生活110番ニュース その他

このエントリーをはてなブックマークに追加

服装や香典だけじゃない葬儀のマナー。数珠の正しい選び方とは?

投稿日:2017-09-15 更新日:2018-10-03

服装や香典だけじゃない葬儀のマナー。数珠の正しい選び方とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

葬儀の際には必ず持っていく数珠ですが、どんな数珠でもいいというわけではありません。葬儀にあった数珠を持っていく必要があります。
また、宗派によっては持っていってはいけない数珠もあるようです。

ここでは数珠の選び方や、いつごろに用意をすればいいのか。また、数珠にはどんな意味があるのか、宗派によって用意する数珠が違いますので、それに合わせた数珠の説明をしていきます。

葬儀のおすすめサービス

数珠の意味ってきちんと知っていますか?

数珠は仏や菩薩を合掌礼拝する時に手に掛け、または揉むようにして音を出すように使います。
元々は、念仏の回数を数えるためとして使われていたようで、「念珠」とも呼ばれるそうです。
宗派によっても異なりますが、数珠の玉の数は煩悩の数と同じ108の玉を繋ぎます。これは、「人間のあらゆる煩悩を数珠が引き受けてくれる」という考えからできているのです。
さらに数珠は持っているだけで功徳を積むことができるとされて、魔除けや厄除けになるとも言われ、お守りのような役割をしています。

このように、数珠にもしっかりとした意味があります。最近では数珠を持っていない方や、葬儀に持っていかない方なども増えてきています。持っていなくても問題はありませんが、数珠は亡くなった方や仏に敬意を表す行為の一つとして捉われているために、お通夜や葬儀のような正式の場では数珠を持っていた方が相手にも好印象を与えますので、なるべくなら持っていくのがおすすめです。
          数珠の意味ってきちんと知っていますか?

数珠はいつ用意すればいいのか

数珠の購入時期として一般的に多いのは、3月、8月、9月などの時期です。この時期は仏事用品を購入する人が多いですが、基本的にいつ頃に数珠を用意しなければいけないのか、といった決まりはありません。
自身が必要だと感じた場合や、思い立ったタイミングで用意すればいいでしょう。

なお、マナーとして数珠の貸し借りはしないのが原則です。
数珠は持ち主個人のモノですので、人に借りたりするようなことはやめましょう。
また、数珠の貸し借りはマナー違反となるようですが、祝いの品としてプレゼントすることは認められています。
この場合、成人式や結婚式などの節目の贈り物として贈ることが多いそうです。

これでばっちり!数珠の選び方

数珠にもさまざまな種類があります。いざ、数珠が必要になって購入しなくてはならなくなったときなどで、どのような数珠を選んだ方がいいのか、迷ってしまうかもしれません。

数珠を選ぶ際には、まず知っておかなければならないことがあります。
数珠には宗派別の「本式」と、宗派に関係なく使える「略式」のニつに分かれるということです。
自身の宗派をご存知ならば本式を使った方がいいですが、そうでない場合は略式を使うことをおすすめします。

本式か略式のどちらかを決めたら、次は男性用か女性用の数珠を選びます。
数珠は男性用と女性用に区別されます。男性用の数珠は女性用よりも玉が大きいという特徴があります。女性用の方は玉が小さく、玉色に合わせて明るくきれいな色の房を付けることが多いです。間違えて購入しないようにご注意ください。

購入する場所は、寺院や仏具店などの専門店で購入することができます。
費用は1,000円以下のものから3万円以上と、安価なものから高価なものまで多種多様です。
値段に幅がありますが、一般には天然のものほど高価で、その中でも品質のランクによって値段に大きな差が生じます。さらに玉の加工の精度にも左右されます。

また、最近ではブレスレットタイプの数珠も仏具店や寺院などで売られています。
素材や色もさまざまで、ファッションの一つとして購入する人も多いそうです。
しかしブレスレットタイプは、あくまでも自身のお守りといったものなので、本来の数珠のような役割はありません。
そのため、お通夜や葬儀の際に勘違いでブレスレットタイプのものを持っていかないように注意しましょう。
      これでばっちり!数珠の選び方

数珠は宗派によっても違いがあります

数珠は大きく分けると「本式数珠」と「略式数珠」の二つに分かれます。
日本の仏教には、数多くの宗派が存在しており、宗派によっては本尊や経、作法もそれぞれ違い、数珠の仕立や持ち方にも多少の違いがあるのです。
主な仏教の宗派としては、「天台宗」「浄土宗」「真言宗」「浄土真宗」「日蓮宗」「曹洞宗」「臨済宗」などがあります。
お通夜や葬儀の際に慌てないためにも自身の宗派を知ることは大切ですので、自分がどの宗派に属しているのかをご存じない場合は家族や親戚にお尋ねください。

葬儀での数珠の使い方や持ち方、注意点なども異なります。
本連数珠の場合などは二重にして持ちますが、基本的には左手に輪を通して房を下にして持つのが一般的です。
合掌の時は両手を合わせ、親指を両手に回して掛けます。焼香に立つ時は左手に掛け、右手で抹香をつまんで合掌をします。
その際、宗派によっては数珠の持ち方や焼香の回数、線香の本数なども異なるため注意が必要です。

また、合掌する時以外は左手で数珠を持ちますが、その際に手でいじったりしないように気を付けましょう。持ち運ぶ際には数珠専用の袋に入れて、数珠を置くときなども直接机などに置かないように注意してください。
            数珠は宗派によっても違いがあります

葬儀のおすすめサービス

まとめ

葬儀の服装や香典のマナーを知っている方多いですが、数珠のマナーを知る方はあまり多くありません。
数珠にも様々な種類や各宗派によっては違ってきますので、基礎知識を知っていることは大切です。葬儀の際には正しい参列マナーができるように心がけましょう。

葬儀を依頼できる業者

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「葬儀」をご覧ください。

葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:りな
家の掃除が得意。特にエアコン掃除にはうるさく、シーズンごとに掃除をする徹底ぶり。年中、家はピカピカ。虫が苦手。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-03 12:16:40
https://www.seikatsu110.jp/etc/ec_funeral/10039/
その他
葬儀の際には必ず持っていく数珠ですが、どんな数珠でもいいというわけではありません。葬儀にあった数珠を持っていく必要があります。また、宗派によっては持っていってはいけない数珠もあるようです。ここでは数珠の選び方や、いつごろに用意をすればいいのか。また、数珠にはどんな意味があるのか、宗派によって用意する数珠が違いますので、それに合わせた数珠の説明をしていきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

その他 葬儀

葬儀のお問い合わせ・ご相談はこちら

葬儀についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!