生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

庭にDIYで砂利を敷くときの疑問を解決!維持が簡単やさしい砂利敷き

更新日:2021-04-30

庭にDIYで砂利を敷くときの疑問を解決!維持が簡単やさしい砂利敷き

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

最近はやりのDIYとは「Do It Yourself」の略です。買ってきたり、業者に頼んだりするところを、自分自身で作ったり、やってみる、日曜大工のことを差す場合に使われてもう長いですね。

自分で収納棚などを作ったりするのが一般的なイメージだと思いますが、最近ではそこからさらに広がって、自宅の設備の修理や、庭木の剪定などもDIYに含まれています。

その中でも、自宅の庭にDIYで砂利を敷くなんていう業者顔負けの強者もままいるそうです。確かに庭の砂利敷きなんかも自分の手でできたら楽しいかもしれません。
そこで今回は庭の砂利敷きについて書いていこうと思います。

お庭にDIYで砂利を敷くのに必要なもの

では、庭にDIYとして砂利を敷くとき、いったい何が必要なのでしょうか。
「メジャー」「草取り鎌」「草削り」「防草シート」「砂利」「固定ピン」「ハンマー」「はさみ」「スコップ」「じょれんorとんぼ」があれば充分でしょう。

メジャーは砂利を敷く範囲を測定するために必要です。

砂利を敷く前に、雑草を完全に取り除く必要があります。
「草取り鎌」「草削り」、場合によっては「徐草剤」もあると便利かもしれません。

「除草シート」があれば、砂利を敷いた後から雑草が生えてきにくくなります。砂利を敷いた後の雑草の手入れはとても大変なので雑草が生えてこないのはとても楽ちんです。
除草シートを打ち付けるために、「固定ピン」と「ハンマー」も必要になってきます。

「はさみ」「スコップ」「じょれんorとんぼ」は必要に応じて用意しましょう。ただ、雑草を取り除いて砂利を敷くだけではなく、場を均しておくのも大切です。
          お庭にDIYで砂利を敷くのに必要なもの

面積の測り方と、必要な砂利の量の計算方法

砂利を敷く場所が決まって、必要なものが用意できたら、砂利を買いに行かなければなりません。必要な砂利を計算するために、敷く面積を計測しましょう。

メジャーを使い、敷きたい面積を計測し、縦m×横m=平米数で平米数を計算します。
例えば、横2メートル×縦5メートルの場合なら、10平米。
横が60センチメートル×縦が2メートルの場合は、0.6×2=1.2平米というような計算になります。

お店や商品によってばらつきは多少ありますが、1平米あたり60~80kg必要とされています。粒の小さな砂利(1~2センチメートル程度の個体)であれば、地面からの厚みが2~3センチメートルでも、地肌が見えることはありませんが、横に均すための量が必要となります。

また、粒の大きな砂利(3~5センチメートル程度の個体)を敷く場合は、隙間から地面が見えないように、厚みは4cm程度で敷くと考えるとよいでしょう。

お庭のDIYとして砂利を敷くことのメリットは自分でいろいろ考えて楽しみながらできることだと思います。ぜひこの時にどのような砂利を敷くのか楽しんで考えてみてください。
      面積の測り方と、必要な砂利の量の計算方法

転圧?砂利を敷くだけなのに転圧しないといけないの?

お庭のDIY、砂利を敷く際に最も大切な工程があります。
それが「転圧」です。

まず、砂利を敷く際に雑草が生えている場合は、しっかり根元まで抜いてあげましょう。
雑草を抜いた後に、この転圧(または踏み固め)を行います。

転圧とは、土砂などに力を加えて空気や水を押し出し、地面の密度を高めることです。
また踏み固めて表面を平らに均すことで、砂利を敷く際も均等にすることができます。
せっかく砂利をまいても、地面がボコボコに見える場合は、この工程が十分になされていないケースであることが多いです。

この転圧が十分になされていないと、敷いてすぐには目立たなくても、雨が降ったり人が歩いたりすると、砂利が沈んでしまいます。
また、寒い地域だと、土中の水分が凍ったり溶けたりすることにより、高低差ができてしまいます。景観を長持ちさせるためにも、転圧をできるかぎりしっかりと行いましょう。

1平米程度であれば、自分の体重で、足で踏み固めるのもお手軽にできますが、5平米以上となると、なかなか大変なさぎょうになります。
ホームセンターなどで、手軽にできる転圧器具なども販売されています。
もしくは、建材屋でも器具を個人レンタルしてくれる会社も多いので、そちらも検討してみるとよいかもしれません。

防草シートは本当に敷いた方がいい?

ところで、お庭DIYで砂利を敷くときによく議論になるのが、この除草シートの是非です。
除草シートは本当に必要なのでしょうか。

こればかりは、個人の判断によるところが大きいです。
除草シートを敷いてあっても、手入れを怠ると雑草は生えてきてしまいます。
また、除草シートにも耐年数があり、交換する必要があります。
この時に除草シートの上に砂利を敷く形になるため、いったん砂利を取り除いて、シートを交換するのがとても大変な作業になります。

ですが、除草シートによって雑草が生えにくくなるのも事実です。
砂利の隙間から雑草が生えた時は、これまた砂利をどけて雑草を抜く必要があり、面倒くさい作業となります。

シートを交換する手間か、実際に生えてくるリスクか、どちらを取るのかは個人の判断ということになります。
      防草シートは本当に敷いた方がいい?

まとめ

いかがでしたでしょうか。
お庭のDIYとして砂利を敷くことの手助けになれば幸いです。

DIYは業者に依頼する分のお金も浮きますし、好きな方にとってはとても楽しい趣味になります。ですが一方で、そういうものが苦手な方もいますよね。
そういった方は無理に自分でしなくても、自分の時間を買ったと思って業者に依頼するのもよいのではないでしょうか。

砂利敷きの依頼をできる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「砂利敷き」をご覧ください。

実は奥深い砂利敷き
現地調査、見積もりは無料です
※対応エリアや加盟店によって変わります
一口に砂利といっても防犯対策に適した防犯砂利やお庭を綺麗に見せる玉砂利など様々です。生活110番では目的や施工場所によって最適な砂利をご提案します。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
お庭、駐車場、外構などに対応。砂利の撤去もお任せください。
砂利敷き 平米 1,600円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
4投票,  平均評価値:2.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

お庭 砂利敷き

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!