生活110番ニュース その他

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレミオ│バッテリー上がりを直す方法と交換方法についてご紹介!

投稿日:2020-04-08 更新日:2020-04-08

プレミオ│バッテリー上がりを直す方法と交換方法についてご紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

普段あまり車に乗らないと、久しぶりにエンジンをかけようしてもバッテリーが上がってかからなくなったというトラブルが発生してしまうことがあります。

車がバッテリー上がりを起こしてしまったら、電気を供給してエンジンを復旧させましょう。電気を供給させることで、再びエンジンを動かすことができるからです。

この記事では、プレミオのバッテリー上がりを解消させる方法やバッテリーのチェック方法について紹介していきます。バッテリーの寿命や交換方法について気になる方も、参考にしてみてはいかがでしょうか。

プレミオのバッテリー上がりはジャンピングスタートで解決

プレミオがバッテリー上がりを起こしたら、ジャンピンスタートでエンジンを復旧させましょう。ジャンピングスタートとは、バッテリーが上がってエンジンがかからない車に対して、外部(正常に動く車など)から電気を供給することで再び動かせるようにすることです。

ジャンピングスタートの方法

プレミオ│バッテリー上がりを直す方法と交換方法についてご紹介!

ジャンピングスタートをおこなうにはいくつかの方法がありますが、今回はブースターケーブルを使った方法についてご紹介します。ブースターケーブルとは、赤と黒の2本のケーブルです。ケーブルの両端には、バッテリーを挟むためのクリップが取り付けられています。

ブースターケーブルを使ってジャンピンスタートをおこなうには、救援車が必要です。救援車には、プレミオと同じ電圧である12Vの車を用意しましょう。トラックなど24Vの車では高電圧が流れ込んでしまうため、故障の元となり救援車には向きません。

また、ハイブリッド車を救援車として使用するのは推奨していないメーカーも多いため、ガソリン車を使用するのが望ましいです。

【ブースターケーブルの使い方】
1.バッテリーの上がったプレミオと救援車を近づけます。ブースターケーブルが届く距離まで救援車を移動させましょう。移動させたら、救援車のエンジンを切ります。

2.車のバッテリーの位置を確認したら、まずはプレミオのバッテリーのプラス端子に赤いケーブルを取り付けます。

3.赤いケーブルのもう片方を救援車のプラス端子に取り付けましょう。

4.今度は、黒いケーブルの先を救援車のマイナス端子に取り付けてください。

5.黒いケーブルのもう片方は、プレミオのバッテリー付近にある未塗装の金属部分に取り付けます。これは、火花が飛び散ることによる発火を防ぐためです。

6.2本のケーブルを取り付け終えたら、救援車のエンジンをかけましょう。

7.約5分前後エンジンをかけ続けたあとに、プレミオのエンジンをかけます。エンジンがかかったらケーブルを取り付けた順番とは反対に取り外していきましょう。

ケーブルの取り付け手順や外す手順を間違えると、ヒューズが切れたり電子機器がショートしたりと故障するおそれがあります。手順をしっかりと確認したうえでおこないましょう。

道具を持っていない場合はロードサービスや業者へ!

プレミオを運転中にバッテリー上がりを起こしてしまい、さらにブースターケーブルや救援車がない場合は、上記の方法をおこなうことができません。そのため、ロードサービスまたは業者に連絡して対応してもらいましょう。

ロードサービスとは、JAFをはじめとした車のトラブルに対応してくれるサービスのことです。有料会員の場合、バッテリー上がりは無料で対応してもらえることが多いです。しかし、非会員の場合は有料で、費用は約1万3千円前後かかってきます。

費用を少しでも抑えたいなら、ロードサービス以外にバッテリー上がりに対応した業者に依頼するのがおすすめです。費用も約1万円前後のため、ロードサービスと比較すると安価に対応してもらえることでしょう。

弊社は、ジャンピンスタートにてバッテリー上がりを解消する業者を紹介しております。バッテリーの上がったプレミオの状態をきちんと確認したうえで、お見積りを作成いたします。費用にご納得していただいてから作業となるためご安心ください。急なバッテリー上がりにお困りの際は、お気軽にご連絡をお待ちしております。

車のバッテリー上がりを解消したら走行して充電しよう!

プレミオ│バッテリー上がりを直す方法と交換方法についてご紹介!

自力、もしくはロードサービスや業者に依頼してエンジンがかかるようになったからといって、すぐに運転を止めてはいけません。ジャンピンスタートした直後は一時的に電気を供給しただけの状態のため、エンジンを止めたらまたバッテリーが上がってしまうおそれがあります。

バッテリーは、オルタネーターと呼ばれている発電機によって充電されています。このオルタネーターを動かすには、エンジンの駆動が必要となってきます。エンジンが回転することによって電気を生み出しているのです。

そのため、充電をおこなうにはエンジンを止めずに走行を続ける必要があります。走行時間の目安は約30分~1時間前後です。プレミオを走らせて、バッテリーに十分な電気を供給してから駐車するようにしましょう。

充電するときの注意点

プレミオの走行中に充電する際には、電装品の使用はできるだけ避けることをおすすめします。電装品はヘッドライトやエアコンなどがよく使われますが、どちらも付けたままにしておくと電気を消費してしまいます。

また、道が渋滞しているとエンジンの回転数が上がらないため満足に充電することができません。そのため、できるだけ混雑していない道を走るようにしましょう。

バッテリーは定期的に点検が必要

バッテリー上がりを防ぐには、定期的に点検をおこないましょう。バッテリーは、使用している間に徐々に劣化していきます。目視で下記の項目を確認してみましょう。

・バッテリー液が変色していないか
・バッテリーの容器が破損していないか
・バッテリーの端子部分にサビ、腐食がないか

また、バッテリー本体の容器に「UPPER LEVEL」と「LOWER LEVEL」と書かれたラインがあります。このラインはバッテリー液の水量の基準で、LOWER LEVELよりも水位が下の場合は劣化している証拠です。バッテリー液を2本のラインの間ぐらいまでつぎ足しましょう。

バッテリー液には硫酸が含まれており、皮膚に付着すると火傷、目に入ると失明の危険性があります。必ずゴム手袋とゴーグルを着用してから補充するようにしましょう。

バッテリーの寿命が近づいたら起こること

プレミオ│バッテリー上がりを直す方法と交換方法についてご紹介!

一般的なバッテリーの寿命の目安は、約3~4年とされています。プレミオの運転中に下記のような症状を感じたら、バッテリーの寿命が近づいているおそれがあります。

・ヘッドライトが以前よりも暗く感じる
・パワーウィンドウの開閉が遅い
・エンジンがかかりにくい

バッテリーの劣化は、運転の利便性にも関わってくるものです。上記のような症状が出てきたら、新しくバッテリーを交換することおすすめします。

プレミオのバッテリー交換にかかる費用の相場

バッテリーの劣化を感じたら、新しいものに交換しましょう。バッテリーの交換は、ディーラーに依頼することで対応してもらえます。

ディーラーに依頼すると、純正バッテリーと交換してもらえるというメリットがあります。しかしその反面、費用は本体代と工賃(作業費)を合わせて約2万円~3万円前後になることが多いです。工賃は一般的に約1,000円~2,000円前後で、バッテリー費用が約1万円~2万円という内訳になります。

なお、カー用品が売られているカーショップではバッテリーを購入することができるため、合わせて取り付けまでおこなってもらえます。その場合の工賃は、約500円~1,000円前後です。

自力でバッテリーを交換すれば安くなる!

「ディーラーに頼むと高い……」と感じたら、自力でバッテリーを交換することも可能です。バッテリーは上記のとおり、カーショップで購入できますが、インターネットショップを利用すると比較的安価で購入可能です。1万円以下で購入できる場合もあるため、探してみてはいかがでしょうか。

【バッテリー交換に必要なもの】
・新しいバッテリー(迷ったら、現在使用しているものと同じ品番がおすすめ)
・ゴム手袋
・レンチ
・保護メガネ(バッテリー液が目に入るのを防ぐため)
【バッテリーの交換方法】
1.プレミオのエンジンはあらかじめ切っておきましょう。ゴム手袋と保護メガネを取り付けたら、バッテリーのマイナス端子のナットをレンチで取り外します。

2.続いてプラス端子のナットを取り外しましょう。両方の端子を外してもまだ取り付け金具(ステー)で固定されているため、こちらもレンチで取り外していきます。

3.端子と金具を取り外し終えたらバッテリー本体を取り外します。

4.新しいバッテリーと入れ替えます。取り付け金具に固定させるのを忘れないようにしましょう。

5.バッテリーを取り付ける際は、先にプラス端子のナットから固定させていきます。順番を間違えないようにご注意ください。

6.マイナス端子のナットを閉めていきます。端子カバーがあるタイプは取り付けて完了です。

最後に、エンジンがかかるか確認してみましょう。以前使っていたバッテリーは、新品を購入したカーショップに持ちこめば引き取ってもらえます。あらかじめ、手続き方法について確認しておくことをおすすめします。

まとめ

今回は、プレミオのバッテリー上がりを解消する方法を中心に紹介してきました。バッテリーの寿命は、約3~4年前後が目安です。車の運転中にライトが暗いと感じたり、パワーウィンドウの開閉が遅く感じたりしたら、寿命が近づいているかもしれません。早めにバッテリーを交換することをおすすめします

プレミオのバッテリー上がりは、ブースターケーブルを使って解消することができます。ケーブルのつなげ方を間違えると、車の故障だけでなく、感電の危険をともなうため、十分に注意しておこないましょう。

ブースターケーブルを持っていない場合や救援車が近くにない場合は、業者に依頼して対応してもらいましょう。弊社では、バッテリー上がりに対応できる業者を紹介しております。突然のバッテリー上がりでお困りの際は、ぜひご連絡ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

この記事を書いた人
編集者:ほりい
パソコンに詳しく、複雑な作業も難なくこなす。パソコンだけでなく自宅のインテリアにもこだわっており、経験を生かした記事作りをおこなう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-04-07 15:29:11
https://www.seikatsu110.jp/etc/ec_car_battery/195044/
その他
普段あまり車に乗らないと、久しぶりにエンジンをかけようしてもバッテリーが上がってかからなくなったというトラブルが発生してしまうことがあります。車がバッテリー上がりを起こしてしまったら、電気を供給してエンジンを復旧させましょう。電気を供給させることで、再びエンジンを動かすことができるからです。この記事では、プレミオのバッテリー上がりを解消させる方法やバッテリーのチェック方法について紹介していきます。...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

その他 カーバッテリー

カーバッテリーのお問い合わせ・ご相談はこちら

カーバッテリーについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!