業をおこなうことも重要です。とくに傾斜のある場所では、足元が滑りやすく転倒してしまうおそれがあります。転倒すると、草刈機の刃が素肌に当たってケガをする危険もあるので、1歩ずつ確認しながらおこないましょう。

草刈りをおこなう際は、これらのことに注意して作業をおこないましょう。そして、万が一、草刈機の使用中に「足に草が絡まった」「刃が割れた気がする」といったようにトラブルが起きたり、おかしいなと思ったりしたらまずは草刈機を止めてください。

中には、「大丈夫だろう」と思って草刈りを続ける方もいらっしゃるかもしれませんが、異常な状態で草刈りを続けるとケガのもとになります。できるだけ安全におこなうためにも、異常を感じたらまずは草刈機を止めましょう。

ここまで、使用時に気をつけることについてご説明しました。ここまで記事を読んで、草刈機の初心者の中には、「自分で草刈機を使ってケガをするのが怖い」という方もいらっしゃるでしょう。

そういった方は、草刈り業者に雑草の駆除を依頼したりするのがよいでしょう。ご家庭の雑草にひとりで悩む前に、草刈りに詳しい業者に相談してみてください。

最初は誰だって草刈機初心者!選ぶポイントや使用時の注意点を紹介

まとめ

草刈機を初心者が選ぶには、「動力」「ハンドルの形状」「刃のタイプ」に着目し、それぞれの特徴を確認して自分に合う草刈機を見つけるとよいでしょう。

さらに、草刈りをおこなうときには、安全におこなうために素肌を出さないことが重要です。そのため、長袖・長ズボン・長靴・手袋を着用してください。また、万が一小石が飛んできても目に当たらないよう、ゴーグルも着用しましょう。

服装を準備できたら、異物が刃に当たって飛んでこないよう、作業をおこなう範囲の異物を取り除いてください。

また、使用中も「周囲の人から離れる」「キックバックに注意する」「足場を確認する」「異常を感じたらまずは草刈機を止める」といったことに注意しておこないましょう。

もし、「ケガをするかもしれないので、自分でおこなうのは怖い」「草刈機を使ってみたけど、自分で作業するのが怖い」という方は、草刈り業者に雑草の駆除依頼することをおすすめします。

草刈り業者に依頼することで、ケガをするリスクを避けて、手間をかけずに草刈りをおこなってもらうことができます。自分で草刈りをおこなうのが難しいという方は、ぜひ草刈り業者へ雑草の駆除を依頼してみてください。

面倒な草刈りはプロに!
草刈り・芝刈り 最短 即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
草むしりは面倒だし時間がない…そういって草刈りをしないでいるとどんどん草木が生長し作業が大変になってしまいます。面倒な作業はプロにお任せください。丁寧かつスピーディーな対応で安心です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
草刈り・芝刈り・草むしり・防草対策、草刈りのことはなんでもお任せください。
草刈り 1坪 600円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-08-28 11:35:05
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_mowing/160165/
お庭
草刈りを楽におこなうためのアイテムといえば、草刈機ですよね。しかし、草刈機にはさまざまな種類があって、「どれを選んだらよいかわからない」という方も多いでしょう。そこでこの記事では、草刈機の初心者向けの選び方をご紹介していきます。ほかにも、草刈りをおこなうときの服装や準備、安全のために気をつけることについてもご説明します。草刈機を使ったことがない初心者の方でも理解していただける内容となっているので、...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 草刈り

草刈りのお問い合わせ・ご相談はこちら

草刈りについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!