生活110番辞典 その他

このエントリーをはてなブックマークに追加

断水に強い自家水源!DIYで作る井戸の掘り方と注意点を徹底解説!

2018-11-13

井戸掘り 井戸 DIY

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

国内のほとんどの地域に上下水道が整備されている昨今、昔から使われてきた井戸の重要度は相対的に低くなりました。しかし現代であっても、自分の井戸を持つということにはまだまだたくさんのメリットがあるのです。

水道に頼らず水を確保できることの利点は水道料金の削減だけではありません。断水時にも、井戸が心強い存在となるはずです。本コラムでは、自宅に井戸を作るメリットと、DIYでおこなう井戸の掘り方について解説していきます。

井戸掘り工事のおすすめ業者

井戸を掘る前に調べること

「井戸」とは、地面に深く掘られた縦穴から地下水を汲み上げるための設備のことです。かつて、上下水道が整備される前の時代は、水を手に入れるには川へいくか井戸を利用する必要がありました。

とはいえ、それはもはや昔の話です。現代では日本国内の98%の地域には浄水場から各家庭まで上下水道が完備されていて、蛇口をひねればいつでもきれいな水が出てきます。井戸から重い水桶を運ばなくても、家の中に水源が設置されているようなものですね。

では、そんなインフラ完備の時代にあって、わざわざ昔懐かしい井戸を作る理由はいったい何でしょうか。自宅に井戸を持つメリットを、以下にまとめました。

井戸を所有するメリット

水道料金の削減

井戸から汲み上げる水には、当然ですが水道料金がかかりません。毎日バスタブにお湯を溜めてお風呂に入っている家庭や、頻繁に車を洗ったり庭の草木に水をやっている家庭などでは、水道料金の差が大きく響いてくるのではないでしょうか。

生活用水に井戸水を使うことで、お風呂に入り放題、洗濯し放題の生活も夢じゃなくなるのです。

また、一般の家庭用途だけでなく、たとえば農業をやっていて水やりに大量の水を消費する場合などにも、水道水ではなく井戸水を使うことで、かかるコストを大きく抑えることができます。

もちろん井戸を作ること自体に費用がかかるためノーコストで水が使えるというわけではありませんが、井戸の掘り方を工夫することで初期費用を大幅に減らすことも可能です。

断水時にも水を入手できる「防災井戸」としての活用

上下水道、つまり公共のインフラから完全に独立した水源である井戸は、災害時にも大きな効果を発揮します。災害時に水道が止まってしまう「断水」や雨不足でダムが干上がる「渇水」が起こっても、まったく別の場所から水を汲み上げる井戸は影響を受けづらい水源なのです。

雨の少ない地域以外にも、断水というのは意外に身近なトラブルです。たとえば地震で水道管が破損してしまえば水は家まで届きませんし、集中豪雨で浄水場が水没してしまっても水の浄化ができず水道は止まります。

非常時用に水を用意しているご家庭でも、貴重な水を飲用以外に使うことは難しいでしょう。そんなとき、防災井戸があれば、お風呂や洗濯、トイレを流すのにも水を使うことができるのです。

水温が安定している

「井戸水は冷たい」というイメージがありませんか?これはより正確にいうなら「夏でも冷たい」ということであり、地中深くにある地下水は水温が一定に保たれているということでもあります。

蛇口から出る水がぬるま湯になるような炎天下でも井戸水はひんやりと冷たいままです。逆に水道が凍り付くような氷点下でも、井戸水は凍結しにくく安定した温度の水を得ることができます。

カルキ抜きが必要ない

水道から供給される水は、浄水場で消毒処理をされてから各家庭に分配されます。この消毒剤のことを「カルキ(塩素)」といい、とくに都市部では水道水のことを消毒剤の匂いが強く残った「カルキ臭い水」と表現されることがあります。

水に残ったカルキが健康に悪影響を及ぼすことはありません。しかし、水道水をそのまま飲む場合や、赤ちゃんにミルクを作る場合などには、カルキの匂いが気になるかもしれません。また、水槽で魚やエビを飼育している場合は、カルキの殺菌力がペットにとってダメージとなることがあります。

カルキ臭さを取り除くには一度水を沸騰させたり日光に長時間当てるなどして「カルキ抜き」をおこなう必要があるのですが、もともとカルキの入っていない井戸水であればカルキ抜きは必要ありません。

飲用に適した水質の井戸水なら、汲んだものをそのまま美味しく飲むことができ、水槽飼育の水にもすぐに利用することができるのです。

井戸掘り調べる 井戸 井戸掘り

使える水とは限らない?井戸水のデメリット

穴を掘る 井戸 井戸堀

井戸を所有するメリットは前項で解説した通りですが、井戸水の利用にはデメリットも存在します。井戸を使う場合どんなことに注意すべきか、確認してみましょう。

水質次第では飲用に適さないことも

地下水のすべてが清潔で美味しく飲めるとは限りません。地下水は地表に降った雨が地中に浸透して地下に集まったものなので、通過してきた土壌に強く影響を受けます。化学物質を扱う工場や、農薬を使う畑などが井戸の近くにあると、それらが地下水に混入している可能性があるのです。

また、現代ではあまり見られないケースですが、下水の一部が地下水に混ざっていることもあります。一見きれいに見える井戸水でも、飲用に適さないレベルで雑菌が繁殖していたり、化学物質が混入している可能性があるため、水質検査は必須です。

同じ場所であっても、井戸の掘り方や深さによって混入する物質が異なる場合もあるため、事前に土地の調査をおこなって適切な深さを知ることも重要になります。

洗濯機やバスタブが詰まることがある

地下水には土から溶け出した鉄分やマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。濃度の高いミネラルは結晶化し、少しずつ洗濯機の内部やパイプの内側などに固着していって、やがて詰まりを生じさせてしまうかもしれません。

また、洗濯機などの水回りの家電のなかには、井戸水を使用するとメーカー保証の適用外になることがあります。無償での修理を受けられなくなる可能性についてはあらかじめ了承しておきましょう。

汲み上げには電気代がかかる

井戸の底から水を汲み上げるには、ポンプを利用する必要があります。昔ながらの手押しポンプを使うならともかく、労力とかかる時間を考えると電動のポンプを使うのが現実的でしょう。

電動ポンプを使う以上、ランニングコストとして電気代が発生することになります。また、ポンプは部品の摩耗が大きい装置なので、定期的なメンテナンスや部品交換なども必要です。

水道と井戸のパイプを直結させることは禁じられている

井戸水は水道に比べると水量が安定しない傾向にあるため、お風呂や洗濯に井戸を使う場合、井戸水で足りない分を水道水で補うといった併用が必要になるかもしれません。このとき気をつけたいのが、「クロスコネクション」が発生しないようにすることです。

クロスコネクションとは、水道と別の水源(井戸水や雨水など)の配管を直結させることをいいます。たとえば洗濯機に井戸水を使用する場合、水道水と井戸水が同じパイプに合流して供給されるような配管は、クロスコネクションとなります。

クロスコネクションは、消毒処理のされていない生水が水道管に入り込んで汚染してしまうおそれがあるため、水道法によって禁止されている配管方式です。洗濯機などに井戸水を利用する際は、必ず水道水と井戸水は別々のパイプから供給されるようにして、水道管に井戸水が入り込まないようにしましょう。

井戸掘りの前に調査しておく項目

敷地内に井戸を新しく作る場合、事前の調査はしっかりとおこなっておく必要があります。土地に深い穴を空けるのには時間も費用もかかります。また、大きな穴を空けたことで土地の耐久性が損なわれてしまうというケースもあります。

後悔のない井戸掘りをおこなうためにも、以下のような項目をあらかじめ調査しておきましょう。

ボーリングの調査結果を調べる

ボーリングとは地下深くまで穴を掘り、地中がどのような状態になっているかを調べる作業です。ボーリングの調査結果を見ることで地中がどのような状態になっているかを知ることが出来ます。

地下水脈があると言われている地質は砂礫(されき)と呼ばれる、砂と小さい石からなる砂利のような地質です。砂礫がどれくらいの深さにあるかを知ることで、井戸を掘る深さの目安がわかります。

砂礫が4~6m辺りにある場合はDIYで井戸を掘るのに適していますが、10mを超えるような場所に砂礫がある場合、自分の力だけで掘り進むのが難しく、途中で諦めなければいけない可能性があるので、DIYで掘るのか?をしっかり検討しましょう。

役所に行って調べる

水道料金には、大きくわけて「上水道料金」と「下水道料金」のふたつの項目があります。上水道料金は水道から水を出した量に応じて課される料金であり、下水道料金は使い終わった水を下水に流して浄化してもらった量に応じて課される料金です。

下水道の使用量は通常上水道の使用量と同一として計算されています。これは、上水道から出した水は、水やりや飲用など消費した分を除いて大部分が下水に流れ込むものと考えられているためです。

一方で、井戸水を生活用水に利用する場合、上水道から供給される水量より多くの水が下水に流れ込むことになります。上水道の使用量と下水道の使用量に、少なくない差異が発生するわけです。これでは正確に水道料金を計測することができません。

こうした理由から、井戸水をトイレやお風呂で使っている家庭は、役所の下水道管理課に井戸の使用を申請をしていることがほとんどです。そのため、下水道管理課の人達は、その地域の井戸の使用状況を把握しています。なので井戸を掘り始める前に、近隣の井戸の使用状況について聞いてみましょう。

また、地域によって下水道を使用する条件も変わるので、近隣の状況と合わせて聞いておくと手間が省けます。

近隣の方や業者にも聞いてみる

近所に井戸を使っている人がいる場合、話を聞くことで井戸の深さや水質について知ることが出来ます。また、近所に井戸掘り業者がある場合、問い合わせると、地域の井戸事情について教えてくれる場合もあります。仮に教えてくれなくても不都合があるわけではないですが、得られる情報は得られるだけ集めておくと判断材料を増やすことが出来ます。

水質検査 井戸 水

井戸掘りもDIY可能?井戸を自分で掘る方法と注意点

井戸を掘るというと、大型の重機が必要になるイメージがありますが、実はDIYで掘ることもできます。DIYで井戸づくりをおこなう場合は、「打ち抜き井戸」という方式が主流です。

自分でおこなう井戸の掘り方について、基礎的な知識と手順を以下にまとめました。

「打ち抜き井戸」とは

打ち抜き井戸とは、小さな穴の開いたパイプを地面に深く突き刺して、パイプ内に染み出してきた地下水を吸い上げる方式の井戸のことです。いわゆる「井戸」といえば人が入れるような幅の縦穴を開けて底面に地下水が溜まっていく「掘り抜き井戸」が一般的ですが、打ち抜き井戸で開ける穴は直径50cm程度になります。

イメージとしては、地面にストローを挿して地下水を吸い出すような方式が打ち抜き井戸です。掘り抜き井戸に比べると水量は少なくなりますが、大規模な掘削をおこなわなくてもよいため、人力でも十分に地下水のある層まで穴を掘ることができます。

それでは、DIYでもできる打ち抜き井戸の掘り方について、手順を確認してみましょう。

①井戸を掘る場所を決める

DIYで井戸を掘る時には、周りに障害物が少なく出来るだけ広い場所で行なうのがおすすめです。障害物が多い場所や、狭い場所で作業をしてしまうと道具を運びこむだけでも一苦労で作業が円滑に進みません。

②深さ1mくらいの穴を掘る

水を吸い出すストローにあたる、「鞘管(さやかん)」を設置する為の穴を掘ります。穴の大きさは50cm四方くらいあれば十分でしょう。1メートルくらいの穴であればスコップでも簡単に掘ることが出来ます。

③鞘管を埋める

鞘管は基本的に塩化ビニール製のパイプを使います。太さ7~10cm程度の物を使うのが一般的です。鞘管の先端には水を呼びこむ為の小さな穴をたくさん開けておきましょう。また、鞘管の先端に継手を取り付けておくことで、壁面と鞘管が擦れなくなります。

④穴を掘り進める

鞘管を埋め終わったら、穴掘り道具を使って鞘管の中から穴を掘り進めていきます。穴を掘り進めていくと、鞘管が徐々に埋まってきます。
残りが少なくなったら次の鞘管を継手を使って繋いでいきます。この作業を目標の深さに到達するまで繰り返します。

穴を掘り進めている時には石など固い粘土などの地層に当たって、「中々穴を掘り進める事が出来ない!」などのドラブルが起きる事もありますが、根気よく続けていきましょう。作業を進めていくことで、少しずつ水が出てくるようになるので、段々楽しくなってきます。

また、専用の井戸掘り器を使うと、より深い穴を掘ることができます。これは弁利用式の井戸掘り器と呼ばれるもので、ホームセンターに売っている道具で簡単に作ることができるのでおすすめです。

この器具を穴に刺し何度か上下させると底に泥水がたまってくるので、これを捨てることを繰り返し、水量が増え深度が増してくるといよいよポンプの設置です。

⑤ポンプを設置する

井戸水を汲み上げるためにポンプを設置するのですが、設置場所はよく考えなければいけません。「庭の散水や洗車だけに使うのか?家の中の生活水としても使用するのか?」によって、設置場所が変わります。

家から離れた場所に設置してしまうと、家の中に井戸水を引いてくる為の配管が長くなってしまうので、注意しましょう。

ポンプを設置する際も、電動ポンプと手動ポンプがあるので、用途によってお好みのものを選ぶことができます。電動タイプは水道のように蛇口をひねることで水が出てくるので日常的に利用するのにとても便利です。

手押しタイプは映画などで出てくるレトロな見た目のピストンを利用したポンプで、構造がシンプルなので、不具合が起きた場合や、災害時に電気が使えないときにも動くといったメリットがあります。

その井戸水は飲める水?水質検査のすすめ

首尾よく打ち抜き井戸から水が出るようになっても、すぐに飲用やお風呂などに使うことはおすすめできません。飲んだり肌に触れたりしても大丈夫な水かどうか、地下水の成分を調べる「水質調査」をおこなっておきましょう。

水質調査には、主に飲用に適するかどうかを判断する「51項目」の調査と、飲用以外の生活用水として利用できるかどうかを判断する「11項目」の調査があります。自分が井戸水をどんな用途に使いたいかを考えて、必要な項目を確認できる調査を選びましょう。

水質検査は、井戸水のサンプルを採取して調査業者に郵送することになります。結果が出るまで1~2週間ほどかかるのが一般的なので、早めに調査業者に相談しておくのがおすすめです。

まとめ 井戸掘り 井戸

井戸掘り工事のおすすめ業者

井戸掘削のまとめ

お庭に井戸を掘ることで、水道代の掛からない水を手に入れることが出来ます。しかし、どこを掘っても水が湧き出てくるという訳ではないうえに、無計画に井戸を掘り始めてしまうと水が出てこないという状況や、水位が少ないと夏場に水が枯れてしまうこともあるので、事前調査と準備をしっかりとしておかなければいけません。

事前調査の結果自分で井戸を掘るのは難しいということもありますが、どうしても井戸が欲しいという場合は業者に依頼することで、井戸を掘ることも可能です。

お近くで井戸を掘ってくれる業者をお探しの場合は、生活110井戸掘り工事よりお探し下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
生活110番の公式LINE@に「友だち登録」をしていただくと、編集部のおすすめ記事を受け取ることができます。
友だち登録はこちらから!

(この記事は2018年11月06日に加筆・修正されています)

弊社調べの最安値 250,000円~

弊社調べの最安値
250,000円~

井戸掘り工事のおすすめ業者を見る

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
24投票,  平均評価値:3.4

おすすめコンテンツ

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-11-13 16:47:08
https://www.seikatsu110.jp/etc/ec_ido/1059/
その他

シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

その他 井戸彫り工事(さく井工事)

井戸彫り工事(さく井工事)のお問い合わせ・ご相談はこちら

井戸彫り工事(さく井工事)についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

0120-949-986