生活110番辞典 お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

枯らすためには根気も必要!木を枯らす方法は2パターンあります

2018-10-02

枯らすためには根気も必要!木を枯らす方法は2パターンあります

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

みなさんの周りに、邪魔な木はないでしょうか?
木は生える場所によってはシンボルツリーにもなりますが、大量の落ち葉や害虫、アレルギーなど、人々の生活の邪魔をしてしまう存在にもなり得るものです。
そこで今回は、木を枯らす方法をご紹介します。
もしも家の庭に邪魔で処分を考えている木が生えているのなら、試してみるのもいいかもしれません。

伐採のおすすめサービス

巻き枯らしの方法

木を枯らす方法として「巻き枯らし」という方法があります。
木の養分を絶って枯らせる方法で、手法は2種類あります。

表皮を剥ぐ方法

木の養分が流れる表皮を幹に1周、幅20~30cm程度まくり、養分を絶つことで枯らす方法です。
枯れるまでに6カ月~1年程度、常緑樹の場合、葉が落ちるまで1年~2年程度かかります。

低い位置で根本まで表皮を剥がすと、根まで枯らせることができるといわれています。
一方腰程度の高さの位置で表皮を剥いだ場合、木の種類によっては新たな芽が生え始め、根まで枯れないこともあるそうです。

表皮を剥がすには、4~8月頃に作業するのが最適な時期といわれています。この時期は木が水を吸うため、表皮を剥がしやすくなるからです。

ロープを巻く方法

木の幹に、ポリエチレン製の丈夫なロープをグルグルと数回巻きつけます。
幹が成長することによりこのロープが食い込み、表皮下の養分が流れる部分が破断することで木が枯れます。
木の成長により逆に枯らす方法であることから、効果が出るまでに数年かかり、また表皮を剥ぐ方法と同様、根まで枯れず新たな芽が生えることにつながる可能性もあります。

      巻き枯らしの方法

除草剤で樹木を枯らす方法

木を枯らす方法として定番ともいえるのが、市販の除草剤を使用して根まで枯らす方法です。
使用する除草剤として、植物特有の酵素のはたらきを阻害するグリホサート系を主な成分とするものがいいといわれています。

まず除草剤が溜まるように、幹にドリルで斜め下向きに数センチメートル穴を開けます。そして、そこに除草剤を流し込みます。
穴を満たすまで流し込んだら、雨水が入らないようテープやラップで蓋をします。

木の大きさにもよりますが、正しく行えば、1か所ないし数か所に行うだけで根まで完全に枯らすことができるそうです。
ただ、このグリホサート系の除草剤は微生物に分解されることで土に残らないという安全性を担保しています。そのため蓋をする際に土を使用してしまうと、除草剤の効果が弱まることがあります。出来れば蓋はテープやナイロン袋を用いることが望ましいといわれています。
一方、雨水の侵入を1週間程度防げれば大きな問題はないとの説もあります。

樹木を枯らす方法についての注意点

木を枯らす方法を実践してみても、木の種類や大きさ、状態などによって、絶対に枯れるとは言い切れません。
そしてもしもうまく枯れても、枯れた木が思わぬ方向へ木が倒れないよう注意が必要です。
木を枯らす際は、枯らした木がどこへ倒れるのかきちんと計算をしないと、自宅や周囲の民家などに被害が及ぶこともあります。

除草剤などの薬剤も十分気をつけて扱ってください。体内に取り込まないよう、メガネやサングラス、マスク・ビニール手袋などを使って防護するとよいでしょう。また、保管は必ずお子様やペットの届かない場所にしてください。
薬剤塗布後は、「薬剤塗布中」と注意書きなどで注意喚起をするといいでしょう。
グリホサート系の除草剤は「非選択」型の除草剤のため、他の植物に薬剤がかかると枯れることがあります。枯らしたくない植物がある場合は、施工時に傘などを使って保護してあげるといいでしょう。

      樹木を枯らす方法についての注意点

どのように木が枯れていくのか

木が枯れるときは、まず葉が枯れて落ちて来ます。次に先の小枝から順番に枯れて落ちます。最後に幹が枯れて倒れます。
木が大きくて幹が倒れると危険な場合は、あらかじめ切り倒してやる必要があります。
幹が倒れる状態まで木が枯れている場合は、木の幹は中がスカスカになって重量が軽くなっていますが、大木の場合はとても危険です。

除草剤を使用した場合、木は1年程度で枯れる一方、幹が倒れるのには数年掛かることもあるといわれています。
その間にも、枝などを踏んで、足に刺さらないように気を付けてください。

根が残っている場合は、周りを濡らし土を柔らかくして、シャベルで少し掘り返した後引っ張ると抜けます。それでも抜けにくい場合は、ここでも除草剤を使います。
木を枯らした際の除草剤を薄めて、伐採部分の表面に塗ると根も枯れやすくなるため、
一度根についても個別に枯らす作業をしてから掘り起こすといいでしょう。

最後に、木もまた生き物であることには心に留めておいてください。枯らすということは木の命を絶つのと同じ意味ですから、長年お世話になった木の場合は神職を呼んでお酒と塩でお祓いをするなど、木に敬いの気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

      どのように木が枯れていくのか

伐採のおすすめサービス

まとめ

木を枯らせるのは根気のいる作業です。生命力にあふれた木は、巻き枯らしをしても、除草剤を使ってもなかなか枯れないかもしれません。しかし、すぐに枯れないからといってあきらめないでください。
そして、枯れた木を倒す際は周りの安全に気を配ることを忘れないようにしましょう。
もしも自分では難しいと感じたら、無理をせずに専門業者に依頼することをおすすめします。

伐採を依頼したい方は業者に相談することをオススメします

煽り伐採

伐採を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」「伐採」をご覧ください。

弊社調べの最安値 1本あたり2,000円~

弊社調べの最安値 1本あたり2,000円~

伐採のおすすめ業者を見る

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
36投票,  平均評価値:3.7

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-10-02 10:45:08
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_felling/14491/
お庭

シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 伐採

おすすめ記事

伐採のお問い合わせ・ご相談はこちら

伐採についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

0120-949-986