生活110番ニュース その他

このエントリーをはてなブックマークに追加

遺体搬送ってどうしたらいいの?その流れや手配方法を紹介します

更新日:2021-04-30

遺体搬送ってどうしたらいいの?その流れや手配方法を紹介します

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

もし家族が病院で亡くなってしまった場合、なるべく早く遺体を自宅などの安置場所へ搬送する必要があります。
病院の外に運ぶといっても、医師の書いた死亡診断書が必要であるなど簡単に搬送できるというわけではありません。

では、遺体を外に搬送するにはどのような方法があるのでしょうか?
今回は、遺体搬送をするときの流れをさまざまなケースからご紹介します。

葬儀のおすすめサービス

遺体搬送をするときの流れ

もし病院などで亡くなってしまった場合、葬儀社に依頼して遺体搬送車を手配してもらう必要があります。

遺体搬送車の手配

亡くなってしまってから葬儀社を探すのでは遅いため、あらかじめ葬儀社を決めておきましょう。
もし急逝してしまった場合はその時点ですぐ葬儀社を決めましょう。
病院側から急かされた場合には、病院と提携している葬儀社に搬送してもらうこともできますが、その場合は遺体の搬送のみを依頼するようにしておかないと葬儀もその葬儀社に任せなくてはいけなくなるので注意が必要です。

遺体の搬送先を決める

一般的な遺体の搬送先は以下になります。

葬儀社の霊安室

葬儀社が決まっている場合は、葬儀社が所有している会館やホールなどに付随している霊安室に遺体を搬送することができます。

公共斎場の霊安室

小規模な葬儀社になると、会館やホールなどがないため公共斎場を利用し葬儀を行っています。遺体の搬送先は公共斎場に併設されている霊安室になります。

火葬場の霊安室

小規模な葬儀社の中には、公共の火葬場などに併設されている斎場の中の霊安室に搬送されることもあります。

自宅

自宅にも搬送することができますが、その場合以下の点に気を付けなければいけません

・自宅の中に遺体を安置できる場所はあるのか
・アパートやマンションの場合エレベーターの広さなどは大丈夫か
・アパートやマンションの場合管理組合に許可は取っているか

これらが確認できないと、自宅に搬送するのは難しくなります。

遺体搬送を依頼するときに必要な情報

スムーズに遺体を搬送するためにも、以下のことは伝えておきましょう

1.搬送の電話をした際、電話をした本人の名前と携帯番号

2.現在遺体がある場所

3.遺体搬送先

4.故人の名前

死亡診断書の受け取り

搬送の手配が完了したら、搬送車が到着するまでに病院で清算を済ませる際、医師に「死亡診断書」を書いてもらう必要があります。

身内が亡くなった際に区市町村に提出する「死亡届」にもこの死亡診断書は必要になりますので、死亡診断書は必ず受け取りましょう。

また、遺体を搬送する際には死亡診断書の携行が義務づけられているため、遺体搬送時には死亡診断書を保管している方が必ず同乗する必要があります。

遺体搬送を請け負っている業者

業者によっては、故人の自宅ではなく遠く離れた実家まで遺体を搬送してくれる業者もあります。
時間も深夜から早朝まで対応してくれるところもあり、搬送のみを専門としているところが多いです。
自宅に安置できないという方のために、安置所を提供してくれるところもあるので安置所の心配をする必要もありません。
        遺体搬送をするときの流れ
      

遺体搬送費用の目安は

遺体搬送業者に依頼した場合だと、一般的には14,000円程度が相場といわれています。
距離が長くなるたびにお金が加算されていくほか、お棺、シーツ、ドライアイスなどのオプション料金がかかります。
遠方になるほど自宅への搬送費用がかかるため、搬送費用だけで20万円以上する場合もあります。

業者によってサービス内容は違いますが、何万円以上でこれがついてくるなどのキャンペーンをしているところもあります。
      遺体搬送費用の目安は

海外から遺体搬送する場合

海外で死亡した場合、遺体は「貨物」扱いとなります。
料金は海外から仕向地によって変動しますが、日本から遠いほど料金が高くなります。
航空運賃のほか、燃油サーチャージ・通関業者手数料・爆発物検査料などの料金もプラスされます。

業者によっては、遺体の状況により「エンバーミング 」という遺体に消毒殺菌・防腐・修復・化粧をほどこす処置を行ってくれるところもあります。

個人で遺体搬送はしてもいいのか?

個人で遺体を搬送するのは死亡診断書さえあれば法律上の問題はありません。
ですが、搬送する際には必ず死亡診断書を所持していなくてはいけません。
もし個人で遺体を搬送するとなると、遺体の搬送時に必要なことは全て自分でしなくてはなりません。

また、自家用車ではなくレンタカーでは遺体を搬送するという場合はレンタカー会社の貸渡約款に遺体の搬送を禁止する事項が記載されているかしっかりチェックしなくてはなりません。
もしレンタルできた場合でも、車を汚さないよう対策をしましょう。
      個人で遺体搬送はしてもいいのか?

葬儀のおすすめサービス

まとめ

葬儀の前にも遺体の搬送は重要です。
もし深夜や早朝などに急に家族が亡くなり、葬儀の手配が何も済んでいない場合や海外で死亡してしまった家族を迅速に自宅へ搬送してほしい場合は、遺体の搬送業者 を利用するのがおすすめです。
24時間いつでも対応している業者も多く、海外でも遺体を円滑に搬送してくれます。

葬儀を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金については、「生活110番」の「葬儀」をご覧ください。

葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ほりい
パソコンに詳しく、複雑な作業も難なくこなす。パソコンだけでなく自宅のインテリアにもこだわっており、経験を生かした記事作りをおこなう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

その他 葬儀

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!