生活110番ニュース その他

このエントリーをはてなブックマークに追加

突然の訃報!どうしたらいいの?事前にしておくべき葬儀・葬式の準備

更新日:2021-04-30

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

親族や知人の訃報(ふほう)は突如としてやってくるものです。大切な方を失う喪失感は計り知れないものがありますが、そのような中でも最後の儀式である葬式はしっかりと行わなければなりません。
突然の葬式にも慌てず対応するために、知っておくべき葬式の準備についてご紹介します。

葬儀のおすすめサービス

葬儀・葬式が決まったら

まず葬式の準備として、優先して決めなければいけないことがいくつかあります。
遺体の安置場所を決める
亡くなられた場所にもよりますが、遺体を安置できる場所として以下の3ヶ所があります。

自宅

自宅で安置する場合は布団を敷き、その上にご遺体を寝かせます。また、腐敗を防ぎ遺体の状態を保つためにドライアイスなどで冷やします。
従来は故人が住み慣れた自宅に搬送するのが一般的でした。しかし、最近では、遺体を搬送する際に近隣の住民に見られたくない方や搬送するのが難しい住宅の方は次の安置場所を選ばれているようです。

斎場・葬儀社の安置室

既に斎場や葬儀社が決まっているのであれば、その安置室を利用することができます。斎場や葬儀社の安置室ならば、通夜や葬式の際にご遺体を移動させる負担を減らすことができます。

民間の安置保管所

民間の保管所は、一時的に預けることはできますが、長期的な保管には適していません。24時間営業している保管所が多く面会はいつでもできますが、およそ1日から2日ほどしか預けることができません。最後のお別れをするには適していないと言えます。

葬式の場所を決める

葬式は「自宅」か「自宅以外の式場」で行われます。

「自宅」で葬儀を行う場合、祭壇を準備し飾り付けを行う必要があります。その他にも、会葬者への連絡やご近所へのあいさつなど式場を借りるよりも手間がかかります。そのため最近では式場を借りる形式が主流となっているようです。

「自宅以外の式場」には以下の種類があります。

公営式場

自治体によって運営されており、住民であれば比較的安価で利用できる式場です。葬儀社の選択が幅広いことが多く、火葬場が同じ場所にあることがあるなど便利です。その反面、利用する方も多いため混雑しがちで、葬式に時間の制限があることが多いようです。

      葬儀の場所を決める

民間式場

葬式に関して公営式場と大きな違いはありませんが、特定の葬儀社とつながっていることが多く、葬儀社の選択肢が少ないことがあります。また、利用料金については民間の式場ですので、公営式場よりは割高になります。

葬式の打ち合わせ

葬式を行うにあたって事前に葬儀社や会葬者と打ち合わせておくことがあります。

役割

喪主や弔辞奉読、受付、世話役、会計などの係を決め、役割分担の確認をしておきます。

日時

葬式をいつ執り行うか、式場の空き具合などを見て決定します。

葬儀の形式

故人の宗派によって葬式の形式が異なります。故人が生前進行していた宗派に合わせた葬式にしましょう。
この他にも葬式で打ち合わせることがありますので、葬儀社や親族から助言してもらいながら、しっかりと準備しましょう。

事前に準備しておくと便利なこと

葬式の流れについて知っていても、いざ葬式が決まると何からしていいか混乱してしまうかもしれません。事前に葬式の準備しておくことで、もしものときにスムーズに事を進められるようになります。
喪主を誰にするか考えておく
遺族の代表である喪主を決めておきましょう。故人の遺言による喪主の指定などが無ければ、遺族の配偶者が喪主を務めることが一般的です。配偶者が高齢の場合などでは、故人と血縁関係が深い順に優先されていきます。

訃報連絡リストを作る

親族や故人の知人、勤め先などに訃報を連絡するために、事前に連絡先のリストを作成しておきましょう。

      訃報連絡リストを作る

葬儀社を決めておく

最近では生前に葬儀社を決めておき、ご臨終された後に円滑に葬式を行うようにしている方も多いようです。生前であれば1章で述べた葬儀社との打ち合わせに、故人の意志を含めた形で話を進めることができます。

葬式の予算について考えておく

葬式には主に葬儀一式費用と飲食接待費用と宗教者費用の3つの費用がかかります。日本全国での平均で200万円前後と言われています。会葬者の人数や式場の規模などで変動するので、事前にどの程度の規模で開くのか決めておくと良いでしょう。

葬儀・葬式の流れ

葬式の準備についてご紹介したところで、最後に葬式の一般的な流れを簡単にご紹介します。

お迎え

ご臨終された病院などからご遺体を搬送します。

安置

自宅や安置室などでご遺体が腐敗しないよう安置します。

納棺

棺に入れる副葬品を選定し、ご遺体を清めたあと棺に納めます。

通夜式

僧侶よる読経と法話を拝聴し、通夜振る舞いの会食をします。

告別式

棺の蓋を開け、故人と最後のお別れをします。供花を1輪ずつ棺に入れ、棺の蓋を石で打って閉じます。

火葬

火葬場に棺を移動させ、火葬を行います。火葬が終わったら、拾骨室で骨上げを行い骨壺に遺骨を納め、葬儀終了となります。

      葬儀の流れ

葬儀のおすすめサービス

まとめ

葬式は人生の最期に行う大切な儀式です。円滑に行えるよう事前にしっかり葬式の準備しておきたいですね。また、葬式を行う際は、親族や知人など様々な人が力になってくれると思います。そういった人たちの力を借りて、故人のためにも葬式はしっかり行いましょう。

葬儀に関してお悩みの際には

葬儀社をお探しの場合はインターネットで検索することができます。
依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「葬儀」をご覧ください。

葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ほりい
パソコンに詳しく、複雑な作業も難なくこなす。パソコンだけでなく自宅のインテリアにもこだわっており、経験を生かした記事作りをおこなう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

その他 葬儀

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!