生活110番ニュース その他

このエントリーをはてなブックマークに追加

カーバッテリー充電器おすすめ|人気機能と選び方・使用方法など紹介

投稿日:2020-01-23 更新日:2020-01-31

カーバッテリー充電器おすすめ|人気機能と選び方・使用方法など紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。


「カーバッテリー充電器はどうやって選べばいいの?」
「カーバッテリー充電器でおすすめの機能は何だろう?」
という疑問にお答えします。

カーバッテリー充電器にはさまざまな商品であふれているため、選び方に迷うことが多いですが、カーバッテリー充電器を選ぶときには、重要な注意点があります。

カーバッテリーの充電器は、電圧や容量を確認した、今使っているバッテリーに適合するものを選ばないと、しっかり充電できなかったり、故障の原因になったりするからです。

当コラムでは、カーバッテリー充電器の基本的な使い方なども紹介します。適切なカーバッテリー充電器を選び、バッテリーのメンテナンスに役立ててください。

カーバッテリー充電器の選び方とポイント

カーバッテリーの充電器にはいろいろな種類があります。選ぶのに迷う場合には2点のことに気をつけて選びましょう。その2点とは

・対応する電圧
・充電電量(バッテリーの容量)

このふたつです。ここでは、電圧や電流について解説し、確かめ方も紹介しますので参考にしてください。

【1】電圧を確認しよう

バッテリー充電器は、それぞれ対応できる電圧がちがいます。バッテリー充電器を購入するときにはまず、所有している車の電圧に対応できるかどうかをチェックしましょう。

一般的な国産の普通乗用車のバッテリー電圧は12Vです。トラックや、一部の大型四輪駆動車などは電圧24Vのバッテリーを使用しています。旧車と呼ばれる古い外車は、電圧6Vのバッテリーを使用しているケースがあります。

カーバッテリーの電圧は、「テスター」という専用機で測ることができます。テスターは、カー用品門店などで購入可能です。テスターを持っていない場合は、ガソリンスタンドなどでお願いすれば測定してもらえます。

また、一部の車では、カーナビやパネルに電圧が表示されることがあります。バッテリーの電圧がどうしてもわからないという場合は、さまざまな電圧に対応できる充電器を選ぶのも手です。

【2】充電電流(バッテリー容量)をチェック

バッテリー充電器を選ぶときには、使用しているバッテリーと同じ容量の充電電流を持つタイプを選びましょう。バッテリー容量がちがう充電器を選ぶと、いくら充電しても満充電にならないケースがあります。

バッテリーの容量は、バッテリー本体にアンペアアワー(Ah)で表記されています。所有する車のバッテリーの容量をよく確認して、適合する性能を持つタイプの充電器を選んでください。

カーバッテリー充電器の価格相場

カーバッテリー充電器は、約5,000円~10,000円のものが多いです。充電器にはさまざまな機能が付帯しているものがあり、搭載されている機能によって価格が大きく異なるのが特徴です。カーバッテリー充電器で人気のある機能については、次に紹介します。

カーバッテリー充電器おすすめの機能は3つ

カーバッテリー充電器おすすめの機能は3つ

カーバッテリー充電器には、多くの機能があり、選ぶときに迷う方は多いことでしょう。さまざまな機能がありますが、以下の3つの機能が備わっているカーバッテリー充電器がおすすめです。

・オートタイマー機能
・セルスタート機能
・パルス充電機能

ここでは、これらの機能について簡単に紹介するのでカーバッテリー充電器選びの参考にしてください。

【1】オートタイマー機能

オートタイマー機能とは、充電が満タンになったときに自動的に充電をストップさせることができる機能です。満タンになっているのに充電を続けると、過充電となり、バッテリーの劣化をすすめてしまう原因となります。

カーバッテリーは、充電が空っぽの状態から満タンにするまでに10時間程度かかることがあります。オートタイマー機能が付いていないと、過放電にならないように、車のそばで見守っていなければいけません。オートタイマー機能が付いていれば、安心して車を離れることができるので便利です。

【2】セルスタート機能

セルスタート機能は、バッテリー上がりを起こして、エンジンがかからなくなってしまったときに使います。セルスタート機能のないカーバッテリー充電器は、予備充電(バッテリー復旧の前にカーバッテリーを充電すること)が必要になります。

セルスタート機能があれば予備充電が必要なく、バッテリー上がりを復旧させるときに、短時間でエンジンを再始動することができるので便利です。

【3】パルス充電機能

バッテリーを長期間使っていると、バッテリーの電極回りに硫酸鉛という絶縁物質が溜まってきます。硫酸鉛が結晶化して不活性になったものをサルフェーションと呼びます。そうなると、バッテリー内での放電効率が落ちてしまいますので、サルフェーションは除去しなければいけません。

パルス充電とは、サルフェーションを除去する機能です。パルス充電をすることで付着した物質を取り除き、充電効率を改善することができます。パルス充電をすることで、バッテリーを長持ちさせることができますし、バッテリー上がりのリスクも減ります。

人気カーバッテリー充電器:その他の付帯機能

ここまででカーバッテリー充電器におすすめの機能について紹介してきましたが、そのほかにも、あると便利な機能には以下のようなものがあります。必要に応じて付帯機能を選んでください。

バッテリーの自動認識機能

バッテリーの自動認識機能とは、バッテリーの容量を自動認識してくれる機能です。バッテリーの容量を確認する必要がないので便利です。また、複数台の車を所有している場合にはとくにおすすめの機能です。

カラーレベルメーター付き

カラーレベルメーターとは、バッテリーの充電量を示すサインです。何パーセントまで充電できているのかを示してくれる便利な機能です。オートタイマー機能が付いている場合でも、充電量の目安がわかるので便利です。

ミスを防ぐための機能

カーバッテリー充電器をつなぐときに、電極をまちがえてつなぐなどの操作ミスがあると、まちがいを知らせてくれる機能が付いたものもあります。充電などの操作に自信がない方には便利な機能です。

カーバッテリー充電器の使い方

カーバッテリー充電器にはさまざまなタイプがありますが、一般的な使い方は以下のようなながれになりますので参考にしてください。

充電の始め方

(1)バッテリー容量と充電電流を確認する
(2)バッテリーのプラス端子に赤クリップをつなぐ
(3)バッテリーのマイナス端子に黒クリップをつなぐ
(4)充電器の電源コードをコンセントに差し込み、電源を入れる

充電終了の方法

(1)オートタイマー機能がない場合は、充電量90%を超えたら終了させる
(2)電源を切る(電源コードを抜く)
(3)黒クリップを外す
(4)赤クリップを外す

使い方の詳細については、各充電器の説明書に従ってください。

カーバッテリーの充電時間

カーバッテリーの充電には「完全充電(普通充電)」と「急速充電」があります。完全充電は、しっかり時間をかけてカーバッテリーを満タンにしていく方法で、少なくとも5時間、長い場合で10時間程度かかることもあります。

完全充電では過充電(充電しすぎ)の状態になるとバッテリーに負担がかかります。オートタイマーが付いていない充電器を使用するときには、満充電になる前に充電を終了させるのが無難です。

急速充電とは、バッテリー上がりなどを起こしたときにおこなう充電方法です。エンジンスタートできるまでにバッテリー充電をおこないます。

急速充電は、10分程度でおこなうことができますが、急速充電をおこなってはいけないタイプのバッテリーがあるなど、専門知識が必要です。また、正確に作業をしないと発熱や発火の危険をともないます。急速充電をおこなうときには、ディーラーや整備工場などへ連絡して、プロに任せた方が安心です。

カーバッテリー充電器はバッテリー上がりにも使えるの?

カーバッテリー充電器はバッテリー上がりにも使えるの?

カーバッテリー充電器は、コンセントの差し込み口につないで充電するしくみになっているものが多いので、出先でバッテリー上がりを起こし、コンセント差し込み口がない野外などではバッテリー上がりに対応することができないことがあります。

バッテリー上がりには、基本的にジャンプスターターや、ジャンプスタートさせるための機能の付いた充電器(セルスタート機能付きバッテリー充電器など)が必要です。道具がない場合には、自力での解決が不可能ですので、プロに救援を依頼しましょう。

弊社では、急なバッテリー上がりにも対応できる業者を紹介しております。「土地勘のない場所でバッテリー上がりを起こした」「夜間に路上でバッテリー上がりを起こした」「道具がないし、救援を誰に頼んだらよいかわからない」という場合には、弊社のサービスご利用が便利です。

弊社では、全国すべてのエリアに対応できる業者を紹介することができます。24時間365日電話でご相談いただけますので、遠慮なくご利用ください。

まとめ

「カーバッテリーの充電器でおすすめのタイプは何?」
カーバッテリーの充電器には多くの商品があり、選ぶのに迷うことがありますが、そういった場合には、電圧とバッテリー容量を確認して、対応できる機種を選びましょう。

また、カーバッテリー充電器で人気・おすすめの機能としては「オートタイマー機能」「セルスタート機能」「パルス充電機能」の3つがあります。カーバッテリー充電器は、車を所有している方には所有をおすすめするアイテムです。

バッテリー上がり防止、バッテリーの充電効率保持のために、バッテリーの充電器を常備しておきましょう。

この記事を書いた人
編集者:ほりい
パソコンに詳しく、複雑な作業も難なくこなす。パソコンだけでなく自宅のインテリアにもこだわっており、経験を生かした記事作りをおこなう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-01-31 12:47:24
https://www.seikatsu110.jp/etc/ec_car_battery/184830/
その他
「カーバッテリー充電器はどうやって選べばいいの?」「カーバッテリー充電器でおすすめの機能は何だろう?」という疑問にお答えします。カーバッテリー充電器にはさまざまな商品であふれているため、選び方に迷うことが多いですが、カーバッテリー充電器を選ぶときには、重要な注意点があります。カーバッテリーの充電器は、電圧や容量を確認した、今使っているバッテリーに適合するものを選ばないと、しっかり充電できなかったり...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

その他 カーバッテリー

カーバッテリーのお問い合わせ・ご相談はこちら

カーバッテリーについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!