生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

特殊伐採は道具も切り方も特殊!プロがもつ特別なスキルを知ろう!

投稿日:2019-04-25 更新日:2019-09-27

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

伐採をしようとしたとき、木と建物が近すぎたり、重機が入れないほど狭い場所だったりすることもあります。そのような特殊な状況や条件で、伐採をするのが特殊伐採です。また、危険な場所での作業も多く、特殊伐採で使う道具は専門的な知識が必要となります。

この記事では、特殊伐採とはどういった伐採方法でどんな道具が必要となるのか、活躍する状況まで詳しくご紹介していきます。また、業者に依頼するとかかる費用の目安も一緒に見ていきましょう。

特殊伐採はどう特殊なのか

大きい木であっても切り倒せるほど十分な広さがあれば、伐採をすることができます。しかし、場所によっては重機が入れなかったり、切り倒す広さがなかったりもするでしょう。そういった特殊な状況で作業しなければならない伐採を「特殊伐採」といいます。

また、重要文化財の近くや神社の神木を切り倒すのにも特殊伐採が使われるようです。伐採方法としては、重機を使うこともありますが、人の力のみで作業をすることが多くなっています。伐採をする木が大きくても小さくても人が上まで登り、狙った方向へと正確に少しずつ切り落としていくのです。

そのため、専門的な知識と高い技術が求められるのも特殊伐採の特徴となります。もちろん特殊伐採で使う道具は通常の伐採とは異なり、木に登るためのロープや身を守るための安全帯などの道具が必要です。さらには、安全に作業をするため道具の使い方をしっかりと知っておくことも重要となるのです。

また、特殊伐採をおこなう技術者たちのために、講習会を開催している会社もあります。特殊伐採での道具の正しい使い方や安全に作業をおこなう方法などテーマにしていて、技術者たちの育成を目的としているのです。講習会の内容はさまざまですが、道具を使って木の登り方の実技練習などもあります。

特殊伐採は道具も切り方も特殊!プロがもつ特別なスキルを知ろう!

特殊伐採の道具

通常の伐採では作業が難しい高所や危険な場所でも、木を切り倒すのが特殊伐採です。そのため、特殊伐採で使う道具には、正しい使い方を知っておかなければならないものもあります。

通常の伐採でも使われる道具

特殊伐採であっても木を切るのに使う道具は、通常の伐採をするときとあまり変わりません。しかし、人が木に登っての作業が多く足元が不安定なため、少ない労力で枝や幹を切ることができるチェーンソーがおもに使われるようです。

場合によっては、ノコギリや斧も併用しています。また、チェーンソーの刃や木くずから身を守るため、安全服や手袋も通常の伐採と同じものを使用することが多いようです。もちろん、ヘルメットや防塵メガネなども身に着けます。

特殊伐採で使われる道具

大小さまざまな大きさの木に登って作業をするので、落下防止のための安全帯を着用する必要があります。安全帯だけでは不安定に感じる方もいるようで、太ももから肩にかけて身体全体を固定するフルハーネス型の安全帯を使うこともあります。

また、木を登るのに使うロープと一緒に、落下を防ぐアッセンダーや落下速度を調整するためのディセンダーを併用し、より安全性を高めます。特殊伐採では高所や危険の多い場所での作業が多く、身の安全を守るための道具は欠かせません。

特殊伐採が活躍する状況

大きくなり過ぎた巨木の伐採や狭い場所のような状況となると、周りに被害が及ぶおそれもあり簡単に作業することはできません。しかし、そのような状況でこそ活躍するのが特殊伐採なのです。

文化財の近くや神社の神木がある場所

文化財のような建物は、大変貴重で間違っても傷つけることはできません。また、神社の神木であれば、樹齢数千年となる巨木が多くなります。そのため、建物への被害を確実になくし、どんな巨木でも切り倒せるような高い技術と知識が必要となる特殊伐採の道具を使い伐採していくのです。

重機が入れないような狭い場所

住宅街や山のなかの場合、道が狭くて重機が入っていけないこともあります。そのような状況で巨木の伐採をするには、人が木に登って作業をするしかありません。そのため、重機が入っていけないような場所では、特殊伐採で木を切り倒していきます。

電線の近くなど木を切り倒せない場所

伐採をする木が電線の近くにあり、切り倒したとき引っかかってしまっては大変危険です。また、木から伸びた枝の下に隣の家がある場合にも、間違った方向に切り倒しては危険でトラブルの原因にもなります。こういった状況でも、通常の伐採ではなく特殊伐採を使って安全に木を切り倒していくのです。

特殊伐採の費用

特殊伐採は、木を切り倒すのが難しい状況や危険な場所での作業が多いです。そのため、特殊伐採で使う道具は特殊なものがあり、通常の伐採を依頼するよりも費用は高くなる傾向にあります。そこで、特殊伐採で必要となる費用の目安がわかる計算方法を知っておきましょう。

基本的に特殊伐採の費用は、木の高さと工賃と呼ばれる実際の伐採費用、そしてリスク代を掛け合わせるという計算で求められることが多いようです。また、ここに重機の使用料などがオプションとして追加されることもあります。木の高さは、メートル(m)を単位として計算されます。

また、工賃とは実際の伐採にかかる費用を含め、そのほかの木や葉などを運ぶ費用も含まれます。工賃は業者によって大きく異なり、数千円~数万円という場合もあるようです。リスク代は、作業をする上で0.5~2.0のような、危険度を設定した数字になります。

危険度は、周りにとくになにもなく作業に支障がない場合には0.5です。逆に、作業をする周りに家や電線などの障害物がある場合は2.0になるなど、伐採をする上での状況によって異なります。ただし、特殊伐採のほとんどが危険を含む特殊な場所での作業になるため、リスク代は上限で考えておくといいでしょう。

コニファーが大きくなりすぎたときの伐採方法をご紹介!伐根もしよう

まとめ

木を切り倒すのに十分な広さがない状況や重機が入っていけない場所など、伐採が困難で危険を含むときに特殊伐採が活躍します。高所での作業も多く危険なため、身の安全を守るためにも特殊伐採で使う道具は専門的な知識が必要です。

そのため、業者に通常の伐採を依頼するよりも費用は高くなる傾向にあります。しかし、無理に自分で特殊伐採をしては、命の危険やトラブルにもなりかねません。そのような事態を避けるためにも、高い技術と専門的な知識を持つ業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

伐採を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「伐採」をご覧ください。

伐採のプロが迅速対応!
庭木1本からお任せください!
※対応エリアや加盟店によって変わります
木々の伐採は大きな木であればあるほど、危険度が上がってきます。自分で伐採したら電線に引っかかってしまった!なんて事がないように、安全のためにも伐採はプロにお任せしましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
立ち合いがなくとも作業は可能です!お気軽にご相談ください。
伐採 1本 5,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-09-27 12:27:04
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_felling/139330/
お庭
伐採をしようとしたとき、木と建物が近すぎたり、重機が入れないほど狭い場所だったりすることもあります。そのような特殊な状況や条件で、伐採をするのが特殊伐採です。また、危険な場所での作業も多く、特殊伐採で使う道具は専門的な知識が必要となります。この記事では、特殊伐採とはどういった伐採方法でどんな道具が必要となるのか、活躍する状況まで詳しくご紹介していきます。また、業者に依頼するとかかる費用の目安も一緒...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 伐採

伐採のお問い合わせ・ご相談はこちら

伐採についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!