生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

舗装工事は雨の日にはやらない方がいい?施工の注意点を理解しよう!

更新日:2021-02-09

舗装工事は雨の日にはやらない方がいい?施工の!注意点を理解しよう!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

普段から目にすることが多いアスファルトは、しっかりと舗装や整備がされています
このような舗装に仕上げるにはしっかりとした工事が必要となってきます。しかし、その施工を天気が邪魔をすることがあるかもしれません。

天候の予想は誰にだって難しいものです。では、天候が悪くても工事を行ってよいのでしょうか。そこでここでは、舗装工事を雨の日にしてもいいのかを重点におきながら、舗装工事について詳しく見ていきます。

舗装工事は雨の日でも行えるのか?

梅雨の時期など、雨が多く降る季節にはあまり舗装工事を見かけないかもしれません。しかし、近年ではゲリラ豪雨など突然の雨などに施工中襲われることもあります。

舗装工事の中でも、新しく舗装し直す打ち替え工事は温度管理が重要になってきます。そのため、品質管理上適切な気温であることや、降雨が比較的少ないことなどを考慮しながら実施日を決定しているのです。

その他の補修工事についても、交通量などさまざまな条件を考慮し、年間で補修計画を立てているのです。工事の日数も、なるべく工事の集約化を図りながら回数や時間を減らすように工夫しているのです。

交通量が多い場所や大型車が多い場所などは、舗装のアスファルトが徐々に傷んでしまいます。この傷んだところに雨が入り込んでしまうと、アスファルトがはがれやすくなってしまいます。
また、車両が通過した際にその部分がはがれてしまったり、ポットホールと呼ばれる円形の穴が開いたりします。

このような状態になると、走行する車にとって危険になり、放置しておくとどんどん大きくなるため、早急に処置しなければなりません。雨が続いた後などは、念入りに路面の点検を行っているのです。

そのため、舗装工事では雨の日は避けた方がよいと言えるでしょう。
      舗装工事は雨の日でも行えるのか?

もし舗装工事中に雨が降ったら?

舗装に使うアスファルトは、通常加熱した材料で施工されることが多いようです。
舗装するときには最後に、ロードローラーなどの転圧機を使い、アスファルトを転圧しながら温度を下げていきます。そうすると、余分な隙間を埋めることができるので十分な強度を持つことができるのです。

しかし舗装工事中に雨が降っていると、成型も転圧もできないうちに雨で冷めてしまうため、本来必要とされる強度が確保できなくなることもあります。小雨程度なら作業を続けることができますが、大降りになってくると作業を中止しなければなりません。

道路などの舗装工事をしている場合は小雨でも中止する場合があります。道路を舗装する場合は反対車線に車が通っていることが多いですが、雨が工事途中の熱いアスファルトの上に降ってしまうと湯気が出てしまい、反対車線の通行車両の視界をさえぎってしまうこともあるため、慎重な作業をしているのです。

舗装工事を雨の日に行う業者について

舗装工事を雨の日に行うのは基本的にはよくありません。せっかくきれいな仕上がりになっても、数か月でひび割れてしまったり、穴が開いてしまうおそれも出てくるからです。

しかし、それでも工事を行う業者はまれにいるのです。なぜ雨の日に舗装工事をするのかというと、ほとんどは工事期間が確保できていないのが原因です。工事期間がないということは予算もないことが多いのです。予算がなければ、工事期間を短くしなければならず、たとえ雨が降っていても無理に工事を行う必要があるからです。

少しでもきれいで長く使用するには、安すぎる工事には気をつけなければいけません。予算を十分に用意し、見積りをしっかりしてもらうことも大切です。
それでも不安があるようであれば、業者に雨の日は工事をしないように直接伝えておくのもよいかもしれません。
      舗装工事を雨の日に行う業者について

アスファルトに雨が降ったときのニオイの正体

アスファルト舗装中に雨が降ったときにニオイがすることがあります。このニオイは非常にキツイときもあるため、嫌がられることが多いようです。このニオイは有害物質なのではと思っている方も少なくありません。
アスファルト舗装で出る有害物質は基準値をきっちりクリアしたもので非常に微量なので、人体に影響が出ることはないでしょう。

では、なぜニオイがするのでしょうか。アスファルト舗装してある部分は太陽の熱を蓄えます。それが突然の雨に降られてしまうと、雨が蒸発し、匂ってくるのです。夏の夕立でニオイがよくするのはこの原理のことが多いようです。
      アスファルトに雨が降ったときのニオイの正体

まとめ

アスファルト舗装工事は雨によって中断されることもありますが、非常に便利で今ではどこにでも見かけることが多くなってきました。しっかりと舗装されているところは見た目がきれいなだけでなく、安全を確保してれくれます。

アスファルト舗装を考えているのであれば一度業者に相談してみてはいかがでしょうか。相談することで、最適な日程を組んでくれるかもしれません。

アスファルト工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「アスファルト工事」をご覧ください。

どんな場所でも施工します
事前現地調査お見積り無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
1台分の駐車場から大型店舗の駐車場、アスファルトのひび割れの補修工事まで、幅広く工事を請け負っています。お見積り、現地調査は無料です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
すでにアスファルトで舗装されている場所の舗装も可能!
アスファルト 平米 5,500円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
21投票,  平均評価値:3.7

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

お庭 アスファルト工事

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!