生活110番辞典 家具・雑貨修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒートガンってどう使うの?活用方法や使い方、おすすめ商品を紹介

2019-08-05

生活・ヒートガンってどう使うの?活用方法や使い方、おすすめ商品を紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「ヒートガンという商品を使ってみたいけど、仕様や注意点が良くわからない……」「自分が考えている用途にヒートガンは本当に使えるのだろうか?」工業系のお仕事をされているかたにはなじみ深い商品かも知れませんが、普段の生活において、家庭でヒートガンを常備されているかたは少ないかも知れません。

しかし、このヒートガン、実は仕事でも家庭でも重宝できる大変優れた製品です。家でちょっとしたDIYを趣味とされるかた、車の塗装直しやその他、さまざまなものを修繕するかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

このようなご家庭にとっても、ヒートガンが1台あることで、より週末の自分の趣味を楽しむことができます。ヒートガンがあることで、高温での熱加工や多様なノズルを使うことでできなかった細部への加工や、より高度な加工ができます。そのため面倒な作業さえも楽しむことができるからです。

しかし、ヒートガンは使用時に大変高い熱を発する商品です。その点からも使用に関しては、安全にきちんとした配慮をしながら使っていく必要があります。適切な知識を持たないと楽しみが半減されるどころか、大きなケガにつながるおそれも考えられるのです。

初心者のかたにとって、どのような製品を選ぶべきかの判断の軸を持つことはなかなか難しいかも知れませんね。本コラムでは、ヒートガンの主な使用方法や注意点、また商品の目的や特性別におすすめの商品を紹介していきます。

ここからのコラムでは、安全にそして便利にヒートガンを使う方法をご確認頂き、ご自身や家族の趣味の幅を広げられてみてはいかがでしょうか。趣味と実益を兼ねてヒートガンを使用してみることをおすすめします。

ヒートガンってどんなもの?

ヒートガンってどんなもの?
そもそもヒートガンとは一体どのような商品なのでしょうか。ヒートガンは、電動ドリルやヘアドライヤーに似た形をしています。

実際に販売されている製品ですが、本格的な作業をおこなうためのプロフェッショナルモデルから、家庭でDIYを楽しんでいくためのお手頃な製品まで幅広く販売されています。これらの中から自分のニーズに最適なモデルを見つけて実際に作業をおこなっていくのです。

ヒートガンの実際の作業イメージはドライヤーと同じように、グリップにあるボタンをおすことで、先端についているノズルから温風が出ます。しかし、ドライヤーと決定的に異なるのは温度です。ドライヤーは髪を乾かすなど、人体に温風をあてても問題ない程度の温度で設定されています。しかし、ヒートガンから発せられる温風はさらに高い温度です。

ヒートガンは300℃をこえるような温風が出ますので、高い温風でなければこなせないさまざまな作業を、簡単にこなすことができます。詳しい用途に関しては後で解説しますが、ヒートガンを使えば工場やオフィス、家などの多くの場所で、多様な素材を加工することができます。

ヒートガンは、ときに数百度にまで達するような高い温風で加工をしますので、大変便利ですが、その分危険もともないます。ここからは具体的な使用用途にも触れていきますが、しっかりとした注意点を理解されたうえで使用されることをおすすめします。

ヒートガンの主な使用用途

ヒートガンの主な使用用途
ここからは実際に、ヒートガンの具体的な使用用途に関して説明していきます。ヒートガンの先端にはノズルが取り付けられていますが、そのノズルと作業を施す加工物との間には密接な関係があります。ここではノズルに関しても詳細に解説していきます。

ヒートガンから発せられる熱で、大変多くの作業が可能となります。工場などではんだごてのように使うことや、塩化ビニルのような特殊な素材の曲げ加工をすることもできます。また熱の力で収縮するチューブに関しても、ヒートガンを使うことで、自在にサイズを変えることができます。

また家や工場で塗装作業をするときにも、ヒートガンを使えば、スピーディーに乾燥作業をすることができます。高い温風で素早く乾燥させることで、塗装時の色ムラを防ぐこともできますので、無駄な時間ややり直しにともなう材料のむだを省けます。

しかし、どの作業をするにも同一のノズルで事足りるとは考えないほうが良いかも知れません。そもそもヒートガンは高温な風を活用して、素材を加工する製品です。そのため、その作業に適していないノズルを使っていくことで作業時間が大幅にロスしてしまうことがあります。さらには作業自体に失敗して最悪の場合、大きなケガなどにつながるおそれも十分に考えられるのです。

では作業精度と密接に関係するノズルにはどのような形状があるのでしょうか。加工する素材や大きさによって使うノズルも変わってきますので、その点を含めて、ここからは解説していきます。

ヘラ型

まずは、先端がヘラの形をした商品です。多目的な作業に向いている商品です。掃除機に付属している隙間用のノズルに形が似ています。この商品を使うことで、大変幅広い箇所に温風をあてることができます。

このタイプのノズルを上手く使っていくことで、塗装を素早く乾かし、広い面積のフィルムの加工をスムーズにすることができます。幅広い用途に使うことができるタイプのノズルですので、最初から本体に付属でついている場合も多いです。

集中熱風型

次に先端が細くなっているノズルです。このタイプのノズルを使うことで、作業に精密さが要求される作業をすることができます。対象となる部分のみに特化して温風をあてることで、無駄な熱を伝えることなくなりますので、対象箇所以外の熱による損傷を防ぐことも可能となります。

細いノズルといっても、先端の形状はひとつではありません。お店で別に発売されている商品も数多くありますが、本当にこのノズルで事足りるのか不安に思うのではないでしょうか。自分が加工を検討している素材を持ち込むことが可能であるならば、実際に持ち込んで、イメージを膨らませることができます。

フック型

チューブなど細長いものに均一に熱を伝えたい場合は、フックのような形状をしたノズルがおすすめです。ヒートガン本体をノズル側を上に向けた状態にして立てて使用します。用途は限定的なノズルなため、必要になったときに購入するとよいかもしれません。

また、ヒートガンのノズルは、本体を購入した際に付属されていることがありますが、なにも付属されていないこともあります。まずは自分の使用用途をきちんと把握して、必要なノズルの種類を考えてから購入を検討しましょう。この点に関しては後の具体的な商品を紹介するときに、詳しく解説していきます。

ヒートガンの使い方と注意点

ここからは実際のヒートガンの使い方を説明していきます。正しい使い方をすることで、安全にヒートガンを使うことができるため、高度な作業や自分の趣味の時間を充実させることができます。

使い方は、ヒートガン本体にノズルを取り付けて、グリップ部分にあるボタンをおすことで温風が出ます。このときにしっかりとノズルを取り付けなければ作業中にはずれるおそれがあるため、注意しましょう。

また、いきなり加工したいものに対してノズルの先端を向けるのではなく、きちんと温風が出ることを確認しましょう。その後で徐々に作業を始めることが失敗しない作業のコツです。

ヒートガンを使うときに、どのような点に気をつけなければならないかといえば、まずは、風によるやけどなどのケガです。ヒートガンからは非常に高温な風が出ますので、自分はもとより、周囲に人がいないかどうかをきちんと確認したうえで使用しましょう。

そしてヒートガンは本体を手に持って作業をする必要があるため、耐熱性に優れた手袋や軍手をあらかじめ準備しておくことで手や指をやけどから守ることができます。

それでも作業中のうっかりで、一歩間違えれば単なるやけど程度では済まない大ケガにつながります。ヒートガンの使い方に慣れるまでは、作業時には長袖の洋服やいたんでもよい洋服を準備して作業をされることをおすすめします。またマスクや帽子など考えられる安全対策をしておけば、より安心してヒートガンを使っていけます。

またヒートガンを使って加工をする対象物に関しても、事前にきちんと準備をしたうえで作業をするべきです。たとえば、大型の製品を加工する場合は、屋外でおこなうことがあるかもしれません。

その際に、風などの影響で対象物が動いてしまうことや、ずれてしまうことも少なからずあります。そのため、風の影響を受けにくい場所で作業をおこなうことをおすすめします。加工物が小型でも簡単に動いたりずれたりしやすい製品の場合、あらかじめきちんと固定をしてから作業をおこないましょう。

また、加工途中で熱くなった対象物を手で触ることは大変危険です。ヒートガン自体が温風で商品を加工する商品のため、対象物もその温風の影響を受けます。購入直後にいきなり加工を始めるのではなく、似たような形状や素材を使って希望通りに加工できるか試してから、実際の作業をおこなうのもよいでしょう。変わりがない製品の加工をするときなには事前に想定されるトラブルを未然に防ぐことが安全な使用につながっていきます。

なにが違う?ヒートガンの選び方

ではここからは、実際にどのような点に配慮しながら、ヒートガンを購入すればよいかを考えていきましょう。ヒートガンも他の工業製品や家電などと同じように多くのメーカーから多くの製品が発売されています。

自分にとってベストな製品を選んでいくことは難しいかもしれません。ときにやけどなどの大きなケガにつながるおそれのある商品ですので、その点を考えると安全性を確保するための機能にも着目をしていきたいところです。基本的かつ重要なポイントに、しっかりと着目をしていきましょう。

万能に使うことができる商品だからこそ、商品選びが大切です。扱う素材によっては、同じヒートガンで作業をする場合でも、使い方・先端のノズルの形状・温度や風量・付加機能を理解しなければなりません。これらの項目はヒートガン選びの大切なポイントなためおさえておくとよいでしょう。

まずはノズルとの関連性です。ヒートガンは最初から複数のノズルが付属している場合が多いのですが、その中に自分がやりたい作業に適したノズルがあるかどうかをチェックしましょう。

希望のノズルがない場合は、別途する購入する必要があります。その際に、ヒートガンとノズルの口金のサイズをきちんと確認しておきましょう。無理にあわないノズルを取り付けて作業をすることで作業中にはずれてしまったり本体の故障の元になるなど、トラブルにも発展しかねません。

次にチェックしておきたいのは作業効率です。ヒートガンは数百度の熱で素材加工する商品です。作業時間中、先端のノズルは大変高い熱を帯びます。作業が終わって別の素材を加工するために、すぐに先端のノズルを交換しなければならない場合もあります。

しかし、大変高い温度になっているノズルを手で触って交換をすることは難しいはずです。いくら軍手などできちんと対策をしていても限界はあります。そのときに、ヒートガンに冷却機能があればスムーズに次の作業に移行できます。

また家でDIYをするときにも、冷却機能で本体を冷ませば作業後の片付けにかかる時間の大幅な短縮にもつながります。普段の忙しい時間の中で、せっかくゆっくりとできる休日ですから、余計なストレスを感じずに作業ができればうれしいですね。

そして作業精度に直結する点である、温度と風量の関係性です。ヒートガンに求められる一番重要なポイントです。この関係性をきちんと確認することで、自分の作業効率をあげることができます。

まずは温度です。あらかじめヒートガンでおこなう作業が限定的であれば、その用途に適した温度に対応するヒートガンを購入しましょう。そうすれば初期費用をおさえることができます。

ヒートガンで使用したい温度が決まっていないときは、温度調整機能が必要です。この機能が搭載されている商品は値段的にやや高額な商品となりますが、温度を変えられるため汎用性が高いです。使用頻度が高いのであれば、あらかじめこのような製品を選んでおくことをおすすめします。

そして風量調整機能もおさえておくべきポイントです。短時間で作業を終わらせる作業効率を考えるのであれば、風量が強い商品を選んでおけばよいのですが、加工作業の中には一定の時間、微風でじっくりと熱風を送り続けなければならない場面もあります。

そんなときのためにも、風量が調節できるタイプの商品を選ぶことも検討してみてはいかがでしょうか。風量を調整するために対象となる加工物との距離を自分で微調整をしながら作業をすることもできますが、それでは、作業時間や作業結果に微妙なムラが発生する可能性も十分に考えられます。

家で趣味のレベルで仕事をするのであれば問題ありませんが、工場や会社で商品として販売するような製品の加工をするのであれば、風量と温度の調整機能は外せないポイントとなります。

両方を兼ね備えたヒートガンの購入が予算的に難しいのであれば、自分の作業に特化した製品を選んで、徐々に慣れていきましょう。しかし、危険性が常にともなう製品でもありますので、安全性を考慮することを考えるのであれば、多少値段は高額になってもきちんとした機能を完備した商品を準備しておけば、安心して使っていけるのではないでしょうか。

後はデザインです。お世辞にもオシャレとは言い難い工業用製品ですが、自分で普段から使っていくのであれば、色や材質に関しても、可能な限りの選択肢の中から好みの製品選びをしていきたいですね。ヒートガンでもカラフルな商品から、シルバーの商品まで幅広いラインナップの製品がそろっています。

形状が電動ドリルやドライヤーに近いので、商品購入の際には実際に手にとって、重量やグリップの握りやすさなどにも気を配ってからの購入をおすすめします。

長時間の作業中に疲れやすい重量や、グリップのホールド感がしっくりとこないような製品を選んでいては、長時間作業において大ケガを誘発しかねません。インターネットや本コラムで事前に十分な予備知識を得たうえでも、最終的な購入の判断に関しては、お店で手にとり、細かな点を確認してから決定しましょう。

ここまでがヒートガンの購入をするときに注意しておくべきポイントです。いずれも安全に製品を使っていく中では外せないポイントばかりですので、きちんとチェックをするようにしていきましょう。

初心者におすすめ!お手頃ヒートガン3選

以前までは工業用の専門的な機械としてのイメージが強かったのが、ヒートガンですが最近では、家で自分の趣味や簡単な補修、調理などにも使用する方が増えているようです。

ヒートガンの市場でもこのような点を察知して、家庭でも簡単に使うことができるようなコストパフォーマンスに優れ、汎用性の高い商品を発売しています。ここからは、家庭で簡単にDIYでなにかを作っていきたい方向けやまた、家にあるアイテムの修繕や加工にも気軽に使っていける製品をいくつか紹介していきます。

値段と性能のバランスに着目して、まずは入門者の方でも取り回しやすい製品をいくつか紹介していきます。

趣味で簡単に使うことができる製品であるならば、それほど高額な製品ではなくても十分に目的を果たしてくれます。家で簡単な作業をしたいと考える女性の方も使うことができるような商品もありますので、興味があるようであるならば、ぜひ、購入を検討してみてはいかがでしょうか。


アストロプロダクツAPヒートガン

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

こちらの商品は大変購入しやすい値段で、基本的なヒートガンの役割を果たしてくれます。300℃と500℃の温度設定が可能ですし、風量を切り替えることもできますので、家庭用としても工場などでの簡単な作業にも使うことができます。


ヒートガン1800W強弱2段階切り替え可能アタッチメント付き

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

コストパフォーマンスに優れたヒートガンをお求めならこの商品がおすすめです。この値段で最低限の風量切り替え機能はついていますので、ヒートガン初心者がまずはお試しで使っていくには最適な商品です。


GOOMANDヒートガン300W

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

こちらも値段の割に高性能な商品です。この商品もきちんとした普段使いが可能ですし、他のヒートガンに比べて形状がストレートタイプと若干異なっています。コンパクトに家で収納できる点がおすすめです。

プロにおすすめ!本格ヒートガン3選

さて、ここからは、先ほどとは少し趣が異なり、ヒートガンの中でも工場などでときには危険をともなうような作業にも耐えうるプロスペックの製品をいくつか紹介していきます。

このようなハイスペックな製品を1台手元に用意することで、プロ顔負けの仕上がりの作品や外部委託すればかかる費用の削減を自宅でも実現できるかもしれません。

高性能と安全性の双方を実現した製品を選んでいくことでより楽しんで、加工や修繕ができるのではないのでしょうか。ここからは、高度な加工なども楽しんでいけるヒートガンをいくつか紹介していきます。


マキタヒートガン HG6031VK

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

工業用製品で昔から有名なメーカーであるマキタ社製の製品です。温度は9段階、風量は2段階で調整できますので、家で会社や工場でも幅広く使っていけます。ヒートガンのように大変高温になり、危険性がともなう製品はやはり安心や安全も大切なチェックポイントです。国産の信頼できる1台をお手元に用意されてみてはいかがでしょうか。


白光 ヒーティングガン883-13

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

白光というメーカー名はあまりなじみがないかもしれませんが、ヒートガン市場においては大変実績のある著名なメーカーだそうです。白いスタイリッシュなデザインで機能的な面や、また対応するノズルの幅広さからしても一押しです。


リョービ ホットエアガンHAG-1551

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

こちらも日本のメーカーのリョービ社製の製品です。価格も10,000円を下回る価格でこのような製品が使えるのであれば、安心と高機能を上手く両立させていきながら使っていくことができます。アタッチメントも付属していますので、コストパフォーマンスでも納得の1台です。

セットでお得!アタッチメント付属ヒートガン

このコラムの最初にも述べましたが、ヒートガンは大変便利な反面、使用をする際には、加工を検討する対象物の大きさに適した、ノズルを選ばなければなりません。

最初から、本体に付属しているノズルだけで、目的が事足りるなら問題ありませんが、そうではなくさまざまな加工物が対象の場合には、ノズルなしの本体のみを購入して、後で必要なノズルを購入する方法もあります。

しかし、いざ必要なときにすぐに使えないという不便が生じるうえに、買い足していく間に思わぬ出費になってしまうことがあるかもしれません。趣味で使うなら、必要なコストは最低限におさえたいと考える方も少なくないのではないでしょうか。

そんな場合は、あらかじめ複数のノズルがセットになっている製品を選んでいくことをおすすめします。さまざまな用途にも使っていけますし、製品購入にかかる費用も安く済ませることができるかも知れません。

また最初に本体が気に入って購入した商品で、後にノズルだけ準備しようと思っても、口金の問題からもノズルが準備できない場合もあります。また別途新たなヒートガンを購入しなければならないようなケースを想定すれば、事前にオールインワンタイプの製品を用意しておけば、いざというときにも安心ですね。

ヒートガンの中には低価格でも多くのが付属している製品もたくさんあります。自分の用途をきちんと把握して、製品を選んでいきましょう。ここからは、初期費用の観点やいざというときに慌てなくても済むように一定の付属品やノズルがきちんと完備された、ヒートガンを紹介していきます。


MTKヒートガン

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

アタッチメントがきちんと付属していながらもリーズナブルな値段でヒートガンが使いたい方におすすめの商品です。4種類のアタッチメントが付属しており、どのノズルも使用頻度が大変高いアタッチメントばかりですので、使用する方のニーズを満たす商品であるといえるでしょう。


SR-tools1台5役ガス式はんだごて

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

この商品はヒートガン以外にも多目的な使い方ができる万能タイプの製品です。大変便利でまた使用時に電力ではなくガスを使いますので、気軽に場所を選ばずに気軽に持ち運ぶことができます。


Officek ヒートガン

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

この商品の最大のポイントはアタッチメントの豊富さにあります。5つのノズルと交換することができますので、ほぼすべての用途に使えます。より確実にそして、家や工場などさまざまな用途でヒートガンを使っていきたい方におすすめです。

まとめ

本コラムではヒートガンと呼ばれる、普段の日常生活ではあまり耳にすることの少ないかも知れませんが、実は1台あればなにかと便利なアイテムに関して紹介していきました。温風でさまざまな加工ができるということは、家にある自転車の修理や、自動車の塗装の修繕などを大変便利に、そしてお店に依頼するよりも安価にできる可能性もあるのです。

しかし、その便利さの反面、大変な危険性も同時にありますので、購入や使用に関しては、事前にきちんとした情報を入手して、使い方を含めて検討しておくことが必要です。

ヒートガン選びの大切なポイントは、使用用途にあわせて最適なノズルを入手することです。ノズル選びで失敗をすることで、大きなケガにつながることや、対象となる加工物自体が無駄になってしまいます。

本体の購入時に使用用途が特定されているのであれば、本体と目的のノズルのセットを購入をすればよいのですが、さまざまな用途で使っていくことを考えるのであれば、取り換え用のノズルに対応する口金のヒートガンを選んでおけば、柔軟に対応することができます。

商品もプロ顔負けの本格的な工業用ヒートガンから、家庭などで気軽に使っていけるハンディタイプの商品まで、大変多くの商品が販売されています。自分の利用用途にあわせて、無理なく使いこなせる製品を選んでいくことが安全にヒートガンを使う近道です。

あらかじめDIYや仕事でヒートガンを使う頻度が想定されるケースでは、最初からさまざまなノズルがセットになっている製品を選ぶこともコストパフォーマンスを考えると有効な選択肢です。

家で普段から使うさまざまな製品の加工や補修を助けてくれるのがヒートガンです。古くなって家具などの部品を自分で作ったりすることもできます。しかし、上手く使えれば良いのですが、大型の家具などを自分で修復をすることが難しい場合は、業者に依頼をすることも検討されてみてはいかがでしょうか。

家具修理を依頼できる業者や料金

  
依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「家具修理」をご覧ください。

家具修理はプロにお任せ!
大切な家具を丁寧に修理します
※対応エリアや加盟店によって変わります
テーブルについた傷を目立たなくしたい、椅子のクッションを変えたいなど、さまざまな修理に対応しています。ガラス部分の割れや金具の交換もおまかせ下さい。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
輸入家具やアンティーク家具にも対応。ぜひご相談ください!
家具修理 2,000円~
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2019-08-05 10:48:40
https://www.seikatsu110.jp/furniture/ft_furniture/130061/
家具・雑貨修理

[cv_banner ua="pc"] [cv_banner ua="sp"] 「ヒートガンという商品を使ってみたいけど、仕様や注意点が良くわからない……」「自分が考えている用途にヒートガンは本当に使えるのだろうか?」工業系のお仕事をされているかたにはなじみ深い商品かも知れませんが、普段の生活において、家庭でヒートガンを常備されているかたは少ないかも知れません。 しかし、このヒートガン、実は仕事でも家庭でも重宝できる大変優れた製品です。家でちょっとしたDIYを趣味とされるかた、車の塗装直しやその他、さまざまなものを修繕するかたもいらっしゃるのではないでしょうか。 このようなご家庭にとっても、ヒートガンが1台あることで、より週末の自分の趣味を楽しむことができます。ヒートガンがあることで、高温での熱加工や多様なノズルを使うことでできなかった細部への加工や、より高度な加工ができます。そのため面倒な作業さえも楽しむことができるからです。 しかし、ヒートガンは使用時に大変高い熱を発する商品です。その点からも使用に関しては、安全にきちんとした配慮をしながら使っていく必要があります。適切な知識を持たないと楽しみが半減されるどころか、大きなケガにつながるおそれも考えられるのです。 初心者のかたにとって、どのような製品を選ぶべきかの判断の軸を持つことはなかなか難しいかも知れませんね。本コラムでは、ヒートガンの主な使用方法や注意点、また商品の目的や特性別におすすめの商品を紹介していきます。 ここからのコラムでは、安全にそして便利にヒートガンを使う方法をご確認頂き、ご自身や家族の趣味の幅を広げられてみてはいかがでしょうか。趣味と実益を兼ねてヒートガンを使用してみることをおすすめします。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家具・雑貨修理 家具修理

家具修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

家具修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!