生活110番ニュース 家具・雑貨修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピアノ調律は定期的に行いましょう!調律の内容や費用相場について

更新日:2021-04-30

ピアノに

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

何年か弾くことなく放置してあったピアノ。思い立って鍵盤を叩いてみたら、うまく音が鳴ってくれない……そんな経験はありませんか?実は、ピアノはまったく弾かなくてもだんだんと音階がずれてしまう楽器です。

楽器には定期的なメンテナンスが付き物ですが、なかでも弦楽器はデリケートな部類だといわれています。弦楽器の代表格であるギターやバイオリンなどと同じように、ピアノもまた弦を使用して音楽を奏でる楽器なので、繊細なケアが必要になります。

本コラムでは、ピアノの音を整える「調律」というメンテナンスに着目して、どんなときに調律が必要なのか、ピアノの調律をプロに依頼した場合の費用はいくらになるのかなどを解説します。

なぜピアノ調律が必要なのか

ずれてしまった音階を整え、再びきれいな音を鳴らせるようにするメンテナンスのことを、「調律」と呼びます。そもそも、なぜピアノを調律しないと音がずれていってしまうのでしょうか。

机のような見た目と澄んだ独特の音律から誤解されがちですが、ピアノはギターやバイオリンと同じ「弦楽器」という種類の楽器です。

弦楽器はその名のとおり、ピンと張った弦を使って音を鳴らす楽器のことで、ピアノの内部にも鍵盤に連動した金属製の弦、いわゆるピアノ線が張ってあります。

鍵盤を指で叩くと、対応したハンマーが勢いよく持ち上がり、内部の弦を叩いて音を出すという仕組みでピアノは音楽を奏でます。音を出す度に弦には衝撃が加えられるため、ピアノを鳴らし続けると次第に金属の弦は伸び、張りがゆるんで音がずれていってしまいます。

ではピアノを弾かず、弦を叩かなければ音はずれないのかというと、そうではありません。弦は90kgにもなる強い張力でピンと張られた状態なので、何もしなくてもだんだんと伸びていってしまいます。

そのため、頻繁に使わないピアノであっても定期的に調律を行って、ゆるんでずれてしまった音を調整しなおす必要があるわけです。

ピアノ調律の主な内容

ピアノの調律では、どのような作業を行うのでしょうか。主な3つの調律作業を、下記にご紹介いたします。

調律(チューニング)

ピアノは200本以上の弦を鍵盤の動きに合わせて叩くことで音を出します。無数に連なった弦の一本一本が正しい音階で鳴るように、調整していく作業が「調律」です。

チューニングハンマーと呼ばれる専用のハンマーで弦を個別に叩き、奏でられる音が正しい音階であるかをチェックして、ズレがある場合はギターのようにつまみをひねって弦の張りを強めたり、ゆるめたりして音を調節していきます。

整調

ピアノの弾き心地、鍵盤を叩いたときに返ってくる手ごたえを調節する作業を「整調」といいます。これはたとえば、鍵盤を押して音を出し、鍵盤から指を放してハンマーが戻るまでのタイムラグや、鍵盤自体の重さ・軽さなどが関わっています。

演奏者の指に吸い付くような心地よい手ごたえや、演奏のリズムを的確に刻むためには、ピアノの各部品が正確かつスムーズに動作する必要があり、これを調節するのが整調という作業です。

整音

ピアノの音がきれいに鳴るように整える作業のことを「整音」と呼びます。ハンマーで弦を叩いて音を出す仕組みの都合上、ハンマーの硬度や形状によって音質は大きく影響されます。

使い続けてすり減ってしまったハンマーの形を整えたり、経年劣化してしまったハンマーを熱や薬品で補修したりといった作業によって、音質を改善していきます。

なぜピアノ調律が必要なのか

こんな症状が出たらメンテナンスを

上記のような作業によってピアノの音を修正していく調律作業ですが、どのタイミングでピアノの調律を行えばいいのでしょうか。調律が必要となるサインとして、6つの症状が挙げられます。

鍵盤の戻りが遅い
音を鳴らしたあと、指を放したのに鍵盤がスっと戻らない場合、ピアノ内部の動作機構に不調が起きている可能性があります。整調を行って動作をスムーズにする必要があるかもしれません。

鍵盤が下がったまま
戻りが遅い場合と同じように、鍵盤が下がったままになってしまっている場合はより深刻です。なるべく早く調律に出すべきでしょう。

ペダルが機能しない
音の延び具合を調節する足踏みペダルがうまく機能しない場合も、動作機構に異常が発生しているおそれがあります。

雑音が混じる
鍵盤を叩いた際に雑音が混じる場合は、弦やハンマーに不調が起きているサインです。調律を行って雑音を取り除いてあげましょう。

音が鳴らない
特定の鍵盤の音がならない場合、弦を叩くハンマーがうまく上がっていないか、弦がゆるみきってしまっている可能性があります。メンテナンスを行って原因をはっきりさせる必要があります。

音が鳴り続ける
鳴らした音がいつまでも響き続ける、鍵盤を放しても音が鳴りやまないといったケースです。ハンマーには音を出す機能と、出した音を止める機能があり、止める機能の方に異常が発生している可能性があります。

こんな症状が出たらメンテナンスを

ピアノ調律にかかる費用相場

ピアノの調律をプロに依頼した場合、費用相場はピアノの種類や大きさによって変動します。

・アップライトピアノ 12,000円~15,000円

・グランドピアノ   13,000円~20,000円

上記の金額は、ピアノの「調律」作業のみを行った場合の費用になります。整調や整音が必要になる場合は、さらに諸費用が計上されることがあります。

また、ピアノは時間が経つと音程がどんどんずれてしまう楽器なので、調律費用は前回調律してからどの程度の期間経っているかによっても変わる可能性があります。見積もりをとる場合は、前回の調律日時もあわせて伝えるようにしましょう。

ピアノの長く使うためには

ピアノの調律は、ピアノを使ううえで必要不可欠なメンテナンスです。適切なメンテナンスを施していれば、何十年と使えるのがピアノという楽器の魅力ですが、使い方によっては寿命が縮まることもあります。

ピアノを長く使い続けるためには、定期的なメンテナンスに加え、ピアノが劣化しにくい使い方をするよう心がけましょう。以下に、ピアノを長持ちさせる秘訣をご紹介します。

温度や湿気に気をつかう

ピアノはとても繊細な楽器です。木材やフェルト、樹脂に金属と、多種多様な素材が部品に使われているため、温度や湿気といった環境の影響が大きいとされています。温度の急変化にさらされれば、内部部品が膨張したり収縮したりして、弦の張りを変化させてしまうことがあります。

ピアノの換気を行う

ピアノを設置する環境において湿気は重要です。ピアノの心臓部ともいえる金属の弦は、湿気の強い環境下では急速にさび付いてしまいます。可能であれば定期的にピアノを開き、内部を換気して湿気がこもらないようにしましょう。

ピアノを弾く

ピアノを長期間放置せず、できるだけ音を出すようにしましょう。ピアノの音は、ピアノの調子を判断する何よりの判断材料になります。音が変だな、反応が悪いなと感じたら、それはピアノの内部になにかしらの異常が起きているサインです。早めに調律を行ってあげないと、大規模な修理が必要になってしまうかもしれません。

.ピアノの長く使うためには

まとめ

ピアノは湿気などにも影響されるほか自然に音がずれていくという特徴があるデリケートな楽器ですが、しっかり調律されたピアノの奏でる澄んだ音色はすばらしいものです。

心を込めて扱えば、一生モノの財産にもなるピアノ。末永く付き合っていくためにも、ピアノの調律をきちんと行って寿命を延ばしていきましょう。

ピアノ調律 ピアノ修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ピアノ調律 ピアノ修理」をご覧ください。

経験豊富なスタッフが対応
調律空き年数による割増なし
※対応エリアや加盟店によって変わります
ピアノを長年使用していると音の狂いが生じてくるものです。ピアノの調律は自分ではおこなわず、音の聞き分けができるプロにお任せするのがオススメです!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
調律だけでなく修理もおこないます。気になることはご相談を!
ピアノ調律・修理 13,200円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ともき
古いアパートで雨漏りの被害に悩まされたこともあり、家の外壁や屋根には人一倍注意を払うようになった。注意ポイントなどがしっかり伝わるよう心掛けている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!