生活110番ニュース その他

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイのバッテリー上がりをブースターケーブルで直す!交換方法も解説

投稿日:2020-04-09 更新日:2020-04-09

アイのバッテリー上がりをブースターケーブルで直す!交換方法も解説

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

バッテリー上がりが原因でエンジンがかからなくなったときは、バッテリーを充電することで解決できます。バッテリー上がりはエンジンをかけるだけの電力がバッテリーに足りない状態ですのでバッテリーを充電し直すことで再びエンジンをかけられるようになるのです。

外部から電気を供給することで、バッテリー上がりを直すことができます。ロードサービスや業者に依頼して、直してもらうことが可能です。また、一時的に電気を分けてもらえる車とブースターケーブルの用意ができれば、自分で直すこともできます。

当記事では、三菱アイのバッテリー上がりを直す方法をご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

アイのバッテリー上がりが起きたときの症状

正しく対処をするためには、本当にバッテリー上がりなのかを確認する必要があります。三菱アイのバッテリ―が上がると、どのような症状がみられるのでしょうか。以下にてまとめましたので、ひとつずつ確認していきましょう。

ドアが開かない
バッテリー上がりで車のドアが開かなくなることがありますが、スマートキーの電池切れや半ドアの可能性もあります。メカニカルキー でドアを開け、エンジンがかかるか確認してみましょう。

メカニカルキーとは、車の施錠・解錠をリモコン操作でおこなう鍵に付属しています。リモコンの電池が切れた際に、メカニカルキーを使うと車の開け閉めをおこなうことが可能です。

エンジンが動かない

アイのバッテリー上がりをブースターケーブルで直す!交換方法も解説

エンジンがかからない場合は、ガソリンが入っていないかバッテリーが上がっている可能性が高いです。また、エンジンがかかったとしても、かかりにくかったり、駆動音が弱かったりというときはバッテリー上がりの疑いがあります。

メーター類が点灯されていない。電装品がうまく機能しない
車のメーターが点灯せず、見えにくくなっているときはバッテリーの電力が弱まっているサインです。電力が弱まっているときにはパワーシートの動きが悪くなったり、時計やラジオの設定が変化したりといった症状もあります。

自分で修理!ブースターケーブルを正しくつなごう

アイのバッテリー上がりを直すときに必要となるものは、「ブースターケーブル」と「救護車両」です。救護車両といっても、特別な機能が搭載されている車のことではありません。車を2台所有しているご家庭でしたら、異常がでていないほうの車を救護車両として使用することができます。

ブースターケーブルとは

ブースターケーブルは、カー用品店やホームセンターなどにて購入することができ、ネット通販では2千円程度で売られています。ブースターケーブルは、赤いケーブルと黒いケーブルの2本で1セットとなっています。また、ケーブルは太いものほど流れる電流の量が多いです。

ワンボックスカーや外車などの場合は、100アンペア以上のケーブルを選びましょう。120アンペアのケーブルであれば、基本的にどの車両でも使用できます。電流が多く流れたことにより車にトラブルが発生するといったことはありません。しかし気になるという人は、自分の車の大きさにあったアンペアのブースターケーブルを購入してください。

ブースターケーブルをつないだらジャンピングスタートをおこないます。ジャンピングスタートとは、一時的にほかの車から分けてもらった電力で、エンジンを動かすことです。

ブースターケーブルの正しいつなぎかた

アイのバッテリー上がりをブースターケーブルで直す!交換方法も解説

ブースターケーブルはつなぎかたを誤るとショートなどで車が故障するなどの危険性がありますので、正しく接続しましょう。接続からジャンピングスタートの方法を以下にてご紹介いたします。

1:自車と救護車両のキースイッチを切る
2:エンジンフードを開け、自車のバッテリーのプラス端子に赤いブースターケーブルをつなぐ
3:2で接続した赤いブースターケーブルの反対側を、救護車両のバッテリーのプラス端子につなぐ
4:もう1本残っている黒いブースターケーブルを救護車両のバッテリーのマイナス端子につなぐ
5:4で接続した黒いブースターケーブルの反対側を、自車のエンジン本体につなぐ
6:救護車両のエンジンを始動させる
7:自分の車に乗り込み、ブレーキを踏みながらキースイッチを入れる

無事にエンジンが動いたら、ジャンピングスタート成功です。ブースターケーブルを外すときは、接続した順番とは逆の手順で外していってください。

エンジンが始動したら走行して充電しよう!

エンジンの始動に成功しても、エアコンやラジオはまだ使用しないでください。十分な充電がおこなえましたら、電装品を使用しましょう。車は走行中に電気を蓄えています。そのためエンジンの充電は、車を走らせることでおこなえます。充電をしなければ、またバッテリーが上がってしまうのでご注意ください。

バッテリー上がりはロードサービスや業者にて解決できる

救護車両やブースターケーブルを用意できないとき、自分でおこなうことに不安を感じる人は、ロードサービスやバッテリー修理業者に依頼することがおすすめです。しかし、ロードサービスでは対応できない場合もありますので、条件がそろっているのかを依頼する前に確認してみましょう。

ロードサービスが対応してくれること

ロードサービスでは、バッテリー上がり、パンクや燃料切れ、雪道でのトラブルや車のけん引などをおこなっています。ロードサービスの提供はさまざまな会社がおこなっており、そのなかでも、JAFのロードサービスは会員だけでなく、非会員も利用できます。ただし、非会員は会員よりも費用がかかりますので利用の際はご注意ください。

また、このサービスは会社ごとに内容が異なっており、「道路上で起こったトラブルのみを対応する」としている場合もあります。その際は、自宅にある車は対象となりません。自宅にある車のトラブルを依頼したいときは、対応しているのかを確認してみてください。

バッテリー上がりの解決は業者にも依頼できる

アイのバッテリー上がりをブースターケーブルで直す!交換方法も解説

加入しているロードサービスによっては、条件にあわず、アイのバッテリー上がりの修理が依頼できないときもあるでしょう。その際は、バッテリー修理業者に依頼して解決する手段もあります。

バッテリー修理業者はお客様から依頼を受け、素早く現地に駆け付け、バッテリー上がりを直します。バッテリー上がりの修理に特化している分、お客様がいる場所によっては最速5分で駆け付け、スピーディーな修理が可能です。

弊社では、多くの加盟店のなかから、お客様の状態にあった業者を厳選して紹介するサービスをおこなっています。メールにて無料相談も受け付けておりますので、ぜひご活用ください。

バッテリーが上がる4つの原因

バッテリー上がりは故障ではないため、比較的早く直すことができます。しかし、急なバッテリー上がりは事故の元になるおそれがあり、車がすぐに使えないとなれば、不便を感じることもあるでしょう。

大きな事故につながるまえに、バッテリーが上がる原因を知り、対策を講じてみることがおすすめです。アイのバッテリーが上がる主な原因は以下の4つとなっています。該当する点はないか確認してみましょう。

原因1|車に乗らない期間が長い

車のバッテリーの充電は走行時におこなわれています。そのため、車を放置している期間が長いと、充電がなくなりバッテリーが上がる原因となるのです。どれだけ放置すると充電がなくなってしまうのでしょうか。

じつは、車によって違いがあり、明確な日数は断定できません。新車だと、半年以上放置してもバッテリーがもつことがあります。しかし、一般的には1か月程度の放置で充電がなくなり、バッテリーが上がるといわれています。

原因2|停車時のライト点灯時間が長い

走行時のライトの使用であれば、長時間であったとしてもバッテリーが上がる原因とはなりません。しかし、停車時にライトを長時間使用していると、どんどん充電が減っていきます。そのため、ライトの消し忘れにはご注意ください。

原因3|気温が低い

車のバッテリーのなかには、「希硫酸」という液体が入っており、この液体をバッテリー液と呼んでいます。希硫酸は、温度が低くなると性能が下がる傾向がある液体です。そのため、冬はとくにバッテリー上がりに注意しなくてはなりません。

原因4|バッテリーが古い

バッテリーの劣化は、バッテリー上がりの原因のひとつです。バッテリーの寿命は2、3年程度といわれています。頻繁にバッテリーが上がってしまう場合は、バッテリーの寿命がきているのかもしれません。

バッテリーの交換は、ディーラーや車の用品店などに依頼するほかに、自分でおこなう方法もあります。自分で交換するのは不安という人は、無理におこなわないことがおすすめです。

バッテリーの交換を依頼する際、自分でバッテリーを用意すると費用をおさえることができる場合があります。バッテリーの持ち込みができるか、事前に確認してみることがおすすめです。

バッテリーが上がりやすく、同じバッテリーを長期間使っている人は交換してみるとよいかもしれません。

まとめ

アイのバッテリーが上がると、エンジンが動かなくなり、車が運転できないという状態に陥ります。故障が原因でなければ、バッテリー上がりを直すのは比較的簡単です。事故を防止するためにも、ブースターケーブルは正しくつないでください。自分で直すことが難しいときは、ロードサービスやバッテリー修理業者のちからを借りることもできます。

バッテリー上がりにはいくつかの原因がありますので、思い当たることはないか確認してみましょう。バッテリーが劣化していたり、古くなったりしている場合は、交換してみることがおすすめです。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】


この記事を書いた人
編集者:ほりい
パソコンに詳しく、複雑な作業も難なくこなす。パソコンだけでなく自宅のインテリアにもこだわっており、経験を生かした記事作りをおこなう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-04-08 13:21:58
https://www.seikatsu110.jp/etc/ec_car_battery/195197/
その他
バッテリー上がりが原因でエンジンがかからなくなったときは、バッテリーを充電することで解決できます。バッテリー上がりはエンジンをかけるだけの電力がバッテリーに足りない状態ですのでバッテリーを充電し直すことで再びエンジンをかけられるようになるのです。外部から電気を供給することで、バッテリー上がりを直すことができます。ロードサービスや業者に依頼して、直してもらうことが可能です。また、一時的に電気を分けて...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

その他 カーバッテリー

カーバッテリーのお問い合わせ・ご相談はこちら

カーバッテリーについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!