生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

庭はアスファルト舗装と土間コンクリート舗装どっち?両者を徹底比較

投稿日:2017-11-08 更新日:2020-01-09

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

自宅の庭を駐車場にリフォームしたり、土地活用の一環として駐車場経営を考えたりする人も多いのではないでしょうか。庭の舗装にはアスファルトと土間コンクリートの2つの手段がありますが、この2つの違いはどこにあるのでしょうか。
今回は庭をアスファルトで舗装する場合と土間コンクリートで舗装する場合のメリット・デメリットの面と費用の面から比較してみました。

庭を舗装する二つの手段

アスファルトと土間コンクリートそれぞれどのような違いがあるか見ていきましょう。

アスファルト舗装

砕石や砂などの「骨材」と「アスファルト」を加熱して混合したものをアスファルト混合物といいます。庭をアスファルトで舗装する場合、この混合アスファルトを敷き詰めてならし、転圧して施工します。

アスファルト舗装のメリット
・単価が安い
・施工後数時間で開放できる
・工事にかかる時間が短い
・排水性がよく、静音性も高い

アスファルト舗装のデメリット
・耐久性が低く、ひび割れ・凹みができやすいのでたびたび補修が必要
・真夏の昼間はやけどするほど高温になる

土間コンクリート舗装

土間コンクリート舗装は、アスファルトの合材がコンクリートに変わったものです。アスファルトに比べると非常に硬くて丈夫ですが、柔軟性では劣ります。そのため、コンクリートの中間部分などにワイヤーメッシュや配筋(鉄筋を配置すること)を施します。

土間コンクリート舗装のメリット
・固くて丈夫
・耐久性に優れているため、補修頻度が少なくて済む
・真夏の表面温度の上昇が抑えられる

土間コンクリート舗装のデメリット
・単価が高い
・工事完了までに時間がかかる
・表面はきれいだが、雨の日などは非常に滑りやすくなる
庭を舗装する二つの手段

アスファルトと土間コンクリートの施工に掛かる費用を比較

庭をアスファルトで舗装する場合と、土間コンクリートで舗装する場合の費用の相場を紹介します。一概には言えませんが、一般的な相場を紹介するので参考にしてみてください。

アスファルト舗装の場合

 

アスファルト舗装
項目 料金(1平方mあたり)
舗装面掘削 300~500円
残土処分 800~1,100円
砕石敷き 300~400円
アスファルト表面舗装 3,000~4,000円

庭をアスファルトで舗装する場合、平米あたり4,400円~6,000円程度が相場となってくるようです。

土間コンクリート舗装の場合

 

土間コンクリート舗装
項目 料金(1平方mあたり)
舗装面掘削 300~500円
残土処分 1,000~1,500円
砕石敷き 300~400円
コンクリート表面舗装 7,000~9,000円

庭を土間コンクリートで舗装する場合、平米あたり8,600円~11,400円程度が相場となってくるようです。

アスファルト舗装、土間コンクリート舗装のいずれも施工面積が広くなるほど単価は下がります。
アスファルトと土間コンクリートの施工に掛かる費用を比較

庭を舗装するならどちらが費用を抑えられるか

一般家庭の庭を舗装する場合はアスファルトと土間コンクリートではどちらが費用を抑えられるのでしょうか。
単価として見ると土間コンクリート舗装のほうが高くなりますが、一般家庭の庭程度であればあまり大きな差はないかもしれません。

それよりも重視されるのが「耐久性」の部分です。
庭をアスファルトで舗装すると、経年劣化や摩耗による定期的なメンテナンスが必要になってくるケースが多いです。そのため、初期費用が高くなっても長期的な目で見ると安くなる土間コンクリート舗装が選ばれることが多いようです。

舗装以外に掛かる費用

空いた土地や庭をアスファルトやコンクリートで舗装し、駐車場を経営しようと考えている方は舗装以外にかかる費用についても把握しておきましょう。

整地費用

車の重量に耐えられる地盤にするためには掘削をして砕石を敷き詰めて転圧する工事が欠かせません。
さらに掘削で出た残土の処分費用なども加わりますが、残土には空気も含まれているため、その分膨張します。たとえば10cm掘削した場合、12cm分程度の費用がかかります。
200平米の駐車場の場合、250,000円~300,000円程度かかるようです。

ライン引きと車止め

アスファルト舗装や土間コンクリート舗装をおこなったら、その上から車を駐車できる範囲を決定するラインを引く必要があります。
費用の相場は10台分で50,000円程度のようです。

また、車止めを設置する場合もその設置費用が必要です。費用の相場は1つ3,000円~3,500円程度。これを左右に設置するので、1台あたり6,000円~7,000円程度のようです。

歩道の切り下げ

道路との出入り口に駐車場を新たに作る場合は歩道の切り下げ工事が必要になります。手間がかかる作業ですので業者に一任する方がスムーズに進みますが、その分費用が高くつきます。
費用の相場は300,000円~500,000円ほどのようです。

その他

駐車場の管理や運営を委託する場合はその委託費用、精算機や入出庫バーなどを設置する場合はその設置費用もかかります。
舗装以外に掛かる費用

まとめ

庭をアスファルトで舗装する場合と土間コンクリートで舗装する場合、それぞれを比較しましたが、いかがでしたでしょうか。
アスファルトとコンクリートそれぞれメリット・デメリットあるので、それを踏まえながら検討するのがよさそうです。また、その土地の特徴も踏まえて決めていくとよいでしょう。

アスファルト工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「アスファルト工事」をご覧ください。

どんな場所でも施工します
事前現地調査お見積り無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
1台分の駐車場から大型店舗の駐車場、アスファルトのひび割れの補修工事まで、幅広く工事を請け負っています。お見積り、現地調査は無料です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
すでにアスファルトで舗装されている場所の舗装も可能!
アスファルト 平米 5,000円 (税抜) ~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:しずえ
ガーデニングが趣味。以前プランターに付く害虫に悩まされたことがあり、駆除に効く薬の知識が豊富。分かりやすい言葉で解説できるよう心掛けている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-01-09 14:37:10
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_asphalt/17244/
お庭
自宅の庭を駐車場にリフォームしたり、土地活用の一環として駐車場経営を考えたりする人も多いのではないでしょうか。庭の舗装にはアスファルトと土間コンクリートの2つの手段がありますが、この2つの違いはどこにあるのでしょうか。今回は庭をアスファルトで舗装する場合と土間コンクリートで舗装する場合のメリット・デメリットの面と費用の面から比較してみました。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 アスファルト工事

アスファルト工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

アスファルト工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!