生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロック塀は安全?安全性と目的を知ることで手軽に楽しもう

投稿日:2017-09-06 更新日:2018-11-13

ブロック塀は安全?安全性と目的を知ることで手軽に楽しもう

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

昔から様々な場所で使用されているブロック塀ですが、詳しく知っているという方は少ないのではないでしょうか?ブロック塀は他の素材とくらべて安いため、手軽に利用することができます。ですが、しっかりとした知識がないと、後悔してしまうことや倒壊などの恐れもあります。そうならないためにも、ここではブロック塀について詳しく見ていきましょう。

ブロック塀の目的って何?基準とかはあるの?

ブロック塀は街中で見かけることの多いものではないでしょうか?プライバシーを保護する手段として様々な場所で使用されています。また、ブロック自体は塀以外でも使用することができる、とても便利なものです。道路にある溝などの蓋や駐車場の車止めなどはもちろん、花壇の間仕切りや装飾として使っている方もいるぐらい手軽なものです。

ブロック塀の本来の目的は防犯とプライバシーの保護です。ブロック塀を設置する場合は、街の景観や建物や門周りの様式などを配慮します。また近隣の方に日照や風通しを配慮しなければいけません。種類も豊富で和風の建物はもちろん、洋風の建物にも調和するものがあります。

人の視界を遮るためには180cmあるほうがよいとされています。高ければよいのかと思うかもしれませんが、コンクリートブロックの塀の高さは建築基準法によって、2.2m以下でなければならないと決められています。鉄筋で補強して2.2m以下です。また高すぎるとどうしても圧迫感が生まれてしまうので、高くし過ぎないようにしましょう。
      ブロック塀の目的って何?基準とかはあるの?

ブロック塀のメリット・デメリット

ブロック塀にもメリット・デメリットがあります。違いを知ったうえで導入するようにしましょう

メリット

・道路からの視界を遮ることができ、プライバシーを守れる
・メンテナンスの頻度を減らすことができる

デメリット

・外が見えないので圧迫感がでてしまう
・風通りが悪くなることがある
・地震などで倒れてしまうと事故などが起こる可能性がある

ブロック塀にも種類が?普通のブロックと化粧ブロックの違い

普通のブロックと違い、積み上げるだけで壁面がデザインされる化粧ブロックがあります。一般的なグレーのもののような平面ではなく、デコボコしていたり、色がカラフルだったりします。しかし、化粧ブロックを取り入れるさいには上につけるフェンスや家とのバランスも大事になってきます。

化粧ブロックには様々な種類があります。それぞれの特徴を理解して、ご自身にあった化粧ブロックを選ぶようにしましょう。

ビーロック

浅い溝と深い溝がほどこされており、直線が特徴的なブロックです。普通のブロックと違い、シャープでフォルムが特徴的です。美しい縦ラインを規則的に2:1で描き、比較的どの建物にもあいやすく、様々な場所で使用できます。

ランダムリシェ

選りすぐりの素材を配合し、上品な質感をもったブロックです。ランダムに施されたラインが連なり、より一層上品な風格に仕上がっています。

ランダムラグゼ

エッジラインに配慮したことによって、デザインに自由度がうまれたブロックです。厳選された素材を使用しているので、影が際立ち、独特のデザインを演出することができます。

フルール

一つ一つのブロックに異なる味わいがあり、水彩画のような美しさで表現されたブロックです。華やかで上品に引き立てています。

ビースマイル

温かみの質感でモダンテイストの住宅にあうブロックです。カラーも豊富で、やさしい風合いが特徴です。

リシェ12/15

透明感があるのが特徴で、表裏異なるものをリバーシブルに使用することも可能なため、バリエーション豊かに塀を演出することができます。4色2ラインが主流です。

アルペ

V字スプリット加工という製法が使用されたブロックで、美しい質感が特徴です。高級種石を使っているので、高級感にあふれています。
      ブロック塀にも種類が?普通のブロックと化粧ブロックの違い

崩れるのが心配?ブロック塀の安全性について

ブロック塀は、コンクリート塀よりもお手軽に使用できるので、ついDIYでやってしまおうと考えてしまう方もいるかと思います。しかし、しっかり施工を行わないと危険にさらされます。塀を建てるときには、中に鉄筋とモルタルを入れて、ブロック同士を1つの物としてつなぎ合わせていきます。

もし、施工のときに上記の作業を行っていないと、ブロックにひびが入ったり、仕上がりが傾いたり、寄りかかっただけ倒れたり、強風などで倒れたりする危険性があります。このような症状が出てきてしまったら、残念ながら補強することはできないため、基礎からやり直しをしなければなりません。

ブロック塀を建てるのには素人には難しく、間違えた作業をすると大変危険です。DIYでブロック塀を高く積むのはおすすめできません。
      崩れるのが心配?ブロック塀の安全性について

まとめ

今回ご紹介した、ブロックのメリット・デメリットや種類を知ることで、実際に施工を考えるときのイメージがつきやすくなったのではないでしょうか?ブロック塀はしっかりとした工事やメンテナンスを適度に行うと、耐久年数が30年にもなると言われています。しかし、工事の仕方によっては耐久性が下がってしまうこともあるので、DIYで行わずしっかりとしたプロに依頼をすることをおすすめします。

ブロック工事・コンクリート工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ブロック工事・コンクリート工事」をご覧ください。

無料現地調査いたします!
ご希望の日時で作業可能!
※対応エリアや加盟店によって変わります
欠けたりひびが入ったブロックの補修からブロック塀の撤去まで、幅広い種類の依頼に対応しています。もちろん撤去したブロック塀の処分はお任せください!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
基礎工事や外構工事、補強工事などさまざまな工事に対応します
ブロック工事 18,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-13 13:29:10
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_block/9278/
お庭
昔から様々な場所で使用されているブロック塀ですが、詳しく知っているという方は少ないのではないでしょうか?ブロック塀は他の素材とくらべて安いため、手軽に利用することができます。ですが、しっかりとした知識がないと、後悔してしまうことや倒壊などの恐れもあります。そうならないためにも、ここではブロック塀について詳しく見ていきましょう。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 ブロック工事・コンクリート工事

ブロック工事・コンクリート工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

ブロック工事・コンクリート工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!