生活110番ニュース その他

このエントリーをはてなブックマークに追加

現代では必ずしも必要ではない?湯灌の儀はなぜおこなわれるのか

投稿日:2018-04-05 更新日:2020-11-20

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

葬儀を手配する際に、湯灌(ゆかん)の儀をおこなうかどうか聞かれることがあります。あまり耳にしない言葉なので、イメージしづらい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、湯灌の儀はなぜおこなわれるのか、湯灌の儀をおこなう場合の流れや費用相場などをご説明します。

また、湯灌の儀の直後におこなわれることの多い納棺の儀についても解説します。葬儀のまえに確認して大切な方をお見送りする準備をしておきましょう。

葬儀のおすすめサービス

なぜおこなわれる?湯灌の儀の意味付け

湯灌の儀とは、ご遺体の身体や髪を洗浄するための儀式のことをいいます。男性の場合は髭を剃り、女性の場合は化粧を施すなどして身支度をします。

今では入浴の代わりに清拭といい、きれいに身体や髪を拭く場合が多くなってきているようです。では、湯灌の儀はなぜおこなわれるのでしょうか。その理由はおもに2つあります。

現世の汚れを落とす

湯灌の「湯」とは入浴を意味します。人が一日の疲れを癒すためにお風呂に入るのと同じように、現世の汚れを落とすために湯灌の儀はおこなわれます。湯灌の儀には、気持ちよく来世へ旅立つ準備を整えるという意味が込められているのです。

以前は家族や近所の人たちがおこなうこともあったようですが、今ではご遺族が立会い葬儀業者によって湯灌の儀がおこなわれるのが一般的です。

衛生面での役割

亡くなったときからご遺体の腐敗が進んでいくため、そのままでは出血してしまったり皮膚が変色したりしてしまいます。故人を美しい姿でお見送りするために、湯灌をおこなうことで身体の腐敗を抑える役割もあるのです。

湯灌の儀は必ずしも必要ではない?

湯灌の儀は必ずしも必要な儀式ではありません。湯灌の儀はおもに宗教的な儀式を目的としておこなわれることが多いようです。

とくに宗教的な理由がないのであれば湯灌の儀をおこなわずに、ご遺体をケアするほかの方法がとられることもあります。

病院で「エンゼルケア」がおこなわれることが多くなってきた

現在では、病院で最期を迎える人が多くなってきたため、湯灌の儀をおこなわずに「エンゼルケア」とよばれる処置をするケースが増えているようです。

アルコールを含んだ脱脂綿で体を洗う「清拭(せいしき)」とよばれる処置をとったり、容姿を整えたりするなど、基本的には湯灌の儀と近いことをおこないます。

湯灌の儀の流れ

湯灌の儀の流れは以下のようになります。儀式は湯灌の作業を専門とした湯灌師が主体となっておこなうので、安心して任せましょう。

1.準備
湯灌をおこなう浴槽に水を入れてからお湯を加えて温度を調節しておきます。故人の肌を周囲に見せないようにタオルをかけ、浴槽に移します。

2.湯灌
ご遺族や親族の方々が交代で、「逆さ水」とよばれる通常のお風呂とは逆の手順で足元から適温のお湯を故人にかけて体を清めます。

湯灌の儀の中で、ご遺族や親族の方々が手伝うことができる唯一の作業なので、今までの感謝を込めてしっかりと清めてあげましょう。

シャンプーや髭剃りなどを使って故人の髪や顔をきれいに整え、シャワーで身体を洗い流します。

3.身支度
身体を清め終わったら、故人を布団に移し白い着物に着替えをして身支度を整えます。髪をセットしたり、お化粧をしたりして、故人を美しい生前の姿に整えるのです。

直後におこなわれることの多い「納棺の儀」についても知っておこう

湯灌の儀が終わったら、直後に納棺の儀がおこなわれます。ご遺族や親族の方々が、亡くなった方に対しておこなえる最後のお別れですので、悔いが残らないように納棺の儀のことをあらかじめ知っておくとよいでしょう。

最初に、故人が気持ちよく旅立つことができるように死装束を着せ、旅支度を整えるところから始まります。死装束の種類は、浄土真宗以外の仏式では「経帷子(きょうかたびら)」、神式では「白の小袖」など、宗派によって異なるものです。

また「手甲」「脚絆(きゃはん)」「足袋」「頭陀袋(ずだぶくろ)」をそれぞれの部位に結び付けて、身なりを整えます。

旅支度が終わったら、ご遺体を棺の中へ移し副葬品を棺の中に納めます。故人が使っていたものや、好きだったものを入れてあげるとよいでしょう。

ただし、金属やガラスといった燃えにくいものを副葬品として納めることはできません。火葬の際に支障がでてしまう可能性があるためです。

最期にご遺族や親族の方々と力を合わせて棺の蓋を閉じます。これで納棺の儀が終わります。

なぜおこなわれる?湯灌の儀の意味付け

湯灌の儀で葬儀費用はどう変わる?

湯灌の儀は葬儀の基本費用に含まれないケースが多いようです。その理由は、先ほども説明したとおり必ずしも必要なことではないからです。

湯灌の儀の費用相場は、10万円前後になります。浴槽の準備が大掛かりなものになるため、それなりの費用がかかってしまいます。ですが、手足の清拭などの簡易的なものであれば、5万円程度で湯灌の儀をおこなうことができるようです。

葬儀のおすすめサービス

まとめ

湯灌の儀は必ずしも必要なものではなく、現在ではエンゼルケアといった方法も一般的になってきています。

ですが、ご遺族や親族の方々には今までお世話になった故人に対してなにか恩返しをしたいと考えている方もいることでしょう。湯灌の儀をおこなって身体を清めることも、ひとつの感謝の形であると思います。

また、湯灌の儀や納棺の儀の流れをあらかじめ頭に入れておくことで、葬式の流れがスムーズになり、気持ちよく故人を送り出すことができることでしょう。

湯灌の儀について疑問に感じることや、わからないことがあれば葬儀のプロに相談してみましょう。きっと、故人を最高の状態で送り出すための提案をしてくれるでしょう。

(この記事は2020年7月17日に加筆・修正しています)

葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
この記事を書いた人
編集者:りな
家の掃除が得意。特にエアコン掃除にはうるさく、シーズンごとに掃除をする徹底ぶり。年中、家はピカピカ。虫が苦手。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-11-20 16:35:13
https://www.seikatsu110.jp/etc/ec_funeral/61167/
その他
葬儀を手配する際に、湯灌(ゆかん)の儀をおこなうかどうか聞かれることがあります。あまり耳にしない言葉なので、イメージしづらい方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、湯灌の儀はなぜおこなわれるのか、湯灌の儀をおこなう場合の流れや費用相場などをご説明します。また、湯灌の儀の直後におこなわれることの多い納棺の儀についても解説します。葬儀のまえに確認して大切な方をお見送りする準備をしておきまし...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

その他 葬儀

葬儀のお問い合わせ・ご相談はこちら

葬儀についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!