生活110番ニュース その他

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本古来の風習、形見分け。注意しないとトラブルにつながることも

更新日:2021-04-30

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

葬儀がおわり一段落ついたころに行われる「形見分け」とはどんな風習なのでしょうか。それは古来より続く日本独自の風習で、故人が使っていた品物を通して思い出を共有するためのものです。故人の遺したものを分ける大切な儀式なので、しっかりとりおこないたいものです。しかし品物をやり取りするためトラブルに発展することも。今回は形見分けと、行うときに注意したいことについて解説します。

葬儀のおすすめサービス

形見分けとは

形見分けは故人が生前使っていた愛用の品を、親族や友人に分けることをいいます。日本独特の風習といわれており、形見の品を通して故人との思い出を共有する目的があります。古来より行われてきた風習で、昔は形見といえば着物だったそうです。これは肌にまとっていたものには、魂が宿るという日本の思想によるものです。以前は目上の人の形見を渡すことは失礼と考えられていたようですが、現在では地位や年齢にかかわらず形見分けをすることが多いようです。分ける品は貴金属のような高価なものは避け、身につけやすいものが一般的です。たとえば衣類、アクセサリー、本などが形見分けの品として分けられています。

      形見分けとは

形見分けは必ずする必要があるの?

形見分けは風習の1つなので必ず行う必要はありません。しかし高齢の親族のなかには、古くからのしきたりを重んじている方もいます。そういった方に配慮して、形見分けをした方がよい場合もあります。人によって形見分けを必要としない方もいるため、状況をみて誰に形見を渡すのか判断しましょう。

形見分けを行う時期とは

形見分けは明確に時期が決まっていませんが、各宗教儀式にあわせて行うのが一般的なようです。

仏教

仏教には故人の死後四十九日に、喪中といわれる冥福を祈る期間があります。この期間は個人をしのぶ期間になるため、遺品整理や形見分けは行わない方がよいとされています。

神道

神道では葬儀のあと10日ごとに十日祭、二十日祭と霊祭を行います。形見分けは忌明けに行うことが一般的であり、神道の場合は三十日祭もしくは五十日祭が忌明けにあたります。そのためどちらかの日に形見分けを行うとよいでしょう。

キリスト教

キリスト教には形見分けという風習はありませんが、日本人のキリスト教信者の場合は形見分けを行うことがあります。その場合は1ヶ月命日である追悼ミサで行われるようです。

      形見分けを行う時期とは

形見分けで注意すること

形見分けを渡す相手

形見分けは故人と親しかった友人や親族に生前の愛用品を送る儀式です。そのため、あまり親しい間柄ではない人や、受取りを拒否している親族に分けることはあまりよくありません。また、形見分けは親から子、上司から部下へ渡すことが一般的です。最近ではその考え方がなくなってきていますが、故人の上司にあたる人へ形見分けをする場合は事前に確認をしておきましょう。

形見分けの品物

形見分けの品物は衣類やアクセサリー、本などが一般的です。形見分けの品物を選ぶ際に注意すべきことは、品物の値段です。受け取った形見分けの品物に市場価値があると判断された場合は、受け取った人が贈与税を支払わなければなりません。そのため貴金属や高価な時計はなるべく受け取らないようにしましょう。個人が生前愛用しておりどうしても受け取りたい場合は、贈与税の控除額である110万円を基準にどれだけ税金が発生するか考えて受け取るようにしましょう。

      形見分けで注意すること

形見分けで起こるトラブル

形見分けは品物のやり取りを行うため、トラブルがつきものになります。

故人との関係がわからない人

故人が希少な品物や高価な品物を持っていた場合、関係性が不明な人物が形見の品を受け取りたいといってくることがあるようです。遺族も故人の交友関係をすべて把握しているわけではないため、譲ってしまうこともあるようです。のちのちトラブルに発展しないように関係がわかる人にだけ形見分けをするか、連絡先などを聞いておくとよいでしょう。

品物を無理に押しつける

お世話になったからといって、故人の友人などに形見を押しつけることもよくあるトラブルのようです。押しつけられた側はもらう気などなくても、遺族に頼まれたら断りづらくなってしまいます。このような形で遺品が譲渡されることは故人も望まないことなので、受け取る本人の意思を尊重しましょう。

故人の遺志

故人が生前に友人にした形見分けの話が、トラブルにつながることがあるようです。遺書など形はっきり遺志がわかるものがあればよいですが、口約束などは信ぴょう性に欠けるため形見を譲り受けられないということがあります。生前に形見分けの話をされたのであれば、遺書に書いてもらうか形に残るものに記録しておいてもらいましょう。

      形見分けで起こるトラブル

葬儀のおすすめサービス

まとめ

故人の思い出が詰まった品物を共有する、それが形見分けです。品物を通して故人が生きていたことを実感する、というとても日本らしい風習だと思います。それゆえ儀式はしっかり行わなければなりません。各宗教の忌明けにあたるときに、形見分けを行うことが一般的なようです。また形見分けの品物や渡す相手を考えなければ思わぬトラブルになることも。そういったトラブルは故人も望んでいないため、きちんと話し合うことが大切です。

葬儀を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」「葬儀」をご覧ください。

葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。


相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ほりい
パソコンに詳しく、複雑な作業も難なくこなす。パソコンだけでなく自宅のインテリアにもこだわっており、経験を生かした記事作りをおこなう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

その他 葬儀

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!