生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

庭石や砂利でお庭を模様替え!選び方や敷き方を解説します!

更新日:2021-04-30

庭石や砂利でお庭を模様替え!選び方や敷き方を解説します!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

DIYという言葉が市民権をえて、趣味のひとつとして世に定着して久しいですね。
最初は日曜大工程度だったこのDIYは、熱中している人のなかには「もはや工事なんじゃないか」と思えるくらい、なんでも自身の手でやってしまう人がいらっしゃいます。

そんな「工事レベル」のDIYのなかで、自分で「庭石や砂利を敷いて庭を造ってしまう」なんていうものもあります。
とても大変そうですが、これは誰しもができるのでしょうか?

今回はその方法をご紹介しますので、ご自身でできそうかどうか、ぜひ確認してみてください。

庭石や砂利の選び方

では、はじめに庭作りの際にどのような庭石や砂利を選ぶとよいのかを考えてみましょう。

庭石に使う石は、通路の幅や長さ、アプローチ全体の広さに合わせた大きさのものを選びましょう。
ただただ巨石を選べばよいというわけではなく、きちんと質と品のよいものを選ばなければなりません。

また、和風の庭には自然石を、洋風の庭には切り石など加工された石か、直線の多い石を利用するのが一般的とされています。

庭石の美しさは、自然石の持つ美しさと、人工的に加工された石の人工美との対比にも見られます。
長い間、雨風にさらされてサビや苔のついた石と、機械によってつくり出された直線の綺麗な石の組み合わせも、意外にマッチしユニークな石の庭になります。

そして砂利ですが、こちらは色合いや雰囲気で選ぶとよいでしょう。

例えば、白玉砂利は幅広い雰囲気の庭に合う、万能の砂利です。他の砂利や石との相性もいいですし、砂利以外の木材やレンガなどと組み合わせてもマッチします。

五色砂利はいろいろな色が混じっていて、バランスよく仕上げられる砂利です。白玉砂利の白だけでは寂しいと感じる方にはおすすめです。

シックで高級感のある庭を目指すなら、那智黒石の砂利がいいでしょう。普段はグレーのこの石ですが、水に濡れると黒色になる性質があります。雨に濡れた時のきれいな黒はとても風情があります。

洋風の庭には赤玉砂利もおすすめです。レンガのような雰囲気が出るでしょう。濃い目の赤ならインパクトのある庭になり、薄いピンクであれば明るく可愛らしい雰囲気になります。
      庭石や砂利の選び方

庭石や砂利のサイズによる違い

庭石や砂利には前述のように多くの種類があり、サイズも豊富です。それぞれのサイズごとにどのような特徴があるのかみてみましょう。

まずは庭石からです。
庭石はとにかく大きければよい、というわけではありません。
その石がこれから表現したい自分の庭に合っているのかを考えましょう。

また、石の高さを揃えるのは、石の置き方のセオリーに反します。
複数置く場合にはすべてサイズの異なる庭石を用意しましょう。

一方で砂利は同じサイズのものを敷き詰めます。
各サイズによる特徴は以下の通りです。

・大サイズ(4cm〜)
一般的にはあまり使われることのないサイズですが、モダンな庭の植栽スペースに植えられた大きな木の周りなどに使うと、「カッコいい」雰囲気を演出することができます。

・中サイズ(2〜4cm)
ポピュラーで、とてもよく使われるのがこの中サイズです。和風のものも洋風のものも非常に多くのタイプがあるのが特徴です。

・小サイズ(0〜2cm)
中サイズ同様、こちらもよく使われるサイズです。使い方もほとんど同じといってよいでしょう。踏むと、ザクッザクッと心地のよい音を立て、防犯上の観点からも有効なサイズです。公園の歩道などにもこれがよく使われています。
庭石を置く際にも相性がよいのでおすすめです。
      庭石や砂利のサイズによる違い

庭石や砂利の敷き方

ではここで、庭石や砂利の敷き方をご紹介します。
手順としては以下の通りです。

1.敷く場所の計測
2.庭石・砂利の必要量を計算する。
3.場所の整地・転圧をする。
4.庭石・砂利を敷く

では、一つずつ詳しく見てみましょう。

1.敷く場所の計測

庭石・砂利を敷きたい場所を決め、その面積を計測します。一般的に単位は平米(㎡)で出し、「たて(m)×よこ(m)」の式で計算します。

2.庭石・砂利の必要量を計算する。

庭石はあまり多くを配置しすぎると野暮ったくなってしまいます。
完成図をきちんとイメージして必要な量を考えましょう。

砂利は一般的に1㎡あたり60~80kgの砂利が必要といわれています。
これは、砂利をしっかりと厚く敷くための量で、3~4cmほどの厚さにすることを目安としています。砂利の粒が小さければ2~3cmほどでも地面は見えませんが、敷き詰めるための量は大きいものよりも必要になってきます。

3.場所の整地・転圧をする。

砂利を敷くうえで最も重要な作業がこの整地・転圧作業です。
砂利を敷く前には、しっかりと雑草を根元から取り除きましょう。ここで雑草や根が残っていると、砂利の隙間から生えてくることになり、処理のためにまた砂利を一度どかす必要が出てきます。

そして、雑草を取り除いた後は整地・転圧作業に移ります。これを行うことで、砂利を敷く際も均等にならすことができます。砂利を敷いてすぐには目立たなくても、この作業が不十分だと、雨が降ったり人が歩いたりした際に、砂利が沈んでしまいます。景観を長持ちさせるためにも、整地・転圧は必ず行いましょう。

4.庭石・砂利を敷く

整地・転圧作業が終われば、ようやく庭石・砂利を敷くことができます。
砂利を敷く際には、石が均等になるようきれいにならしましょう。

砂利を敷いたら、庭石を置いてあなたの思うお庭を表現してください。
その後、新ためて砂利を均しましょう。
      庭石や砂利の敷き方

庭石や砂利に使う便利なグッズ

庭石や砂利を敷くだけではなく、合わせるとより便利になるグッズもあります。

例えば、「防草シート」です。
防草シートは整地・転圧が終わった後に砂利の下に敷くシートです。
もともと砂利を敷くと、地面まで日光が届かず、雑草の成長を防ぐという効果がありますが、この効果をさらに高めるのが除草シートです。

他にも「砂利止め」もあると便利でしょう。
敷いた砂利は何もないと端が散らかっていきます。それを防ぐために砂利の周囲に置くブロックや土留のことを砂利止めといいます。
お庭の見栄えもよくなりますし、均された砂利が崩れていくのを防ぐ効果もあります。
また、この砂利止めにも石を使って、庭石と景観のバランスをとる、という方法もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
近年はDIYとして、庭石や砂利を自身の手で敷くことが流行っています。

お好みの色や雰囲気を探して、敷く石から完成図をあれやこれやと想像するのはとても楽しいでしょう。大変な作業ではありますが、充実したお休みとして、汗を流してみるのも素敵ではないでしょうか。

もしわからないことや、疑問点があれば、業者に問い合わせてみるのもよいかもしれません。

砂利敷きの依頼をできる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「砂利敷き」をご覧ください。

実は奥深い砂利敷き
現地調査、見積もりは無料です
※対応エリアや加盟店によって変わります
一口に砂利といっても防犯対策に適した防犯砂利やお庭を綺麗に見せる玉砂利など様々です。生活110番では目的や施工場所によって最適な砂利をご提案します。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
お庭、駐車場、外構などに対応。砂利の撤去もお任せください。
砂利敷き 平米 1,600円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

お庭 砂利敷き

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!