生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウッドデッキは屋根付きにしよう!日々の生活がより快適になります

投稿日:2017-11-20 更新日:2018-10-31

ウッドデッキは屋根付きにしよう!日々の生活がより快適になります

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

庭の雰囲気を変えたいときや、庭でもっと快適に過ごしたいと考えている方の中には、バルコニーやウッドデッキの設置を検討している方も少なくありません。また、設置する際に悩んでしまうものの一つに屋根があります。バルコニーやウッドデッキに屋根がなくても支障はありませんが、設置をするとより快適に過ごせるかもしれません。
そこで今回は、屋根の設置についてメリットや注意点を詳しくご紹介していきます。

ウッドデッキに屋根をつけるとココが快適

ウッドデッキなどに屋根をつけるとどのようなメリットがあるのでしょうか。メリットを知ることで、より快適に過ごせるかもしれません。

・日差し除け
屋根があれば、夏場でも直接日が当たることがほとんどありません。そのため、体感温度が下がり、快適に過ごすことができます。天気のよい日でもウッドデッキで快適に遊ぶことができます。

・紫外線を防ぐ
日差しを遮るだけでなく、紫外線をカットすることもできます。ウッドデッキで遊ぶ子供やペットにも優しく、紫外線による家具などの変色を遅らせることもできます。

・冷房費の節約
上記のように日差しよけになる屋根は、室内の温度の上昇を抑えることもできます。そのため、エアコンなどの冷房費などの節約にもつながります。

・目隠し
屋根をつけることによって目隠しになり、カーテンを閉めなくても室内のプライバシーを守ることができます。

・雨や雪除け
雨の日など天候の悪い日でも屋根があると、いつでも洗濯物などを干すことができます。また、ウッドデッキの劣化の大きな要因である雨や雪を防いでくれるので、より長持ちさせることができます。

・住まいがおしゃれになる
屋根の色合いによっては、カラーバリエーションが豊富になるので、おしゃれな住まいづくり役立ってくれます。

このようにウッドデッキをつけることによってメリットがたくさんありますが、どのような目的で屋根をつけるかを事前に決めておくことも重要になってきます。
      ウッドデッキに屋根をつけるとココが快適

シェードタイプのウッドデッキ屋根

日除けが目的であれば、シェードタイプの生地がおすすめです。タイプもさまざまで、窓の前に斜めに縛り付ける大きなものから、窓に取り付けるような小さなものからまで幅広くあります。
値段の安いものならホームセンターなどでも入手することができるので、自分で取り付けることも可能です。イメージとしては、室内に取り付けるロールカーテンを外に取り付けるものと考えるとよいでしょう。

シェードタイプのウッドデッキ屋根の特徴としては、値段が安いだけでなく、日光を遮ってくれ、取り付けも比較的簡単になっています。日差し除けが目的で、簡単に取り付けたい方にはおすすめの素材となっています。
           

オーニング(テント)タイプのウッドデッキ屋根

ウッドデッキ屋根の種類の中には『オーニング』というものがあります。オーニングと聞いてもピンとこない方がほとんどはないでしょうか。簡単に言うと、日除け効果がある布製のキャンバスのことです。

布だと簡単に破れてしまうのではないかと考えてしまいがちですが、アルミメーカーから発売されているものは主にポリエステルなどでできているため頑丈です。また、耐久性や耐候性に優れたものを競うように出しているのも特徴的です。他にも様々な特徴があります。

・日光を遮るだけでなく、室内や庭先などに強い日差しを入れないようにし、快適にしてくれる効果があります。
・日光を遮ると同時に紫外線をカットするので日焼けの対策も可能となっています。
・部屋の中が日陰になるため、エアコン代が節約され、CO2対策にもつながります。
・多少の雨なら避けることも可能です。
・キャンバスを出し入れすることもできます。
・キャンバスがカラフルなため、ウッドデッキにあわせて選ぶことができます。

オーニングはキャンバス生地なので、少し高い値段設定になっていることが多いようです。また、取り付け自体は難しくありませんが、意外と重量感もあるため、素人では取り付けが難しいかもしれません。他にも風の影響も受けやすいので、取り付けは業者にまかせることをおすすめします。
     

ウッドデッキ屋根の勾配の作り方

ウッドデッキに屋根を作る時には勾配に気をつけなければいけません。ウッドデッキの屋根には汚れが屋根に溜まり、下から見えてしまうこともあります。また、屋根に雨などが溜まり、重みに耐えられなくなり、せっかく屋根を設置してもすぐに壊れてしまうおそれもあります。そうならないためにも、屋根の角度が重要になってくるのです。

一般的に屋根の勾配は「○寸勾配」という呼び方がされ、建築設計では直角三角形に数値を添えられて表されていることが多いです。
たとえば「3寸勾配」の場合、「10の長さに対して3下げる」という意味になっており、4寸勾配だと「10の長さに対して4下げる」となります。

屋根にとって勾配は重要なポイントとなっていきますが、素人には難しいです。角度を正しく設定しないと水が溜まったり、施工が難しくなったりと問題が発生します。

まとめ

庭に素敵なウッドデッキやバルコニーがあることで庭を新たに演出してくれます。それだけでなく、屋根などをつけるとさらに生活が快適になるかもしれません。しかし、一度取り付けてしまうと取り外しが難しいことやイメージと違うものをつけてしまうおそれもあります。

そうならないためは、一度業者に相談してみることをおすすめします。相談することで、より素敵な庭になるかもしれません。

バルコニー設置を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「バルコニー設置」をご覧ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-31 14:50:59
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_balcony/19695/
お庭
庭の雰囲気を変えたいときや、庭でもっと快適に過ごしたいと考えている方の中には、バルコニーやウッドデッキの設置を検討している方も少なくありません。また、設置する際に悩んでしまうものの一つに屋根があります。バルコニーやウッドデッキに屋根がなくても支障はありませんが、設置をするとより快適に過ごせるかもしれません。そこで今回は、屋根の設置についてメリットや注意点を詳しくご紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 バルコニー設置

お住まいの地域のバルコニー設置業者を検索

バルコニー設置のお問い合わせ・ご相談はこちら

バルコニー設置についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!