生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

伐木には事前準備がとても大事!安全面で気をつけるべきことを紹介

更新日:2021-04-30

伐木には事前準備がとても大事!安全面で気をつけるべきことを紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

森林の木材を切断するさい、一般的には伐採という言葉を使うことが多いのではないでしょうか。しかし、同じ行為を表現する言葉として伐木(ばつぼく)という言葉も使われます。両者の間には大きな違いは特にはありません。

しかし、伐木という表現は少し専門的でフォーマルな意味で使われることが多いようです。専門学校の講義や資格を受講するさいには、案内やパンフレットでこの表現をみることがあります。このコラムでは、伐木の基本的な事項を紹介していきます。

伐木する前に周囲を確認

伐木の様子はときおりテレビでみることができ、山間部にいかれたことのあるかたなら一度はみたことがあるのではないでしょうか。伐木は、山中でチェーンソーを使って樹木の伐採をすることです。この作業は自分にも周囲にも危険をもたらすおそれがあります。作業前には周囲をきちんと確認するなどの注意をしなければなりません。

伐木する前に周囲を確認

伐木の前には、どのような注意をするべきなのでしょうか。大きな木を切断するときは、倒れた木を直接人間が受け止めるわけではありません。自然な流れに任せて、木は地面に向かって倒れていきます。そして安全な伐採作業をするには、木に対して入れる切り口の入れ方にも注意していかなければなりません。

安全な作業のためには、倒木方向をきちんと定めることが大切です。伐木をするさいには、受け口と追い口とよばれる二つの切り口を入れます。受け口方向に木は倒れていくのです。そのため、受け口の方向には人がいないことを確認してから作業をしていきましょう。

伐木のさいの衝撃は、とても大きなものとなります。周囲に人がいないかどうかを確認することが大切です。人や民家などの建物が確認できるような場合、伐木対象とする木材の高さの、2倍以上の範囲にはなにもないことを確認しなければなりません。

伐木するときの装備

伐木をするときは、どんな装備や道具を準備しておこなうのでしょうか。きちんとした装備や道具に関する知識がないと、安全に作業をすることは難しいのです。ここからは装備面を確認していきましょう。

伐木するときの装備

チェーンソー

まずは伐木をするために欠かせないチェーンソーです。電力で、先端の刃物を振動させ、樹木の伐採をしていきます。サイズも値段もさまざまです。家庭用のコンパクトな商品から、本格的な工業用のチェーンソーまで、多くの商品が販売されています。扱う木材の種類や、大きさ、固さなどから判断して製品を選んでいきましょう。

防護服

作業のさいに自分の身体を守るための防護服も、大切なアイテムです。切断した木材の破片から身体を守るためや、ハンドリングをあやまったチェーンソーが、万が一襲ってきたときの護身用に必要です。

防護服は腕や足に大きな傷ができるのを防ぐためには欠かせません。動きのある作業をするわけですから、防護服のサイズなど、必ず自分の体にフィットする製品を選びましょう。

防護メガネ

防護服と同様に、防護メガネも大切なアイテムです。伐木をおこなうと、すさまじい量の木材の切りくずが発生します。そのような切りくずから自分の大切な目を保護しないと、作業ミスから、大きなケガへとつながっていきます。

手袋

また手袋も大切なアイテムです。チェーンソーは手でもって作業をするので、誤作動をおこしたりしたときのために防護に手袋は用意しましょう。また山間部での作業ですから、安全に移動するためにも必要です。

これらの装備をおこたってしまうと、場合によっては軽度なケガだけではすまずに大変なこととなってしまいます。事前に自分にあった商品をしっかりと準備をしましょう。

伐木の手順

実際に伐木作業をするさいですが、どのような流れで作業をおこなっていくのでしょうか。事前準備から入念に安全に配慮して、作業をすることが大切です。ここでは、きちんとした手順を確認していきましょう。

伐木の手順

事前準備

まずは、伐木をする予定の木の周辺にある草や石を除去していきます。また倒れた木が、着地した場所にある木の枝や石がとんでくる危険性もあります。周辺にある危険なものも除去しましょう。

下枝払い

次に作業をおこなう木にある邪魔な枝を切断します。この作業のことを下枝払いといいます。これは地面から自分の肩の高さくらいにまである枝を伐採することです。

受け口切り

そして、受け口切りとよばれる切り込みを、幹の太さの約4分の1を目安に樹木に対して約35~45度の角度で入れていきます。受け口は倒木方向となるため、地形などを勘案して安全に倒木ができるような方向に合わせましょう。特に山間部などの傾斜のある場所での倒木は危険です。

受け口切りが終わったら、反対側から追い口とよばれる切り込みを入れていきます。そして、追い口から受け口に対して徐々に切断をすすめていくのが一般的な伐木の流れとなります。ただし木を最後まで切断をするのではなく、ツルとよばれる支点となる部分を残しておくことが大切です。

ツルは、追い口から受け口までの残りの部分をいうのですが、木全体の10%程度を目安に残すのが目安です。このツルを中心にして樹木は倒れていきます。この手順をきちんと理解しないと、ときに大きなケガなどにもつながります。事前に入念に計画を立ててから伐木作業をおこないましょう。

伐木業務には特別教育が必須!それだけ危険な作業!

ここまでで述べてきたように、伐木はときに危険をともなう作業となります。作業をおこなうさいには、安全装備やきちんとした手順をふむことはもちろん、あらかじめ訓練や教育をおこなうことも必要といえるでしょう。

伐木業務には特別教育が必須!それだけ危険な作業!

チェーンソーの取り扱いや樹木の伐採全般にかかわる安全教育は、工具や重機のメーカーが自主的におこなっている講座が数多く用意されています。林業に携わるかたも個人で伐採をされるかたも、是非とも受講されてみてはいかがでしょうか。

提供されているプログラムの内容としては、学科から実技まで総合的な内容です。学科では、伐木作業に関する基礎的な知識からチェーンソーに関する全般的な学習をおこないます。また、実技講習では実際の伐木やチェーンソーの使い方やメンテナンスを学習していきます。

林業初心者から若手の育成をするために最新の動向を確認するようなベテランのかたまで、定期的にきちんと受講することで、自分と他人双方の安全に配慮した作業をすることができるかもしれません。

まとめ

伐木作業には大きな手間がかかります。また倒木の衝撃などがケガなどにつながる可能性もあります。伐採に関するきちんとした知識を保有し、道具などを準備することが大切です。そして安全に作業をおこなうには、事前の現地確認は欠かさないようにしましょう。

まとめ

また伐採には、きちんとした講義を受講して、手順を守って伐採をしていかなければなりません。まずは安全を第一に考えることが、伐木をするには大切な考え方です。

危険がともなう作業のため、自分で作業をおこなうよりも業者に依頼するほうが安全なうえに手間も省けます。まず現地の状況を伝えながら、見積りを依頼してみてはいかがでしょうか。

伐採を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「伐採」をご覧ください。

伐採のプロが迅速対応!
庭木1本からお任せください!
※対応エリアや加盟店によって変わります
木々の伐採は大きな木であればあるほど、危険度が上がってきます。自分で伐採したら電線に引っかかってしまった!なんて事がないように、安全のためにも伐採はプロにお任せしましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
立ち合いがなくとも作業は可能です!お気軽にご相談ください。
伐採 1本 6,100円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

お庭 伐採

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!