生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

門周りは家の第一印象!お家に合った外構を知って計画しましょう!

投稿日:2017-09-19 更新日:2018-10-01

門周りは家の第一印象!お家に合った外構を知って計画しましょう!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

住まいの第一印象になる塀のデザイン。どのような作りにしようか迷われている方は多いのではないでしょうか。外構選びには、費用だけでなく、プライバシーや防犯性も視野に入れながら計画する必要があります。なので、より利用者様に合った外構が見つかるように、日本で用いられている主流の外構について紹介していきたいと思います。

家の塀の作り方の主流は3つ。それぞれの特徴

塀の作り方は大きく分けて三つあります。一つ目は日本で多く用いられており、防犯性などに優れているクローズ型です。二つ目にセミクローズ型と呼ばれるクローズ型ともう一つの外構のいいところを併せ持つものになります。三つ目はオープン型と呼ばれているものになります。こちらは欧米でよく用いられており、開放感が特徴の外構になります。

ここからは、この三つの特徴を別々に紹介していきます。

クローズ型

クローズ型とは、門扉やフェンス・ブロック塀などで内と外をしっかりと分ける外構のことです。他の外構よりもコストがかかってしまいますが、お子さんやペットがおられるご家庭では安心して遊べるプライベート空間ができます。さらに、防犯性も非常に高いというのは、クローズ型の大きな特徴になります。

クローズ型のメリットは大きく分けて3つほどあります。
・プライバシーについて
・防犯性について
・デザインについて

一つ目のメリットとして「プライバシーについて」を挙げさせていただきましたが、こちらは、多くの人が通る大通り沿いにある住まいの場合、門扉がない場合、外からの視線が気になってしまうことがあると思います。クローズ型の場合は、塀がある程度、高いことからその心配はなくなります。

二つ目に「防犯性について」ですが、こちらは、塀が高いことから、正面からしか住まいに侵入することができないため、中にいる人に気付かれないように侵入するのが困難になるためです。

三つ目に「デザインについて」です。これは、門扉や、塀を設置するため、自分の好きなデザインに変更することができます。こだわりを持っている方などは、クローズ型の外構がいいのではないでしょうか。

クローズ型のデメリットは、
・コストが多くかかってしまう。
・死角に注意しなくてはいけない。
この二つです。クローズ型の場合は、設置するものが多いため、どうしてもコストは抑えられません。さらに、たくさんのものを設置することから、死角ができてしまい、防犯性が高いとはいえど、不審者に侵入されてしまうと、侵入者の隠れられる場所が多くなってしまい、発見が困難になってしまいます。

セミクローズ型

セミクローズ型は、オープン型とクローズ型にあるメリットをうまく取り入れたタイプのものです。クローズ型のように門扉や塀を設置しますが、高すぎず、オープン型のような開放感があります。最近では日本で採用されることも増えてきたようです。

メリットは、クローズ型よりも比較的安価にリフォームでき、開放感があり、プライバシーも守れると、両者のいいところが備わっていることです。
デメリットを挙げるとすれば、開放感はどうしてもオープン型に劣ってしまうことや、防犯性やプライバシー保護についてはクローズ型に劣ってしまうことです。さらに、うまく設計しなければ、両者のデメリットまで引き継いでしまうので注意しなければなりません。

オープン型

門扉などをしっかりと設置するクローズ型と対照的なのがオープン型になります。オープン型は主に欧米で多く用いられてきましたが、最近では洋風文化を取り入れ始めてきた日本でも、少しずつ採用されるようになりました。オープン外構はとても開放感がありますが、クローズ型と違って防犯性が低いため、別の方法で防犯対策をしなければなりません。

オープン型のメリットは、クローズ型などよりもコストがかなり抑えられることですが、デメリットとして、防犯性の低さが目立ちます。ですが、防犯性やプライバシー確保は工夫次第でカバーすることもできるので、開放感がほしいという方はオープン型があっているのではないでしょうか。
      1. 家の塀の作り方の主流は3つ。それぞれの特徴
      

家の塀は住まいの印象そのものだから。門まわりデザインと家の相性

住まいに入ろうとして、最初に目に入るのが門扉などの門周りです。なので、門周りは住まいの第一印象と言えます。そのため、住まいにあった、門周りのデザインがとても重要になります。

住まいの外壁と同じ色に塗装したり、住まいに合わせてレンガやボーダー等のタイルを使うことで、外観のアクセントにすることができます。自分の好みと、住まいに合わせて門周りのデザインをされるのがいいでしょう。
      >家の塀は住まいの印象そのものだから。門まわりデザインと家の相性
      

オープン型の家の塀。プライバシーを確保する工夫は?

オープン型でプライバシーを確保するには、植木などを使って目隠しをする方法があります。自然に存在する草木なら、オープン型のメリットである開放感を損ねることなく、プライバシーを守ることができます。
すこし費用は掛かってしまいますが、家の前の人通りが気になってしまうという方などは利用しているのがいいかもしれません。

家に塀を作るとき注意しておきたいポイント

住まいの塀を作るとき、クローズ型の場合であっても防犯性などのために塀をむやみに高くするのは控えましょう。近所の印象も大切にしたいのと同時に、圧迫感が増してしまいます。塀が高すぎると、近隣の方に、交流を拒絶しているととられることもあるようなので注意が必要です。

さらに不審者が侵入した場合、侵入してしまえば塀が高いことから外から発見される確率は非常に低く、不審者にとっては活動しやすい環境になってしまいます。

クローズ外構を中心に、プライバシーを守ることや防犯性を高めることは非常に重要ですが、塀などの高さは作るときに注意しながら決めていくのがいいでしょう。
      家に塀を作るとき注意しておきたいポイント
      

まとめ

住まいのプライバシーなどを守るために重要な外構ですが、外構にもいくつか注意すべき点があります、さらに外構は紹介したようにクローズ型、セミクローズ型、オープン型と大きく分けて三種類あり、住まいと利用者さんに合わせたものを選ぶ必要があります。なので、もし塀などを設置する場合は注意しながら進めていきましょう。

どの外構にも、メリットもデメリットがあります。どれも決して、安くない費用が掛かってしまうので選ぶときは、神経質になってしまうと思います。一度、しっかりとした塀などを設置すれば20年以上もつというものもあるそうです。なので、費用を気にしてオープン型にして、後々、デメリットがどうしても気になりクローズ型にしてしまい、より大きな費用が掛かってしまわないようにしましょう。

門周りを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「門周り」をご覧ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-01 17:25:24
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_gate/10236/
お庭
住まいの第一印象になる塀のデザイン。どのような作りにしようか迷われている方は多いのではないでしょうか。外構選びには、費用だけでなく、プライバシーや防犯性も視野に入れながら計画する必要があります。なので、より利用者様に合った外構が見つかるように、日本で用いられている主流の外構について紹介していきたいと思います。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 門周り

お住まいの地域の門周り業者を検索

北海道・東北
関東
東海
  • 長野県0
  • 静岡県0
北陸
  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
  • 大阪府0
  • 京都府0
  • 兵庫県・神戸市0
  • 奈良県0
  • 滋賀県0
  • 和歌山県0
中国・四国
  • 広島県1
  • 岡山県0
  • 山口県0
  • 鳥取県0
  • 島根県0
  • 徳島県0
  • 高知県0
  • 愛媛県0
  • 香川県0
九州
  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0

詳細検索で探す

門周りのお問い合わせ・ご相談はこちら

門周りについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!