生活110番ニュース その他

このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀のメイクのポイントは?マナー違反にならないメイク方法をご紹介

更新日:2021-04-30

葬儀のメイクのポイントは?マナー違反にならないメイク方法をご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

お葬式や法要などの場面は急にやってきます。きちんとした身だしなみや振る舞いをしていてもメイクはどのように仕上げればよいのかわからない方もいるのではないでしょうか。色味を抑えた化粧という漠然としたイメージでメイクをしている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、葬儀は公の場でもあるため、きちんとしたマナーが存在します。
この記事では葬儀における一般的なメイクのマナーをまとめました。葬儀のメイクの知識をしっかり身に着けておきましょう。

葬儀のおすすめサービス

葬儀にメイクは必要?していかないとマナー違反に……

葬儀に参列する際、メイクをしないという方も多いようです。しかし、葬儀は公の場となるため、正装を心がけるべきところです。そのためノーメイクで公の場に出ることは大人の女性としてのマナーがなっていないと判断される可能性があるのです。
ノーメイクで参列すると顔色が悪く見えたり、疲れているような印象を与えたりしてしまいます。

ナチュラルメイクでも問題があるかも?

また、葬儀の際は薄化粧が基本ということでナチュラルメイクをしていくという人も見かけます。確かにナチュラルメイクは色合いが薄いのですが、日常生活でのナチュラルメイクは「ナチュラルな美しさを引き立てるためのメイク」のことを指します。
よって、淡い色合いやパステルカラーを使用しますので、色味を抑えたメイクが基本となる葬儀の場では浮いた印象を与えてしまう可能性があるので注意をしたいところです。
葬儀における正装としてのメイクは薄化粧ではありますが、厳密にはナチュラルメイクではありません。
      ナチュラルメイクでも問題があるかも?

葬儀のメイクで押さえておきたい色やポイントとは

では、葬儀の際にはどのようなメイクをするのが好ましいのでしょうか。葬儀の際のメイクは色味を抑えて、艶感のないメイクを施すのが基本とされています。ベースメイクは作りこまずに素肌に近いものが好ましいです。自然で程よいマット感のあるものに仕上げます。ラメやパールが入っているもの、艶が出る化粧品は避けるようにしましょう。
それではポイント別にメイク方法を見ていきます。

チークをメイクする際のポイント

チークやハイライトといった顔にメリハリをつけるためのものは基本的に使わないようにしましょう。顔色が悪いなどの理由でどうしてもチークを入れたい場合はベージュやブラウンなど肌色に近い色を入れましょう。くれぐれもオレンジやピンクなどの血色が良く見える色、ラメやパール入りのものは避けた方が無難です。
また、入れる際にはシャープに斜めに入れたり、ポンポンと丸く入れたりするのを避け、全体に広くぼかすイメージで入れましょう。
      葬儀のメイクで押さえておきたい色やポイントとは

口紅をメイクする際のポイント

顔全体の色味を抑えており、不健康な印象を与えてしまうため、口紅は使用するのが基本とされています。その際は赤やピンクなどの派手な色を避けるようにしてベージュ系やブラウン系などのマットなものを使用するのが好ましいです。
質感も大切になってきますので、マットなものが無い場合、ティッシュオフで艶を消しましょう。
また、ラメやパールなどの艶のある質感のものやグロスの使用は避けるのが基本とされています。
      葬儀のメイクで押さえておきたい色やポイントとは

マスカラ・アイラインをメイクする際のポイント

目元のメイクは基本的には不要です。しかし、どうしても使用したい場合もあるかと思いますので、その場合のメイクを解説していきます。
まず、マスカラ・アイラインともにブラックではなくナチュラルな印象を与えるブラウンを使用し、つけているか、つけていないかわからないくらいの自然な薄さで仕上げるようにします。

また、マスカラをつける時はまつ毛をビューラーでカールさせず、目尻のみにそのままつけるようにします。アイラインも目全体に入れるのではなく、目尻のみに入れましょう。このように葬儀の場では、パッチリな目ではなく、切れ長な目になるように仕上げるのがよいとされています。
さらにアイメイクは涙を流すとにじんでしまうため、ウォータープルーフのものを選ぶなど配慮できると安心です。
      葬儀のメイクで押さえておきたい色やポイントとは

眉毛をメイクする際のポイント

眉毛は整える程度に描き入れるようにします。太めの眉、しっかりと角度の付いた眉、短めの眉などは元気で活発なイメージになるので、いつもそのようにしている方は意識して抑えるようにします。
また、ペンシルでくっきりと書くのではなく、パウダータイプのアイブロウを選び、自然にぼかした感じに仕上げるといいです。色も赤みや黄みがあるものは避け、より自然な色味なアイブロウを使用しましょう。

葬儀のおすすめサービス

まとめ

以上が葬儀における一般的なメイクのマナーです。葬儀のメイクで気を付けるポイントは色味を抑え、艶を出さず、光らせないことです。
葬儀は故人とお別れする大切な場です。メイクをはじめ、しっかりとしたマナーを守り葬儀に参列できるといいですね。

葬儀について相談や依頼したいときには

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「葬儀」をご覧ください。

葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:りな
家の掃除が得意。特にエアコン掃除にはうるさく、シーズンごとに掃除をする徹底ぶり。年中、家はピカピカ。虫が苦手。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

その他 葬儀

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!