生活110番ニュース その他

このエントリーをはてなブックマークに追加

フレアクロスオーバーのバッテリー上がりを解決する方法をご紹介!

投稿日:2020-04-17 更新日:2020-04-17

フレアクロスオーバーのバッテリー上がりを解決する方法をご紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

フレアクロスオーバーがバッテリー上がりを起こしたときには、道具さえそろっていれば自力で対処することができます。

バッテリー上がりは、バッテリー内に蓄電した電力を消費し過ぎてしまうことで起きてしまうトラブルです。ここで専用の道具があれば、比較的簡単にバッテリーへ電力を補給することができるのです。

本コラムでは、自力でバッテリー上がりを解消する方法と、バッテリー上がり解消後にしておくべきことを解説していますので参考にしてください。

「バッテリー上がりへの対処を急いでいる」「道具がないので自力で解決ができない」という方は、弊社の業者紹介サービスのご利用が便利ですのでご活用ください。

フレアクロスオーバーのバッテリー上がりを解消する方法

「エンジンをかけようとしてもかからない」
「スターターが回らない」
「ヘッドライトの明かりが小さい」
こんな症状があるならバッテリー上がりが起こっている可能性が高くなります。

フレアクロスオーバーのバッテリー上がりは、外部から充電ができれば簡単に解消が可能です。この章ではその方法について詳しくご紹介させていただきます。

ご自身でおこなう自信がない場合はプロに依頼してしまいましょう。これは後述「ロードサービスや業者へ依頼する場合」で詳しい方法をご紹介していますので、参考になさってください。

【1】ジャンプスターターを使用する方法

ジャンプスターターとは、蓄電用のバッテリーが付いた携帯型のアイテムです。商品によってはバッテリー上がりの解消に使えるだけでなく、スマホや他の電気機器への充電もできますので、非常時に備えて準備しておいてもいいのではないでしょうか。

【ジャンプスターターの使い方】
1.車のランプが切ってあることを確認します。
2.ボンネットを開けバッテリーを確認します。
3.バッテリーのプラス端子に赤いクリップを噛ませ、マイナス端子に黒いクリップを噛ませます。
4.エンジンをかけます。

以上の手順でエンジンがかかれば成功です。ショートを防ぐためにも、外すときはマイナス端子から外しましょう。

とはいえ商品によって細かい使い方が異なる部分がありますので、事前に取扱説明書を確認することをオススメします。

【2】救援車があるならブースターケーブルで

ジャンプスターターが手元になくても、救援車とブースターケーブルといわれる赤と黒の2本のケーブルがあれば、バッテリー上がりを解消することは可能です。

救援をしてくれる救援車からブースターケーブルを使い電気を分けてもらい、充電をする方法になります。ジャンプスターターを使う方法より複雑ですので気をつけておこなってください。

【ブースターケーブルの使い方】
1.救援車をフレアクロスオーバーの近くに停めます。
2.救援車のエンジンを切り、両車のボンネットを開けカーバッテリーを確認します。
3.赤色のブースターケーブルをカーバッテリーのプラス端子に接続していきます。接続の順番はフレアクロスオーバー→救援車の順です。
4.黒色のブースターケーブルを接続していきます。まずは救援車のカーバッテリーのマイナス端子に接続します。
5.4で接続したブースターケーブルの反対側をフレアクロスオーバーのエンジンマウントのボトルに接続します。
6.救援車のアクセルを軽く踏み、エンジンの回転数を少し高めに保ちます。
7.バッテリー上がりの車のエンジンをかけます。

以上の手順でエンジンがかかれば成功です。外すときは取り付けたときと逆の手順でブースターケーブルを外しましょう。

【注意事項】
・救援車はフレアクロスオーバーと同じ電圧の12Vのエンジン車にしておきましょう。ハイブリット車の場合、失敗や故障してしまうおそれがあります。
・ショートを防止するため、赤いブースターケーブルは車体の金属部分に触れさせないようにしてください。
・ブースターケーブルが外れドライブベルトや冷却ファンに巻き込まれると、故障の元となります。接続時は注意しつつ、確実に接続するようにしてください。

【3】ロードサービスや業者へ依頼する場合

フレアクロスオーバーのバッテリー上がりを解決する方法をご紹介!

手元に道具がなかったり、自分でおこなう自信がなかったりする場合はプロへ頼み、バッテリー上がりから復旧してもらいましょう。

JAFなどのロードサービスに加入していれば、バッテリー上がりは無料で対応してくれることが多いので活用してみてください。

しかし、非会員の場合は有料となってしまいます。また、ロードサービスへの依頼が混雑している場合には会員が優先されることも多く、後回しやお断りをされてしまうことも。

場合によっては、バッテリー上がりを解消してくれる業者へ頼んでみるのも有用です。バッテリー業者であれば、基本的に入会などの手続きは必要ありません。まずは業者に来てもらって、見積りを確認してみるのもひとつの手といえるでしょう。

弊社ではそんな日本全国でバッテリー上がりを解決できる業者をすぐにお探しし、ご紹介することが可能です。365日24時間お電話を受け付けていますので、深夜や早朝でもお気軽にご相談ください。

車のバッテリー上がり解消後にするべきこと

フレアクロスオーバーのバッテリー上がりが解消したからといって、すぐにエンジンを切ってはいけません。バッテリー上がりから復旧してすぐはカーバッテリー内の電気が少ない状態のため、エンジンを切ってしまうとまたバッテリー上がりを起こしてしまいます。

バッテリー上がりを再び起こさないためにも、充電をおこないましょう。この章ではバッテリー上がりを再び起こさないための具体的な方法についてご説明していきます。

走行させて充電!

バッテリー上がり後でもバッテリー内の電気は少ないため、バッテリーの充電をおこなう必要があります。バッテリーは、走行中に電気が充電される仕組みになっています。そのため、バッテリー上がり後は走行して電気を補充する必要があります。

この走行時間の目安は、連続して30分から60分程度となります。

どうしてもドライブ時間が取れない場合は近くのマツダ販売店にいきましょう。機器を使いバッテリーを充電してくれます。

バッテリー上がりの原因を確かめておこう

バッテリー上がりの要因はひとつ、「バッテリー内の電気がなくなったこと」です。再びバッテリー上がりを起こさないためにも、バッテリー内の電気を消費する行動を学んで予防に役立てていきましょう。

室内灯、ヘッドライトやエアコンの使用は、カーバッテリー内の電気を消費します。電力の供給がない、停車時や渋滞中は極力使用を控えるようにしてください。

また、長期間車の運転していないと自然放電によりバッテリー内の電気がなくなり、バッテリー上がりをひき起こします。一か月に一度は30分以上走行し、バッテリー内の電気を充電しておきましょう。

バッテリーが長持ちしないときは交換で解決

上記の対策をしてもバッテリー上がりを繰り返すようであれば、バッテリーそのものの劣化が考えられます。劣化したバッテリーは蓄電できる電気量が少なくなってしまっているため、バッテリー上がりを繰り返しやすくなっているのです。

バッテリーの劣化が原因の場合は交換が必要となってきます。バッテリーの交換については「バッテリー交換の依頼先」にて詳しく説明していますので、確認してみてください。

バッテリーの寿命

車の使用状況にもよりますがカーバッテリーの寿命は大体2~4年だといわれています。人によっては、2年に1回の車検ごとにバッテリー交換をすすめられる方もいらっしゃいます。

車検ごとにバッテリー交換をおこなえばトラブルが起こる確率も低くなり、安心して運転できますのでおすすめです。

バッテリー交換の依頼先

フレアクロスオーバーのバッテリー上がりを解決する方法をご紹介!

バッテリー交換の工賃は、ガソリン車で大体1,000円前後となります。

しかし、これはあくまで工賃のみ。バッテリーの購入も一緒に依頼した場合、交換するバッテリーは純正品となり、費用は高くなってしまうことが多いです。

しかし、ネット通販を使うなど、自分で選べば金額に2分の1以上の差が出てくることも。バッテリーを選び、購入する手間こそ増えますが、カーバッテリーを安く手に入れて交換だけプロに依頼するのも、コストを抑える手段としていいのではないでしょうか。

バッテリー交換はカー用品店や整備工場、ガソリンスタンドなどで対応してくれますので、近場のショップへお願いしてみてください。

まとめ

フレアクロスオーバーのバッテリー上がりはジャンプスターターやブースターケーブルといった道具を使い解消することができます。

しかし、道具が手元になかったり自分でおこなうのが不安だったりする場合はプロに依頼してしまいましょう。慣れない作業ではミスや危険が伴います。プロならば作業にも慣れていますし、安全にバッテリー上がりから復旧してくれます。

バッテリー上がりから復旧ができる業者をお探しなら、弊社までご相談ください。弊社なら365日24時間、お客様からのご依頼を受け付け、すぐにお近くの提携業者をお探しし、ご紹介いたします。

日本全国対応可能ですので、早朝でも深夜でもお気軽にご相談ください。

バッテリー上がりはスムーズに復旧し、快適なドライブ時間を手に入れましょう。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

この記事を書いた人
編集者:ほりい
パソコンに詳しく、複雑な作業も難なくこなす。パソコンだけでなく自宅のインテリアにもこだわっており、経験を生かした記事作りをおこなう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-04-17 13:50:58
https://www.seikatsu110.jp/etc/ec_car_battery/196219/
その他
フレアクロスオーバーがバッテリー上がりを起こしたときには、道具さえそろっていれば自力で対処することができます。バッテリー上がりは、バッテリー内に蓄電した電力を消費し過ぎてしまうことで起きてしまうトラブルです。ここで専用の道具があれば、比較的簡単にバッテリーへ電力を補給することができるのです。本コラムでは、自力でバッテリー上がりを解消する方法と、バッテリー上がり解消後にしておくべきことを解説していま...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

その他 カーバッテリー

カーバッテリーのお問い合わせ・ご相談はこちら

カーバッテリーについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!