生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

防草シートのデメリットを克服!雑草対策に失敗しないポイント!

投稿日:2019-08-23 更新日:2019-08-23

防草シートのデメリットを克服!雑草対策に失敗しないポイント!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

庭のお手入れをしないでいると、いつのまにか雑草があちこちに顔を出してしまっていることがあります。広い庭や夏などの暑い時期は、草刈りするのもおっくうになってしまうでしょう。そこで役立つのが、防草シートです。防草シートを敷いておくことで、庭の雑草の生育を防いでくれます。

そんな防草シートにもデメリットはありまが、さまざまな対策を施してあげるだけで簡単に改善されるのです。この記事では、防草シートのデメリットとその対策方法についてご紹介します。デメリットがあっても対策を知っておけば、防草シートを十分に活用できるでしょう。

防草シートのデメリット:景観が悪い!?

防草シートのデメリットのひとつとして挙げられるのは、景観を損ねてしまうことです。防草シートはポリエステルやポリプロピレンなどの素材から作られているため、どうしても無機質な印象がいなめません。

また、色も黒や茶色、緑といったものが多く、庭に敷いたときに家の雰囲気を左右してしまうでしょう。このような防草シートのデメリットを解決するには、上に砂利や人工芝を敷くことです。砂利や人工芝などを敷くことで、デザイン性も豊かになり、家の印象を明るくしたりおしゃれにしたりすることができます。

防草シートのデメリットを克服!雑草対策に失敗しないポイント!

砂利

砂利にはさまざまな種類があり、色も豊富です。そのため、家や庭の雰囲気を自由自在に変えられるのです。また、防草シートと一緒に使うことで防草効果を高めることができるのも砂利のメリットといえるでしょう。

さらに、砂利を敷くことによって、不審者が庭から侵入したとき足音がするため、防犯効果にも期待できます。落ち葉の掃除がしづらくなることや定期的なメンテナンスが必要といった点はありますが、費用も安いので、料金を抑えて防草したい方にはおすすめです。

人工芝

庭に手間をかけたくないという方は、防草シートの上に人工芝を敷く対策がおすすめです。人工なので成長したり枯れたりすることがないため、メンテナンスがほとんどいりません。また、一面緑の人工芝を敷くことで、庭が明るい印象になるでしょう。砂利に比べて費用は高めですが、10年ほどはきれいな緑の庭を楽しむことができるのです。

防草シートのデメリット:下処理や補修が大変!?

防草シートを敷く前の下処理や破れたり劣化したりしたときの補修の大変さも、防草シートのデメリットといえるでしょう。防草シートをただ敷くだけでは、十分な効果を発揮してくれません。敷く前の除草作業や下地を平らにする作業などは、非常に重要な作業となります。

また、防草シートが破れてしまった部分からは雑草が生えてきてしまうため、補修が必要です。しかし、小さな破損であれば自分で補修することも可能です。

防草シートのデメリットを克服!雑草対策に失敗しないポイント!

敷くときの注意点

防草シートを敷くうえで、2つの注意事項があります。まずは、庭に合った防草シートを選ぶということです。防草シートには大きく分けて、雑草の突き抜けや紫外線に強い不織布タイプと水はけがよい織布タイプがあります。

生えていた雑草に合わせて選んだり、庭の土質などで選んだりすればより高い防草効果が期待できるでしょう。また、防草シートを敷くときに波打ったようなたるみに気をつけるのも大切です。

防草シートを敷くときに下地がデコボコしていると、きれいに敷くことができません。たるんでできた隙間から雑草が生えてしまうこともあるのです。防草シートを敷く前は、石や雑草、下地のへこみなどを平らにしてからおこないましょう。

補修の方法

破れてしまった防草シートを補修するには、部分補修専用のシートか防草シートを敷いた際の余りを使用します。まずは破れた部分に生えている雑草があれば、根から取り除き、へこみがあれば平らにならすようにしましょう。上から補修用のシートを張り付け、ピンで四方を止めておきます。

割けるように破れてしまった場合は、補修テープなどを使ってつなぎ合わせるとよいでしょう。しかし、経年劣化が進み、複数個所が破損していたり、破損部分が広範囲にわたっていたりする場合は、全体を敷き直すことを検討したほうがよいかもしれません。その際は手間も時間もかかる大変な作業になるため、業者に依頼することをおすすめします。

防草シートのデメリット:虫がわく!?

防草シートのデメリットとして「虫がわく」と思っている方が多いかもしれませんが、じつはそうではありません。多くの場合が、防草シートを敷く前から生育していたというのが正解でしょう。もともといる虫も、しっかり対策をおこなえば防ぐことができます。

防草シートのデメリットを克服!雑草対策に失敗しないポイント!

虫がわく原因

防草シートの下に虫がわく原因は、虫が好む環境が整っていることです。防草シートの下に見られる代表的な虫は、ダンゴムシやミミズ、ナメクジなどです。これらの虫は、暗くじっとりしていて湿気が多く、エサがある環境を好みます。

防草シートの下は枯れた雑草がエサになり、暗く湿気がたまりやすい環境が整っています。そのため、虫が住みつきわいているように感じるのです。

虫の発生を防ぐポイント

防草シートの下でも虫がわいているのはあまり気分がよくないと感じる方は、殺虫剤や毒餌などを置いて退治しましょう。しかし、効果を持続させるためには、定期的な散布が必要です。

また、雑草を根からしっかり除去することでエサがなくなるので、虫が発生しにくくなります。さらに、少し手間はかかりますが、防草シートを敷く前に土を水はけがよい砂などに入れ替えるというのも防虫対策になるでしょう。

防草シート以外の雑草対策

ここまで防草シートのデメリットと対策についてみてきましたが、防草シート以外にも雑草を防いでくれるアイテムがあります。防草シートのデメリットが気になる方は、除草剤やグランドカバー、固まる土を使用してみてもよいかもしれません。それぞれについてみていきましょう。

除草剤

除草剤には粒タイプや液体タイプまで幅広く、効果も即効性のあるものから持続性のあるものまでさまざまです。費用も安く、ホームセンターなどで手軽に手に入れることができます。

しかし、除草剤を散布する際、育てている植物にもかかってしまい枯らしてしまうことも少なくないようです。また、ペットや小さいお子様がいるご家庭では、安全面にも配慮しなければならないため、使いづらいといった点もあります。庭の環境や家族のことも視野に入れて、使用するとよいでしょう。

グランドカバー

グランドカバーとは、シダ植物やつるのように、はって広がる植物を利用して雑草対策をするものです。グランドカバーは花や色とりどりの葉なども楽しむことができるため、華やかな庭にすることができます。

グランドカバーはメンテナンスも簡単で、人間が踏んでも枯れないほどの生命力をもっています。日当たりなどの栽培環境もとくに気にすることなく植えることができるのも選ばれる理由のひとつかもしれません。

しかし、生命力が強く広がるのも早いことから、隣の家の庭にまで伸びてしまうといったトラブルもあるようです。そのようなトラブルを防ぐためには、根切りや切り戻しなどをおこない、対策をしておくとよいでしょう。

防草シートのデメリットを克服!雑草対策に失敗しないポイント!

固まる土

固まる土とは、セメントと土の要素をあわせもち、水と混ざることで固まるものです。この固まる土を庭にまくことで、雑草が生えにくくなります。水はけもよく、掃き掃除などもでき、自分で簡単に施工することも可能です。

しかし、アスファルトやコンクリートのような強度はないため、人がよく歩くところには不向きといえるでしょう。また、劣化したまま放置しておくとひび割れから雑草が生えてきてしまうこともあるため、定期的なメンテナンスも必要です。この方法は、雑草を予防したい場所の使用用途によって使い分けるとよいかもしれません。

まとめ

防草シートは、雑草を防止するのにとても優れているアイテムです。景観が悪くなる、下処理や補修の大変さ、虫の発生などデメリットもありますが、しっかり対策すればそれらは解消できます。

また、防草シートは、しっかり下地を整えれば十分な防草効果を発揮します。反対にいえば、敷き方次第で効果が半減してしまうこともあるのです。

そのため、しっかり防草したい、きれいな仕上がりにしたいという方は、業者に依頼してみるとよいでしょう。業者であれば、プロの技術や知識によって、雑草に困ることのない庭に仕上げてくれるはずです。

防草シートのデメリットが気になる方は、除草剤やグランドカバー、固まる土などで代用するか、業者への依頼を検討してみてください。

面倒な草刈りはプロに!
草刈り・芝刈り 最短 即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
草むしりは面倒だし時間がない…そういって草刈りをしないでいるとどんどん草木が生長し作業が大変になってしまいます。面倒な作業はプロにお任せください。丁寧かつスピーディーな対応で安心です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
草刈り・芝刈り・草むしり・防草対策、草刈りのことはなんでもお任せください。
草刈り 1坪 600円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:4.3

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-08-23 17:25:16
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_mowing/159207/
お庭
庭のお手入れをしないでいると、いつのまにか雑草があちこちに顔を出してしまっていることがあります。広い庭や夏などの暑い時期は、草刈りするのもおっくうになってしまうでしょう。そこで役立つのが、防草シートです。防草シートを敷いておくことで、庭の雑草の生育を防いでくれます。そんな防草シートにもデメリットはありまが、さまざまな対策を施してあげるだけで簡単に改善されるのです。この記事では、防草シートのデメリッ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 草刈り

草刈りのお問い合わせ・ご相談はこちら

草刈りについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!