生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

抜根の方法は木と竹で違う!業者に依頼したときの費用も紹介します

投稿日:2019-07-03 更新日:2019-07-03

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

庭木などの植物を、根からまるごと取り除く作業を、抜根といいます。この抜根作業は通常業者に依頼することでおこなうことができますが、個人ではできないものなのでしょうか。

そこでこの記事では、個人でもできる抜根の方法と抜根作業を業者に依頼した場合について、詳しく解説していきます。業者に依頼するか個人でおこなうかを迷っている方は、抜根にかかる費用と労力を比較し、どちらにするべきかを決めてみてください。

掘り起こして木を抜根する方法

抜根する方法としてはじめに思い浮かぶのは、根を掘り起こすやり方ではないでしょうか。この方法には時間と労力こそ必要ですが、できないことではありません。どのような手順でおこなうべきなのか、下記にまとめてみました。

①幹の周りを掘り、根を確認する
②根をひとつひとつ切断する
③切り株を揺すって動くか確認
④切り株が大きく動くようなら引き抜く

根を掘り起こして抜根する方法はシンプルなので、ひとつひとつの工程を確実に踏んでいけば個人でもおこなうことができます。

しかし、木は成長すればするほど根は太くなり、地中深くまでのびます。小さめの木であれば比較的簡単に抜根できるかもしれませんが、成長しきった大きめの木の場合はかなりの労力と時間が必要になるでしょう。そのため、木のサイズによっては業者に依頼することも選択肢に入れてみてください。

なお、個人での抜根作業は、庭に生えている不要な木を取り除く場合のみにしておきましょう。木を抜根して別の場所に植え替えたいとなると、根を切ったり傷つけないように注意しながら作業をおこなう必要があります。

抜根作業と植え替え作業を自分でうまくできるか不安であれば、大切な木を守るためにも業者に依頼して作業してもらうのがよいでしょう。

掘り起こして木を抜根する方法

薬剤を使って木を抜根する方法

根を掘り起こして抜根するとなると、時間と労力が必要になります。その労力を軽減させる方法として、薬剤を使う抜根方法もご紹介します。

使う薬剤は、グリホサートを主成分とする商品です。グリホサートとは、多くの植物に効果がある除草剤です。この薬剤を切り株の断面に塗ることで、その木の根まで枯らせることができます。

薬剤を塗るときは、切り株の形成層をおおうように塗るとよいでしょう。形成層とは、組織を作るために存在する部分であり、木にとってなくてはならないものです。この部分に薬剤を塗ることで、効率よく枯らしていくことができます。形成層は、切り株の断面を上から見て、外側に位置しています。そのため、薬剤は全体的にたっぷりと塗るようにしてみてください。

しかし、抜根したい木のまわりに栽培中の植物がある場合は、その植物にかからないように注意が必要です。もしかかってしまうと、その植物まで枯らしてしまうおそれがあります。

薬剤を使って木を抜根する方法

竹を抜根する方法

庭木の場合は上記で紹介した2つの方法で抜根することができますが、竹の場合は難しいかもしれません。そのため、竹を抜根する方法としては、基本的に業者に依頼することとなります。

竹は生命力が強く、根を完全に取り除かない限り、また新しい芽が生えてきます。さらにその根は深さ1m、横幅2mにまでのびることも珍しくありません。

また、竹の根は地中で繋がっていて、栄養分の受け渡しができるつくりになっています。つまり、1本の竹を伐採しても、ほかの竹の根から栄養分がおくられ新しい芽が成長してしまうこともあるのです。

こういった理由から、抜根作業をいくらやっても、個人で竹の根をすべて枯らすことは難しいといえます。そのため、もし竹の抜根を考えている方は、業者に依頼し、より確実に作業をおこなってもらうことをおすすめします。

竹を抜根する方法

抜根を依頼したときの費用

最も安全で確実な抜根の方法は、やはり業者に依頼することです。個人でおこなうか業者に依頼するかの判断をするためにも、費用の目安はどの程度なのでしょうか。

抜根を業者に依頼する場合、「直径約10㎝の木で、約3,000円~」という数字が目安となります。そのため、業者に抜根作業を依頼する際は、幹の直径をあらかじめ測っておくとよいかもしれません。

なお、抜根作業が難しいような位置に木がある場合や重機を要する場合は、目安の数字よりも高額になることもあります。詳しい料金については、現地調査をしてもらうことで知ることができるでしょう。

また、上記の料金に加え、抜根した根を処分する際の費用も考えておかなければなりません。抜根した根は追加料金なしで処分してくれる業者も多いですが、なかには別料金となっている場合もあります。そのため、処分費用については事前に確認しておくことをおすすめします。

抜根を依頼したときの費用

まとめ

抜根の方法には、薬剤を使用して根を枯らす方法や根を掘り起こす方法があります。ポイントさえおさえておけば、小さめの庭木であればしっかりと抜根できるでしょう。

しかし、竹の場合は個人でやろうとせず、業者に依頼することをおすすめします。竹はすべての根を掘り起こさないと、地中に残っている根からまた新しい竹が生えてきてしまうからです。

業者に依頼する際は、基本的には抜根する木の大きさで値段が変動します。ご自身でおこなう労力と業者に依頼する費用を比べ、最適な方法を選んでみてはいかがでしょうか。

伐採のプロが迅速対応!
庭木1本からお任せください!
※対応エリアや加盟店によって変わります
木々の伐採は大きな木であればあるほど、危険度が上がってきます。自分で伐採したら電線に引っかかってしまった!なんて事がないように、安全のためにも伐採はプロにお任せしましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
立ち合いがなくとも作業は可能です!お気軽にご相談ください。
伐採 1本 5,000円(税抜)~


この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-07-03 10:55:14
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_felling/149793/
お庭
庭木などの植物を、根からまるごと取り除く作業を、抜根といいます。この抜根作業は通常業者に依頼することでおこなうことができますが、個人ではできないものなのでしょうか。そこでこの記事では、個人でもできる抜根の方法と抜根作業を業者に依頼した場合について、詳しく解説していきます。業者に依頼するか個人でおこなうかを迷っている方は、抜根にかかる費用と労力を比較し、どちらにするべきかを決めてみてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 伐採

伐採のお問い合わせ・ご相談はこちら

伐採についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!