生活110番ニュース その他

このエントリーをはてなブックマークに追加

エクリプスクロスのバッテリー上がりを解決するには?方法や注意点

投稿日:2020-04-16 更新日:2020-04-17

エクリプスクロスのバッテリー上がりを解決するには?方法や注意点

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

三菱エクリプスクロスがバッテリー上がりを起こしたときは、バッテリーへの電力供給が必要になります。なぜならバッテリーが上がっている状態の車は、エンジンを始動させるだけの電力がないからです。外部からバッテリーへ電力を供給することによって、バッテリー上がりは解消され、再びエクリプスクロスを走らせることができるようになります。

この記事では、エクリプスクロスのバッテリーに電力を供給する方法をご紹介しておりますので、参考にしながら復旧させてみてください。「記事を読んでいる時間なんてない!」「すぐにでも車を走らせたい!」という方は、弊社へご相談いただければと思います。

弊社には多数のカーバッテリー業者が加盟しているため、早朝や真夜中など時間を問わずに現場まで最短で駆けつけることができる業者のご紹介が可能です。お電話お待ちしております。

三菱|エクリプスクロスのバッテリー上がりを解消する方法

エクリプスクロスのバッテリー上がりを解消する方法は、『ジャンピングスタート』といいます。ジャンピングスタートを自力でおこなう手段は、おもに以下の2つです。

・救援車を使う方法
・ジャンプスターターを使う方法

ここでは、それぞれの方法について、手順などをご紹介いたします。また、エンジンを再始動できたあとの注意点も解説いたします。

救援車を使った解消法

エクリプスクロスのバッテリー上がりを解決するには?方法や注意点

ブースターケーブルと救援車を使った方法です。

救援車とは、12Vのバッテリーを搭載していて、何もトラブルが起きていない車になります。ただし、ハイブリッド車を救援車にすることはやめておきましょう。車種によっては、ジャンピングスタートをおこなうと故障トラブルが起きるおそれがあります。

救援車を探すときは、まず家族や友人に連絡して、現場まで車に乗ってきてもらえないか相談するとよいでしょう。家族や友人に頼めなかったときは、近くにいる知らない人に助けを求めてください。ドライバー同士、きっと助けてくれるはずです。

ブースターケーブルとは、黒と赤のケーブルが1本ずつでワンセットになっているアイテムになります。カー用品専門店やネット通販・ホームセンターで購入可能です。費用は『およそ2,000円~1万円』になります。

救援車を見つけることができた場合は、まず双方のボンネットをできるだけ近づけるようにして救援車に停まってもらいます。次に、ライトやエアコンといった電装品のスイッチをすべてオフにしたあと、双方のパーキングブレーキをかけてください。そして、マニュアル車の場合はシフトレバーを『N』に、CVT車・オートマチック車の場合はセレクターレバーを『P』にして、エンジンを止めましょう。

ここまで終わったら、ボンネットを開けてください。まずはバッテリー液量を確かめましょう。万が一、液量が下限以下の場合は、作業を中断してください。バッテリー液の補給といったメンテナンスが必要になります。自力で作業はおこなわず、記事内『ブースターケーブルなどの道具がない場合は業者に依頼』を読み、プロに助けを求めましょう。

バッテリー液量に問題がなければ、ジャンピングスタートをおこなってください。手順は以下のとおりになります。

1.赤いブースターケーブルを、エクリプスクロスのバッテリーの+端子につなぐ
2.赤いブースターケーブルのもう一端を、救援車のバッテリーの+端子につなぐ
3.黒いブースターケーブルを、救援車のバッテリーの-端子につなぐ
4.黒いブースターケーブルのもう一端を、エクリプスクロスの未塗装の金属部につなぐ
5.救援車のエンジンをかけ、少し高い状態で回転数を保つ
6.エクリプスクロスのエンジンをかける

これでジャンピングスタートは終了です。あとはつないだときとは逆の手順で、ブースターケーブルを取り外しましょう。

ジャンプスターターを使った解消方法

ジャンプスターターとは、小型の充電器みたいなものです。黒と赤のブースターケーブルとセットで使うことで、ジャンピングスタートをおこなうことができます。ジャンプスターターは、カー用品専門店やホームセンター・ネット通販で『およそ4,000円~1万5千円』で購入可能です。

ジャンプスターターとブースターケーブルを用意できたら、以下の手順でジャンピングスタートをおこなってみてください。

1.エクリプスクロスのボンネットを開ける
2.赤色のブースターケーブルを、エクリプスクロスのバッテリーの+端子につなぐ
3.黒色のブースターケーブルを、エクリプスクロスのバッテリーの-端子につなぐ
4.2本のブースターケーブルのもう一端を、ジャンプスターター本体につなぐ
5.ジャンプスターター本体のLEDライトが、緑色に光るようになる
6.エクリプスクロスのエンジンをかける

エンジンを無事にかけることができたら、2本のケーブルをジャンプスターターから取り外しましょう。そして、バッテリーからも、ケーブルを外してください。

これは、ジャンプスターターの一般的な使い方になります。正確な使い方は、ものによって異なることもあるため、取り扱い説明書を必ず精読してから作業を始めましょう。

エンジンが動いたあとの注意点

ジャンピングスタートをおこない、エンジンが再始動できたからといって、すぐにエンジンを切ってはいけません。ジャンピングスタートを終えたばかりの状態では、まだバッテリーにほとんど充電はされていないからです。

電力をしっかりと貯めるために、ジャンピングスタート後はしばらく走行させましょう。バッテリーは、エンジンが回転することで発電機が作動し、充電されます。ある程度走らせることによって、エンジンの回転数を高い状態で保つことができるため、効率よく充電できるのです。走行する時間は『およそ2時間~3時間』でよいでしょう。

ブースターケーブルなどの道具がない場合は業者に依頼

ブースターケーブルやジャンプスターターといった道具を持っていなかったり、救援車を見つけることができなかったりしたときは、バッテリー上がり対応業者に依頼しましょう。依頼する先は、おもに以下の3つです。

・JAF
・加入している自動車保険を管理する保険会社
・カーバッテリー業者

ここでは、それぞれの特徴や、どういった人に適しているのかといったことについてご紹介いたします。

ロードサービスや自動車保険を利用する場合

JAFの会員である人はJAFに、加入している自動車保険を管理する保険会社の連絡先がわかる人は保険会社に、バッテリー上がりが起きたときは連絡しましょう。

JAFの会員であれば、無料でロードサービスを受けられます。自動車保険にロードサービスが含まれる場合も、無料でバッテリー上がりを解消してもらえるのです。

バッテリーを復旧する業者に依頼することもできる

エクリプスクロスのバッテリー上がりを解決するには?方法や注意点

JAFの会員でない、保険会社の連絡先がわからない・自動車保険にロードサービスが含まれていないという場合は、カーバッテリー業者に依頼することをおすすめします。

JAFは非会員でも利用することができますが、有料です。費用は『およそ1万3千円』になります。一方、カーバッテリー業者に依頼すると、『およそ8,000円~1万2千円』でトラブルを解決できる場合があります。カーバッテリー業者のほうが費用を抑えられるのです。

カーバッテリー業者をお探しの方は、ぜひ弊社にご連絡ください。多数の加盟業者のうち、現場まで最速で駆けつけることができる業者をご紹介いたします。トラブルのご相談は24時間承っておりますので、いつでもお電話ください。お待ちしております。

バッテリーが上がってしまう原因と注意したいこと

バッテリー上がりは、バッテリー内の電力がエンジンを動かすには不十分な量しかないことで起きる現象です。つまり、日ごろから電力をあまり消費しないように気をつけておけば、バッテリー上がりは防ぐことができます。

そこで、ここではバッテリー上がりが起きやすくなる原因の具体例や、注意しておいたほうがよいことなどをご紹介いたします。

電装品の使い過ぎ・消し忘れに注意

エクリプスクロスのバッテリー上がりを解決するには?方法や注意点

バッテリー上がりを防ぎたいのであれば、電装品の使い過ぎや消し忘れには注意しましょう。とくに、以下のような電装品に、日ごろ意識を向けておくとよいです。

・エアコン
・オーディオ
・ライト類

とくに、エアコンは夏場と冬場に使い過ぎてしまったり、ライト類は消し忘れてしまったりしやすいです。使わなくてもいいときは極力使わない、降車するときはこまめに消すという癖をつけるとよいでしょう。

定期的に運転する

先述しましたが、バッテリーはエンジンが回っている間に充電されていきます。つまり車に乗らない時間が長く続いてしまえば、バッテリーに電力が補充されないということです。

車は走行させていないときでも少しずつ電力を消費していきます。さまざまなデータを保持するためのシステムなどに、常に電気が使われているのです。

そのため、乗らない時間がずっと続いてしまえば、やがてバッテリー内の電力はカラッポに近い状態までなってしまいます。その状態でエンジンをかけようとしても、電力不足でエンジンがかかりません。

定期的に運転することによって、こまめに充電してあげることが、車にとってよいことなのです。

バッテリーの寿命も確認しよう

バッテリーの寿命が近いと、バッテリー上がりは起こりやすいといわれています。バッテリーの寿命の目安は『およそ2年~3年』です。乗り始めてからそれほどの月日が経っているにも関わらず、バッテリーを点検したことがない場合は、これを機に一度やってみることをおすすめします。

バッテリーの点検は、ガソリンスタンドやカー用品専門店・ディーラーなどでおこなってもらえます。点検をおこなったあと、交換が必要だといわれたときは、あわせて交換もしてもらうとよいでしょう。点検・交換作業は自力でも可能ですが、適正におこなってもらったほうが今後安心して運転できます。

まとめ

エクリプスクロスのバッテリー上がりが起きたときは、ジャンピングスタートをおこなって外部から電力を供給してもらい、エンジンを始動させましょう。

ジャンピングスタートは、自力でもおこなうことができます。『救援車とブースターケーブルを使う方法』と『ジャンプスターターを使う方法』の2つです。

ブースターケーブルやジャンプスターターといった道具がない、救援車が見つからない、こういったときは業者に依頼しましょう。JAFの会員の場合はJAFに、自動車保険を運営する保険会社の連絡先がわかるなら保険会社に、まずは連絡してください。

JAFの会員ではない、保険会社の連絡先がわからない・ロードサービスをしていないときには、カーバッテリー業者に依頼することをおすすめします。JAFは非会員相手でもサービスをおこなっていますが、カーバッテリー業者のほうが費用を安く抑えられるケースが多いからです。

カーバッテリー業者をお探しの方は、ぜひ弊社にご連絡ください。多数の加盟業者のうち、現場まで最短で駆けつけることができる業者をご紹介いたします。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

この記事を書いた人
編集者:りな
家の掃除が得意。特にエアコン掃除にはうるさく、シーズンごとに掃除をする徹底ぶり。年中、家はピカピカ。虫が苦手。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-04-17 13:38:30
https://www.seikatsu110.jp/etc/ec_car_battery/196172/
その他
三菱エクリプスクロスがバッテリー上がりを起こしたときは、バッテリーへの電力供給が必要になります。なぜならバッテリーが上がっている状態の車は、エンジンを始動させるだけの電力がないからです。外部からバッテリーへ電力を供給することによって、バッテリー上がりは解消され、再びエクリプスクロスを走らせることができるようになります。この記事では、エクリプスクロスのバッテリーに電力を供給する方法をご紹介しておりま...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

その他 カーバッテリー

カーバッテリーのお問い合わせ・ご相談はこちら

カーバッテリーについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!