生活110番ニュース その他

このエントリーをはてなブックマークに追加

実際に使って比較!家計簿アプリで自動のおサイフ管理

投稿日:2020-02-28 更新日:2020-03-04

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

収支を把握して貯金につなげるため、ノートで家計簿を付けているという方は多いのではないでしょうか。しかし細かく付けようとすればするほど「時間があるときに……」となってしまいがちです。その結果使い過ぎに気づくのが後からだったり、家計簿自体やめてしまった方も多いと思います。

しかしスマホの家計簿アプリは「自動でデータを取り込むことができる」ことで、こうしたデータ入力の手間を軽減してくれます。今回そんな家計簿アプリを実際に使って比較してみました。

家計簿を続けるコツとは?

そもそも家計簿はどのようにすれば続けやすいのでしょうか?まずはいくつかコツをまとめてみました。

データ入力を省力化しよう

いつお金を使ったか、口座に入っているお金は今いくらくらいなど、1つ1つ把握するのは大変です。しかもキャッシュレス決済で現金が見えないうちに動くようになり、頭の中のサイフをいくつも管理する必要があります。

家計簿アプリではインターネットバンキングという、スマホから口座の出し入れや残高を把握できる銀行のサービスと連携することで、手間なく「口座の残高推移」を把握することができます。またよく使うキャッシュレス決済と連携できれば、そちらの使用額も家計簿アプリだけで管理可能。頭の中で動いていたサイフが、スマホの中へと収まります。

また多くの家計簿アプリにはレシートを撮影すると文字を自動で読み取り、記録してくれる機能があります。細かな明細を記入の手間なく取り込めれば、節約のポイントを探すのにも役立つでしょう。

収支をわかりやすくしよう

家計簿というと収入・支出を時系列にするのが一般的。しかし収支が複雑になればなるほど、パッと見るだけではわかりにくいことも確かです。月末に計算してみると、じつは支出がやけにかさんでいたなんてことも……。

家計簿アプリでは「現時点」の支出・収入をわかりやすく表示することが可能です。月の途中でも異常な支出に気づきやすく、家計を引き締めることにもつなげやすいでしょう。

予算を設定しよう

貯金の基本は「収入-貯金=支出」といわれています。そのため家計簿である程度収支を把握できるようになったら、月の予算を設定することが大切です。

家計簿アプリにも予算を設定できるものがあり、1日あたりに使える額を表示する機能・万が一予算を超過したとき知らせてくれる機能などが取り入れられています。給料日近くに毎回貯金を崩すことが多い場合、事前に予算を知っておくことで計画的なお金の利用にもつながっていくことでしょう。

上手に価格・料金を比較しよう

もうひとつ、節約のためには「適正な価格」を知ることが大切です。料金が高すぎるのはもちろん、安すぎるゆえに品質が落ちてしまい「再購入などで結果的に高くなる」ということは少なくありません。

たとえば100円均一で買ったけど、すぐに壊れてしまったという経験はありませんか?それなら多少高くても、長持ちするものを買ったほうがお得になるといえるでしょう。

家の修理やリフォームなどは「複数の見積りを取る」ということも大切になってきます。相見積りによって「その業界の適正価格」「必要な工事の内訳」を確かめることができるため、より慎重に判断していくことへつながっていくでしょう。

生活110番では地域の業者を一覧で見ることができるほか、相見積りも可能です。おうちのお困りごとがあれば、一度のぞいてみてください。


あなたの地域で対応できる業者を
検索・ご紹介するサービスです
生活110番は、暮らしの中の「困った」「どうしよう」を解決するサービスを提供しています。
お困りごとに合わせて全国3,700社以上の提携業者の中から、お客さまのご希望の地域で対応できる専門業者を無料でご紹介いたします。

各種家計簿アプリを実際に使って比較

現在ではさまざまな家計簿アプリをスマホに入れることができますが、どれが自分に向いているか判断するのは入れてみないとわかりにくいです。でも数か月試してみて、別のアプリにデータを移すのは面倒……。今回は4つのアプリをピックアップし、1か月ほど実際に使って「どのような使い方ができるか」を簡単にまとめてみました!

マネーフォワードME

家計簿アプリに限らず、企業のお金回りを管理するシステムをリリースしている会社のアプリです。銀行口座はもちろんのこと、通販サイトの利用履歴やポイントカードなどの残高もまとめて自動取得してくれるのが魅力。さらには証券会社・投資信託・仮想通貨とも連携し、「今の資産を見えるように」してくれます。

また口座明細から「その項目が何か」を自動で分類してくれる機能も。給料が入ったらスマホの通知でお知らせしてくれるため、インターネットバンキングのアプリで十分、と思っていた方も一緒に入れておくと便利かもしれません。ただ無料で使いたい、という方はプレミアムプランへの誘導が若干気になる印象が。

マネーフォワード ME

MoneyTree

家計簿というよりは「通帳」を作る、ことを掲げているアプリです。こちらは仮想通貨などには対応していないものの、銀行口座だけでなくポイントカードやクレジットカード・一部の証券会社・投資信託などの連携が可能。またデータの自動更新こそ毎週単位ですが、記録したデータは月が変わっても無料で見られるのが魅力といえるでしょう。

またMoneyTreeならではの機能として、音声アシスタントとの連携機能があげられます。声で資産残高が確認できるので、手が離せないときにもすぐに確認可能。ただし予算設定機能や月ごとのレポートは有料なので、その点は注意が必要でしょう。

Moneytree

LINE家計簿

LINE家計簿、という名の通り、メッセージサービスの「LINE」と連携して家計簿がつけられるアプリです。LINE Payはもちろん、こちらも銀行口座だけでなくさまざまなキャッシュレスサービスとも連携可能となっています。またアプリを起動しなくても、LINEメッセージから簡単な記録としてつけることができるのも魅力でしょう。

ただし水・土など定期的にLINEメッセージが配信されるため、そうしたメッセージが面倒に感じる方は利用しづらいかもしれません。

LINE家計簿

Zaim

Zaimではホームタブに使ったお金がまず表示されるため、現在どれだけのお金が手元に残っているかの管理がしやすくなっています。また使ったお金との比較が「今月」「今週」「今日」の3つ同時に見られることもメリットでしょう。

ただし連携面の一覧には一部「要望を受け付けている」段階のものも表示されており、「使えると思ったら使えなかった」という印象を受けました。このように、使えないサービスがある方は少し気になるかもしれません。

Zaim

利用するキャッシュレス決済別・対応状況

近年はキャッシュレス決済が多く誕生しており、どれが一番お得になるか使い分けている方も多いでしょう。それぞれを「財布」として使い分けるのもひとつの手ですが、連携できるアプリがあれば自動で履歴を取り込むのが断然楽です。

この章では、2章で紹介した家計簿アプリとキャッシュレス決済の対応状況をご紹介します。

クレジットカード

クレジットカードの利用履歴取得にはどのアプリも対応しています。ただし自分のカードが対応しているかはまちまちのため、本格的に使い始める前に対応状況を確認しておくことが大切です。

また複数の財布を管理できるアプリの場合、この機能を利用して管理するのも手でしょう。ただし入力の手間が必要となることがデメリットといえます。

PayPay

PayPayには主要家計簿アプリは対応しておらず、別途管理が必要になります。ただし、「クレカから直接支払う」場合に関してはクレジットカードの明細がある程度利用できるかもしれません。

LINE Pay

LINEが展開するLINE Payは、LINE家計簿はもちろんのこと、マネーフォワード・ZaimもLINE Payの利用履歴取得に対応しています。LINEのAPI機能を使って認証をおこなうため、LINE Payを使っているスマホにアプリをインストールすることが大切です。

楽天Pay

楽天が展開する楽天Payは大きく「クレジットカード経由の支払い」「楽天ポイントを使う支払い」の2つに分かれます。クレジットカードは設定したクレジットカードの履歴を、そして楽天ポイントのデータ取得にも多くの会社が対応しているため、これらの連携をすることでデータ取得が可能です。

d払い

ドコモが展開するd払いは「クレジットカード経由の支払い」「dポイントを使った支払い」「ドコモの料金と一緒に支払い」の大きく3つに分かれた支払い方法です。dポイントや携帯料金とは連携できる家計簿アプリが多く、クレジットカード支払いは、設定している「クレジットカード」を登録することで自動データ取得が可能となります。

ただし同じドコモのアカウント(dアカウント)で利用していても、登録にはそれぞれ入力が必要になるため注意しておいてください。

交通系IC(Suica・PASMOなど)

家計簿アプリはインターネット上のページから必要なデータを取得し、処理しています。そのためこれらの窓口がない交通系ICカードの履歴は自動反映できず、基本的には手動で反映していく形となります(モバイルSuicaは例外)。

ただしマネーフォワード・Zaimではそれぞれ専用のICカード読み取りアプリを利用することで履歴を取得し、家計簿アプリに反映することが可能です。このアプリはiPhone7以降など、NFC対応のスマートフォンで利用できます。定期的に読み込ませて管理していくと便利でしょう。

nanaco/WAON

NanacoやWAONはICカードを利用した決済ですが、インターネットからログインすることで残りの残高が確認できます。そのため「マネーフォワード」「MoneyTree」「Zaim」ではアカウントを登録しておくだけで、自動で利用履歴を取得する機能を利用できます。

使って分かった、家計簿アプリの便利な使い方

家計簿アプリを実際に使ってみて、とくに便利だと感じたのが「出入金の通知機能」「パソコンからの確認」です。

出入金の通知機能

銀行のアプリはリアルタイムに確認できることが特徴ですが、そのかわり自分で1回1回確認しなければならない点がデメリットです。家計簿アプリではリアルタイムのデータ取得は有料になることが多いものの、複数の口座を毎日確認しなくてもお金の出入りが管理できます。

パソコンからの確認

お金の出入金記録は使ったその場でおこなうのが忘れずに済み、確実です。普段から持ち歩くスマホで付ける家計簿はこの部分に大きなメリットがあります。しかしその後の管理はスマホの小さな画面だとまとめて見ることができず、パソコンから確認できるほうが効率的かもしれません。

家計簿アプリは最初にアカウント登録するものが多いことからわかるように、インターネット上でデータを管理しています。そのためパソコンからログインしても同じデータが参照できるのです。紙などに出力することもでき、長期的な保存管理の点では有利といえるでしょう。

キャッシュレス決済

まとめ

毎月定期的な貯金をおこなうためには、現在の収支状況を正確に把握しておくことが大切です。スマホの家計のアプリなどを利用して「より細かく」「より正確な」収支を記録し、どこに貯金の余地があるかためしてみましょう。

節約では単純に記録するだけでなく、見積りなどをしっかり取ることであとから比較検討できる状態にすることもおすすめです。生活110番では地域の業者を探すことができるため、一度利用してみてください。


あなたの地域で対応できる業者を
検索・ご紹介するサービスです
生活110番は、暮らしの中の「困った」「どうしよう」を解決するサービスを提供しています。
お困りごとに合わせて全国3,700社以上の提携業者の中から、お客さまのご希望の地域で対応できる専門業者を無料でご紹介いたします。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-04 11:49:23
https://www.seikatsu110.jp/etc/pickup/189520/
その他
収支を把握して貯金につなげるため、ノートで家計簿を付けているという方は多いのではないでしょうか。しかし細かく付けようとすればするほど「時間があるときに……」となってしまいがちです。その結果使い過ぎに気づくのが後からだったり、家計簿自体やめてしまった方も多いと思います。しかしスマホの家計簿アプリは「自動でデータを取り込むことができる」ことで、こうしたデータ入力の手間を軽減してくれます。今回そんな家計簿...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

その他 特集

お住まいの地域の特集業者を検索

北海道・東北
  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0
関東
  • 東京都0
  • 神奈川県・横浜市0
  • 埼玉県0
  • 千葉県0
  • 栃木県0
  • 群馬県0
  • 茨城県0
  • 山梨県0
東海
  • 愛知県・名古屋市<0
  • 岐阜県0
  • 三重県0
  • 長野県0
  • 静岡県0
北陸
  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
  • 大阪府0
  • 京都府0
  • 兵庫県・神戸市0
  • 奈良県0
  • 滋賀県0
  • 和歌山県0
中国・四国
  • 広島県0
  • 岡山県0
  • 山口県0
  • 鳥取県0
  • 島根県0
  • 徳島県0
  • 高知県0
  • 愛媛県0
  • 香川県0
九州
  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

特集のお問い合わせ・ご相談はこちら

特集についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!