生活110番ニュース 家具・雑貨修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピアノは生きもの?ピアノの音が狂う原因と対策をご紹介します!

更新日:2021-04-30

ピアノは生きもの?ピアノの音が狂う原因と対策をご紹介します!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

やさしい音色を奏でてくれるピアノは、わたしたちの心を癒してくれますよね。そんなピアノも、わたしたち人間と同じように環境などの影響を受けやすく、非常にデリケートなものなのです。

環境がよくないせいでピアノの音が狂ってしまい、思うような音が出せないということもあります。ピアノの音が狂った状態で練習していては上達をさまたげてしまうことになりかねません。

今回は、ピアノの音がどうやってわたしたちの耳にまで届いているのか、そのピアノの音が狂う原因はなんなのか、そしてその対策をご紹介していきます。

ピアノの音が出るしくみ

ピアノの内部にはハンマーという部品があり、鍵盤を押すとその奥にあるハンマーが下から弦を打ちます。音が出る基本的な仕組みはこうなっていますが、音が出るしくみはそれだけではありません。

鍵盤が底にあたる音、アクション部品が運動する音、さまざまな打音がピアノ全体に響きわたり、その集合体が、私たちが普段聞くピアノの音です。

基本はピアノ全体から音が鳴っていると考えてよいですが、アップライトピアノなら背面、グランドピアノなら底面に特に大きな音が鳴り響くと言われています。

ちなみに電子ピアノやエレクトーンは、構造が全く違い、電気的に振動を作り出しており、その振動によってスピーカーから音を出しています。

      ピアノの音が出るしくみ

ピアノの音を決める重要な部品「弦」について

ピアノの構造において、ピアノの音を出す重要な役割を担っているのが「弦」です。一般的なピアノの鍵盤は白鍵と黒鍵と合わせて88鍵あり、弦の数は230本前後といわれています。

「どうして88鍵に対して200本以上も弦があるの?」と思う方も多いでしょう。それは中音と高音の鍵盤は、1つに対して3本ずつ弦を張っているからなのです。

低音は最低音に近づくにつれ、3本から2本へと減っています。音の高さによって本数が異なってきます。弦の長さは低音から高音になるにつれて短くなります。弦の太さも、高音にいくほど細くなっていくように、弦の太さも異なります。

音域によって弦の数や太さが変わる理由は、その場所に応じて音量を大きくするという目的と、音の響きを豊かにするためです。

      ピアノの音を決める重要な部品「弦」について

ピアノの音に狂いが生じる理由とは

まず第一に、ピアノは生きているということを頭にいれてください。木材を使って作られている以上、部屋の湿度や温度、使用頻度によっても大きく変化するからです。ピアノの音の狂いは、響板など木の部分の温湿度の影響も非常に関係してきます。

当然使用頻度も関係します。1日に長時間使用されるようなピアノは、早く音に狂いがあらわれます。ピアノの内部にあるハンマーは強い力で弦を叩いています。そのためよく弾く音域は音の高さが下がることもあるようです。

また弦というのは、張ってしばらくの間、激しく音が狂います。これは新しい弦は緩みやすいことからだといわれています。

このような金属の弦は張力によって引き延ばされて、時間の経過とともにさらに伸びるのです。なので、しばらくはこまめな調律が必要になってきます。

ピアノの音を狂わせないためにできること

ピアノの音が狂うような不調が生じる原因で一番多いのは湿気と言われています。湿気の多い日などはダメージを大きく受けてしまうので、除湿器などを置いて部屋の温度を一定にたもつことが大切です。エアコンによって部屋全体の温度を一定にしていくのは非常に効果的ですが、エアコンの風が直接ピアノにあたるような位置は避けましょう。

ファンヒーターやストーブなども同様です。直接あてるのは避け、ピアノへの負担を減らすことが大切です。

乾燥が進んでしまった場合、木材・フェルトの収縮からくるピアノへの影響はかなり大きくなります。なので、長時間日の当たる部屋や、床暖房などの上に長時間設置しなければならない状況にピアノがある場合、過乾燥には十分に注意しなければなりません。

また長時間ピアノを使用すると、鍵盤にも見えない汚れがたまってしまうので、専用のクロスなのでやさしく拭き取ってあげましょう。使用頻度にもよりますが、定期的にピアノの調律を業者にお願いして、常に音程の正しいピアノを使うようにすることも大切です。

      ピアノの音を狂わせないためにできること

まとめ

ピアノの音について紹介しましたがいかがだったでしょうか。人間と同じようにピアノも自然の中で過ごしています。温度や湿度、部屋の環境によっても大きく変化します。

特に梅雨、真夏、真冬のように湿度などに悩まされる時期はなかなか一定に保つのも難しくなってきます。

どうしたら自分の部屋を過ごしやすい空間にできるかを考え、常に美しいピアノの音が奏でられるような環境を作り上げていくことを心がけていきましょう。

ピアノのことで何か困ったことなどがある場合は、一度ピアノ調律やピアノ修理のプロに相談してみてください。

ピアノ調律 ピアノ修理できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ピアノ調律 ピアノ修理」をご覧ください。

経験豊富なスタッフが対応
調律空き年数による割増なし
※対応エリアや加盟店によって変わります
ピアノを長年使用していると音の狂いが生じてくるものです。ピアノの調律は自分ではおこなわず、音の聞き分けができるプロにお任せするのがオススメです!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
調律だけでなく修理もおこないます。気になることはご相談を!
ピアノ調律・修理 13,200円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ともき
古いアパートで雨漏りの被害に悩まされたこともあり、家の外壁や屋根には人一倍注意を払うようになった。注意ポイントなどがしっかり伝わるよう心掛けている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!