生活110番ニュース その他

このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀のお布施って何にかかるお金?お布施に関しての疑問に答えます!

更新日:2021-04-30

葬儀のお布施って何にかかるお金?お布施に関しての疑問に答えます!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

大切な人の葬儀。人生で何度も経験することではないため、いざ行う際は悩みが多くあると思います。その中の1つがお布施に関するものではないでしょうか?いったいいくらくらい包めばよいのか、渡すときのマナーはどのようなものなのか知らない方も多くいることでしょう。この記事では葬儀のお布施とは何のお金なのか、いくら包めばよいのかなどお布施に関することをまとめました。参考にしてみてください。

葬儀のおすすめサービス

葬儀のお布施って何のお金なの?

そもそも葬儀のお布施とは何のためのお金でどうして渡すのでしょうか?まずは布施の本来の意味から見ていきましょう。

布施とは

布施とは本来「六波羅蜜(ろくはらみつ)」という仏教の修行法のうちの1つです。六波羅蜜とは、布施(ふせ)・持戒(じかい)・精進(しょうじん)・忍辱(にんにく)・禅定(ぜんじょう)・智慧(ちえ)の6つの徳目の総称のことです。仏教ではこの6つを実践することで煩悩が消えて悟りの世界に到達できるとされています。
その中の1つである布施とは、人に施しを与えることを意味します。布施には財施(ざいせ)・法施(ほうせ)・無畏施(むいせ)の三種類があります。この三種類の説明は以下の通りです。

・財施とは
金銭や物資を施すこと

・法施とは
お釈迦様の教えを説いたり、読経したりすること

・無畏施とは
恐怖や不安などを取り除き、安穏な心を与えること

葬儀の際にお坊さんや僧侶に読経していただくことは法施に当たりますし、お坊さんや僧侶に渡すお布施は財施に当たります。

お布施をなぜ渡すのか?

ではなぜ葬儀の際、お布施をお坊さんや僧侶に渡すのでしょうか。もちろん、法施をしていただいた謝礼になるのですが、お布施はお坊さんや僧侶にあげているわけではなく、ご本尊(宗教の信仰対象)に捧げるためのものと考えられています。お布施をお坊さんや僧侶に渡すことによってご本尊をお守りしている寺院を守り、法務を行うことができるのです。
よって、お布施を渡すことは間接的にご本尊を守るために使うということに繋がります。
      葬儀のお布施って何のお金なの?
   
         

葬儀のお布施はいくら包めばいいか決まりはあるの?

葬儀のお布施の金額に決まりはありません。人によってお金に対する価値観や財政状況が違いますので、それぞれ自分の払える範囲で財施というお布施を包みます。
たくさん包んだから成仏でできるというものではなく、法施に対して感じた価値の分の金額を包みます。
      葬儀のお布施はいくら包めばいいか決まりはあるの?
      
      

地域ごとの葬儀にかかるお布施の相場は

葬儀の際にお布施をいくら包んだらよいのか悩む場面も多いと思います。勇気を出して、いくら包めばよいのか尋ねても「お気持ちで」と返されるケースもあるようです。ここではお布施の金額の相場を見ていきましょう。
まず、全国の平均額は約55万円となっています。また、お布施の相場は地域ごとに差があるようです。
 

地域ごとの金額の相場

北海道・東北地方:約15万円
関東地方・近畿地方:約20万円
中国地方・四国地方・九州地方:約15万円

上記の金額は読経に対する金額で、これに戒名料や御車料、御膳料などがかかります。
戒名料の相場は宗派や名前によって異なりますが、だいたい25万円~100万円くらいのようです。亡くなった方の知名度によってはそれ以上に必要となるケースがあります。
      地域ごとの葬儀にかかるお布施の相場は
     
       

お布施を渡すときはどうすればいいの?

葬儀のお布施を渡す際はどのようにして渡せばよいのでしょうか?いくつかお布施を渡す際のマナーをご紹介していきます。

お布施の包み方

お布施は奉書紙、もしくは白無地の封筒に包むのが一般的です。水引は不要だと言われています。
表書きは「お布施」「御布施」「御礼」「御経料」などと書き、その下に喪主の性(○○家)かフルネームを書きます。また、封筒には薄墨ではなく、普通の黒墨で書きます。
封筒の裏面には基本的に何も書かなくてもよいのですが、地域によっては住所氏名などを書くことがあるようです。この際も薄墨ではなく黒墨で書きましょう。

お布施を渡すタイミング

お布施は葬儀が始まる前のお坊さんや僧侶に挨拶をするタイミングで渡すことが一般的となります。もしも、参列者の対応に忙しい場合は葬儀が終わった後、お坊さんや僧侶に挨拶をするタイミングで渡しましょう。お坊さんや僧侶が葬儀終了後の会食に同席してくださる場合には会食の後、お渡ししましょう。

お布施を渡すときのマナー

お布施は直接手渡すのではありません。お盆や袱紗(ふくさ)の上に乗せてお渡しします。
お盆の上に乗せてお渡しする場合、お坊さんや僧侶から見て正面になるようにお渡しします。また、お盆は切手盆と呼ばれる黒い小さなお盆を使用するのが正式ですが、急な場合は普段使っているお盆でも構わないようです。

袱紗の上に乗せてお渡しする場合は紫や紺、緑などシックな色が好ましいようです。包み方はダイヤの形になるように袱紗を広げ、中央より右側に封筒を置き、右→下→上→左の順に包んでいきます。渡すときに袱紗を開き封筒を取り出して、袱紗の上に封筒をのせてお布施をお渡しします 。

葬儀のおすすめサービス

まとめ

ここまでお布施について説明してきましたがいかがだったでしょうか?お布施とは何に対して払うものかわかなかった方も多いのではないかと思います。お布施は故人を送り、成仏してもらうためには必要なものです。
お世話になった方を気持ちよく送るためにも、正しい手順でお布施を渡し、よいお葬式にしましょう。

葬儀について相談や依頼したいときには

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「葬儀」をご覧ください。

葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ほりい
パソコンに詳しく、複雑な作業も難なくこなす。パソコンだけでなく自宅のインテリアにもこだわっており、経験を生かした記事作りをおこなう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

その他 葬儀

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!