生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

人々の生活に欠かせない?伐採を種類別に見てみよう

投稿日:2017-11-21 更新日:2018-11-13

人々の生活に欠かせない?伐採を種類別に見てみよう

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

山や林などで、大きく育った木を見かける機会は多いと思います。人によってはシンボルツリーとして庭に植えている方も多いでしょう。
しかし、あまりにも大きく育ち過ぎた木はトラブルを引き起こす原因にもなり、倒壊の危険性があることも考えられます。

ときには伐採作業によって木を切り倒す選択も必要となります。伐採作業は、ただ木を切り倒す作業ではなく、目的別に呼び方が変わることもあります。そのため、それぞれの特徴を知って認識を深めることが大切です。

今回は、伐採を種類別に見ていきます。それぞれにどんな目的とメリットがあるのかを確認していきましょう。

伐採の目的とは

庭木の場合

伐採とは、庭や林に生えている樹木を根元から切る作業を指します。庭木によっては、非常に高い樹高に成長する種類の木も存在します。

あまりに育ち過ぎてしまうと近隣の敷地に侵入し、葉が落ちて迷惑をかけることもあります。また、害虫を呼び寄せる原因となることもあり、大きなトラブルを引き起こすケースも想定されます。そのため不要な木を切り倒し、トラブルを未然に防ぐ必要があるのです。

森林の場合

林などで伐採する目的としては、伐採した木を木材として活用することが挙げられます。
しかし、ときには環境破壊が問題として取り上げられることもあり、むやみ行うべきではないと言えます。逆に、環境保全のために行われる伐採もあります。

伐採対象となる木は、比較的大きな木が多いため、チェーンソーなどの機材を使用して行われることが多いです。場合によっては特別な資格と教育を受けた者しか行うことが不可能な場合もあります。個人でチェーンソーを使用できるケースもありますが、安全性に不安が残るためあまりおすすめはできません。

伐採は目的別に呼称が変化し、伐採も種類別に作業が変化するということも認識しておきましょう。
      伐採の目的とは

伐採の種類と特徴について

伐採は木を切り倒す作業全般のことを指しますが、伐採はいくつかの種類に分類され、その特徴にも違いがあります。

主伐

主に育てた木を収穫する目的で行われる作業です。作物の収穫に近い作業となり、伐採した木を木材として活用するために行うことが多いです。
比較的樹齢が若い木を対象とせず、50年以上の樹齢がある樹木を主伐対象にする傾向があります。

皆伐

木を一本だけ伐採するのではなく、一定の範囲の木を全て切り倒す作業のことを指します。同じ時期に植えた樹木を一斉に主伐によって収穫することもあり、皆伐作業と併行して行われることもあります。

かつては広範囲で行われることもありましたが、生態系が乱れることや、環境破壊につながる懸念から、昨今は比較的小規模の範囲で行われる傾向にあります。

択伐

人工的に樹木を育て、必要な分の木材だけ伐採し出荷する作業です。伐採後に後続の木を植えて人工林に補充するため、林業を営んでいる方などが行っていることがあります。また、空地ができた場合に新しい苗を植えて森林環境の改善を図る場合もあります。

間伐

人工林を育てる際に、余分な木を伐採する作業です。木を間引くことで日当たりが改善し、樹木や下草が育ちやすい環境を作ることが可能です。また、定期的に間伐を行うことで自然災害による二次被害を防ぐ効果が期待できます。

除伐

樹齢の若い木の成長を促すために、育成対象以外の木を伐採する作業です。ときには発育不良の木を切り倒すこともあるため、定義には多少違いがあります。
除伐作業によって伐採された若い木は、基本的に廃棄となることが多いです。
      伐採の種類と特徴について

伐採と抜根の違い

伐採は木を切り倒す作業のことで、基本的には地面から10cmほど離して幹を切ります。

抜根は、伐採の種類とは少し異なります。基本的には重機を使用して行われる作業となり、木を根っこから丸ごと掘り起こして抜き取る作業を指します。
そのままの状態で抜根するのは困難であることが多いため、一度伐採作業を行ってから取り掛かることが多いです。根から引き抜くことで土壌改善の効果が期待できます。

自分で行うことが可能とされていますが、根が地中深くまで伸びていることもあります。また、大きな石などを抱えている場合もあるため、手を出すことが難しいケースもあります。そのため、なるべく伐採のプロにまかせるのが得策です。
      伐採と抜根の違い

まとめ

伐採作業はいくつかの種類に分類され、それぞれ目的も違います。また、住宅環境によっては抜根作業で根元から木を引き抜く必要があるケースもあります。

作業は必要な道具をそろえて行い、正しい方法で行わなければなりません。適切な知識と技術がないまま行ってしまうと、大きなトラブルを引き起こしてしまうこともあります。そのため、素人の方が自分だけで行うのは困難と言えます。

ご自宅の庭木が近隣の迷惑となり、伐採を検討される際は正しく作業できるプロに相談するのが有効です。安全に配慮しつつ、きれいに伐採・抜根をしてくれることでしょう。

伐採を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「伐採」をご覧ください。

伐採のプロが迅速対応!
庭木1本からお任せください!
※対応エリアや加盟店によって変わります
木々の伐採は大きな木であればあるほど、危険度が上がってきます。自分で伐採したら電線に引っかかってしまった!なんて事がないように、安全のためにも伐採はプロにお任せしましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
立ち合いがなくとも作業は可能です!お気軽にご相談ください。
伐採 1本 5,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-13 10:42:01
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_felling/20477/
お庭
山や林などで、大きく育った木を見かける機会は多いと思います。人によってはシンボルツリーとして庭に植えている方も多いでしょう。しかし、あまりにも大きく育ち過ぎた木はトラブルを引き起こす原因にもなり、倒壊の危険性があることも考えられます。ときには伐採作業によって木を切り倒す選択も必要となります。伐採作業は、ただ木を切り倒す作業ではなく、目的別に呼び方が変わることもあります。そのため、それぞれの特徴を知...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 伐採

伐採のお問い合わせ・ご相談はこちら

伐採についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!