生活110番ニュース その他

このエントリーをはてなブックマークに追加

車のエンジンがかからない!そんなときの原因と対処法を解説します

投稿日:2019-12-11 更新日:2019-12-25

車のエンジンがかからない!そんなときの原因と対処法を解説します

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

急に車のエンジンがかからなくなってしまったら、どう対処してよいかわからず焦ってしまう方が多いかもしれません。車のエンジンの始動にはさまざまな部品がかかわっており、エンジンがかからない原因も多く考えられます。そのため、原因となる箇所をひとつずつ調べていく必要があるのです。

この記事では、車のエンジンがかからない原因やその対処法について紹介します。また、エンジンがかからない理由として最も多いバッテリー上がりの解決法についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

まずは「うっかり」がないかを確認してみよう

車のエンジンがかからない原因は、意外とうっかりミスであることも多いようです。自分の「うっかり」に気づくことができれば、簡単にエンジンを始動させることができるでしょう。以下のようなうっかりミスがないかどうか再確認してみてください。

給油ランプが点灯していないか

車のエンジンがかからない原因のひとつとして考えられるのが、ガソリン不足です。車はガソリンをエネルギーとして走行しているため、なくなればエンジンもかからなくなってしまいます。まずはメーター部分の給油ランプが点灯していないか確認してみましょう。

ランプがついているようであれば、ガソリンを入れてあげれば再びエンジンを始動することができます。燃料用のガソリンはガソリンスタンドで購入することができますが、運転免許証などの身分証明書の提示が不可欠です。また、ガソリン専用の携行缶でしか販売してもらえないので注意しましょう。

車のエンジンがかからない!そんなときの原因と対処法を解説します

エンジンをかける操作を再確認

車を買い替えたばかりであったり、乗り慣れない車であったりすれば、エンジンのかけ方がいつもと異なり、上手く始動できないことがあります。なかなかエンジンをかけられず焦ってしまいがちですが、落ち着いてひとつひとつ動作を確認していきましょう。

また、ブレーキの踏み込みが甘かったり、シフトレバーがパーキングやニュートラルの位置になかったりするとエンジンはかからないしくみになっています。一度冷静になり、再度確認しながらエンジンをかけてみましょう。

ハンドルロックがかかっていないか

ハンドルロックがかかっているときも、車のエンジンをかけることはできません。ハンドルロックとは、鍵がない状態でハンドルを回そうとするとロックがかかり動かせなくなる防犯機能です。同時にエンジンをかけることもできなくなってしまいます。

ハンドルロックの解除方法は、キーの種類によって異なります。差し込み式のキーであれば、キーを挿して回しながらハンドルを左右に動かせば解除することができるでしょう。キーを持っていればスイッチを押すだけでエンジンがかかるプッシュタイプは、ハンドルを左右に動かしながらボタンを押すと、解除されます。

ハンドルロックが解除されれば、エンジンをかけることができるので一度試してみてください。

スマートキーの電池切れ

鍵を持っていればボタンを押すだけでエンジンをかけることができるスマートキーですが、電池が切れているとエンジンがかからなくなってしまうことがあります。スマートキーの電池切れによってエンジンが始動しない場合は、スマートキーをエンジンボタンに近づけてからエンジンボタンを押してみてください。

スマートキーが電池切れの際はエンジン始動の方法は車の種類によって異なるため、説明書などを確認してみるとよいでしょう。スマートキーの電池切れはディーラーで電池交換をおこなえば、問題なく使えるようになります。

こんなときはロードサービスに連絡しよう

車のエンジンがかからない原因としては、1章で紹介したうっかりミスのほかにも部品の故障が考えられます。以下のような場合は自分で修理するのは難しいため、ロードサービスの利用がおすすめです。

車のエンジンがかからない!そんなときの原因と対処法を解説します

セルモーターの故障

セルモーターが故障しているときも、エンジンがかからなくなってしまいます。セルモーターとは、エンジンを動かすための大切な部品です。正常にセルモーターが動いていれば、キュルキュルという音が聞こえてきますが、故障しているときは音が聞こえなくなってしまいます。

スパークプラグなどのエンジン内部品の不具合

スパークプラグなどのエンジンの中にある部品に異常がある場合も、エンジンはかかりません。スパークプラグとは、ガソリンを使ってエンジンに点火するための部品です。キーを回すとセルモーターが回る音が聞こえるのにエンジンが始動しない場合は、スパークプラグの不具合が考えられます。

また、エンジンがオーバーヒートを起こしているのもエンジンがかからない原因のひとつでしょう。オーバーヒートとは、エンジンが適温以上に熱くなっている状態です。エンジンがオーバーヒートを起こしていると、カタカタ、コロコロといった異音が聞こえるようになります。

ヒューズが切れている

ヒューズが切れている場合も、エンジンをかけることはできません。ヒューズとは電気回路に大きな電流が流れた場合、回路を切って過電流による発火などを防ぐための部品です。そのため、ヒューズが切れてしまうと電気回路が切れてしまい、エンジンに必要な電力を送ることができなくなってしまいます。

そうなればセルモーターなども回せないため、エンジンがかからなくなってしまうのです。ヒューズが切れているかどうかを確認するには、ヒューズボックスの中を見てみましょう。ヒューズボックスは車の種類ごとについている場所が違うので、説明書で確認してみてください。

もしかしたらバッテリー上がりが原因かも

車のエンジンがかからない原因として、最も多いのがバッテリー上がりといわれています。バッテリー上がりとは、バッテリーの容量がなくなりエンジンや電装品が使用できない状態のことです。

バッテリー上がりが原因でエンジンがかからない場合、自分で対処することもできるでしょう。まずはバッテリー上がりの原因や症状について紹介していきます。

バッテリー上がりはなぜ起こる?

バッテリー上がりが起こってしまう根本的な原因は、バッテリーに蓄えられている電力量以上に電気を使用してしまうことです。バッテリーはエンジンを始動すると発電機であるオルタネーターも動き、充電がおこなわれます。さらに車を走行させることによって、より多くの電力を発電できるようになるのです。

しかし、しばらく運転をしておらず車のエンジンをかけない状態が続くと、バッテリーの充電がおこなわれず、自然放電によって電力が失われる一方となります。また、エンジンを切った状態でのライトのつけっぱなしも電力の消費のみおこなうことになり、バッテリーの電力は尽きてしまうのです。

バッテリー上がりかどうかを判断するには

バッテリー上がりを起こすと、まずエンジンがかからなくなってしまいます。なぜなら、エンジンを始動させる際、バッテリーに蓄えられた電力を使うからです。また、メーターやライトなどの電装品もバッテリーによる電力を使用しているため、つかなくなってしまいます。このような症状が見られたらバッテリー上がりを疑ってみましょう。

車のエンジンがかからない!そんなときの原因と対処法を解説します

バッテリー上がりの対処をしよう

バッテリー上がりは、ジャンピングスタートをおこなえば自分で対処することができます。ジャンピングスタートとは、外部のバッテリーの電力を借りてエンジンをかける方法です。ただし、正しい手順でおこなわなければ、発火などの危険もともないます。この章では、安全にバッテリー上がりを解消する方法について見ていきましょう。

「ジャンピングスタート」の手順

ジャンピングスタートをおこなうには、救援車とブースターケーブルが必要です。救援車は、バッテリー上がりの車と同じ電圧のバッテリーのものを用意しましょう。たとえば、一般的に普通車であれば12V、トラックなどの大型車であれば24Vが搭載されています。ご自身の車のバッテリーが何Vか確認してみましょう。

また、ブースターケーブルとは、赤と黒のケーブルが1対になったものでバッテリー同士をつなぐ役割をします。定期的に不備がないかも確認しておくとよいでしょう。必要なものをそろえたら、正しい手順でジャンピングスタートをおこなってください。ジャンピングスタートの手順は、次の通りになります。

【救援車とブースターケーブルを使ったジャンピングスタートの手順】

(1)救援車とバッテリー上がりの車(故障車)のバッテリーがつなげる距離まで、救援車を近づける。
(2)救援車のエンジンを切る。
(3)故障車のエンジンや電装品がOFFになっているか確認する。
(4)故障車のバッテリーのプラス端子に、赤のブースターケーブルを取りつける。
(5)先ほどつないだ赤のブースターケーブルのもう片方を、救援車のバッテリーのプラス端子に取りつける。
(6)黒のブースターケーブルを救援車のバッテリーのマイナス端子に取りつける。
(7)黒のブースターケーブルの反対側を、故障車のエンジンブロックかバッテリーのマイナス端子につなぐ。
(8)救援車のエンジンをかけて、アクセルを踏み込み回転数をあげる。
(9)1~5分ほど経ったら、故障車のエンジンをかける。
(10)エンジンがかかったら、ブースターケーブルをつけた順とは反対に外す。外す際も手順を誤ると、火花などが散るおそれがあるので注意する。

このように救援車とブースターケーブルがあれば、自分でもバッテリー上がりを解消できます。また、ジャンプスターターという道具があれば、救援車やブースターケーブルがなくても1人でジャンピングスタートをおこなうことができるでしょう。

ジャンプスターターとは、救援車と同様の役割をしてくれる道具で、すでに赤と黒のケーブルがついています。周りに人がいないときや車の通りが少ない場所などで重宝するため、車に1台乗せておくと安心です。ジャンプスターターも自分の車と同じバッテリーのものを選びましょう。

自力で対処できなければロードサービスや業者にまかせよう

自分で対処する自信がない方や、ジャンピングスタートに必要な道具が手元にないという方は、ロードサービスや業者を利用するのがおすすめです。JAFなどのロードサービスを利用すれば、現場に駆けつけ、バッテリー上がりを解消してくれるでしょう。

JAFは、入会費や年会費を支払えば無料で修理をおこなってくれます。非会員であっても利用することはできますが、その都度10,000円以上の修理費用がかかってくるでしょう。

また、任意の自動車保険に加入されている方は、保険会社のロードサービスを利用してもよいかもしれません。保険会社のロードサービスもJAFと同様に、無料で修理をおこなってくれます。

さらに車が動かせない状態で宿泊やほかの交通機関での移動などが強いられた場合、宿泊費や交通費も補償してくれることもあるのです。保険会社のロードサービスは契約内容によって異なるので、1度確認してみてください。

いち早くバッテリー上がりを解消させたいという方は、カーバッテリー業者に依頼するというのもひとつの方法です。カーバッテリー業者はバッテリー上がりの修理作業に慣れていて、スピーディーにジャンプスタートをおこない、解決してくれるでしょう。

生活110番には、優秀なカーバッテリー業者が多数加盟しています。全国各地に加盟店があるため、自宅や職場、遠方などのお出かけ先など場所を問わず、お客様から近い業者が駆けつけ、すばやく解決させていただけます。急なバッテリー上がりのトラブルも、ぜひ弊社におまかせください。

車のエンジンがかからない!そんなときの原因と対処法を解説します

まとめ

車のエンジンがかからないときは、ガソリン切れやエンジン始動の操作方法の間違い、ハンドルロック、スマートキーの電池切れなどを疑ってみましょう。このようなうっかりミスであれば、自分で対処してエンジンをかけることができます。

しかし、セルモーターや内部部品、ヒューズ切れなどは部品交換などが必要になるため、業者にまかせたほうが安心です。また、バッテリー上がりの場合は、救援車とブースターケーブルを使ったジャンピングスタートで解決できます。

手順を守れば自分でもおこなうことはできますが、作業に自信がない方はJAFや保険会社のロードサービス、カーバッテリー業者を利用したほうが安全といえるでしょう。

この記事を書いた人
編集者:りな
家の掃除が得意。特にエアコン掃除にはうるさく、シーズンごとに掃除をする徹底ぶり。年中、家はピカピカ。虫が苦手。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-12-25 17:35:05
https://www.seikatsu110.jp/etc/ec_car_battery/179462/
その他
急に車のエンジンがかからなくなってしまったら、どう対処してよいかわからず焦ってしまう方が多いかもしれません。車のエンジンの始動にはさまざまな部品がかかわっており、エンジンがかからない原因も多く考えられます。そのため、原因となる箇所をひとつずつ調べていく必要があるのです。この記事では、車のエンジンがかからない原因やその対処法について紹介します。また、エンジンがかからない理由として最も多いバッテリー上...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

その他 カーバッテリー

カーバッテリーのお問い合わせ・ご相談はこちら

カーバッテリーについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!